« 2013年04月 | メイン

教育者たりえるスポーツマン

2013年05月05日

 長嶋茂雄氏と松井秀喜氏の国民栄誉賞授与式が行われた。
 長嶋茂雄氏と王貞治氏は、「巨人・大鵬・卵焼き」時代の巨人軍の誇るスーパースターだった。
 その長嶋氏は脳梗塞の後遺症との戦いの真っ最中で、王氏も癌との戦いを続けている。
 松井氏は巨人軍のスーパースターから米大リーグ、ニューヨークヤンキースの主軸選手として活躍。しかし左手首の骨折以降は両膝の故障などが連続、それらを越えてワールドシリーズMVP獲得など不屈の戦いを繰り広げた。
 きょうの国民栄誉賞授与式をみて、きわめて希なことだが「教育者足りえるスポーツマン」が存在するのだと思った。長嶋氏や王氏の不自由ながら戦う姿を見て、勇気をもらう国民がどれほどの数になることか。
 松井氏はインタビューのなかで、「ファンはチームが勝つことで喜んでくれる。自分が打てたからと言って、チームが負ければファンのために貢献したことにはならない」といい、「チームの勝利のために戦ってきたということだけは断言できる」といいました。考えてみれば、高校時代の「甲子園での5打席5敬遠」の時も、顔色一つ変えずに1塁へ歩いたものでした。
 きわめて希なことですが、スポーツマンで教育者に昇華される人たちを見れたと思いました。

ボールは変わるよ、再興だ!

2013年05月01日

 バレーボールのボールのルールが変更されると思います。
 まだ、決定ではありませんが、国際バレーボール連盟(FIVB)ルール委員会が低反発級の導入を検討し始めました。
 5月1日の道新16面にも紹介されていますが、女子は筋力差が世界とはそう大きくなく戦えていますが、男子は筋力差、身長差が歴然としていて苦戦の原因となっています。
 先日、日本男子バレーボールVプレミアリーグ、ファイナルステージが行われた豊田市で、日本バレーボール協会の森田淳悟強化事業本部長にお会いしましたが、ミュンヘン金メダル組の一員である196cmの森田氏の大きいこと!180cmの私が見上げる高さでした。あの時代に196cm平均であったということは、身長的、、体格的に少しも劣ってはいなかったということです。そこに一人時間差をはじめとする技術的優位性があったのですから、金メダルも獲得できたのです。
 しかし、現在は平均身長が207cmというチームが数々とあり、世界のアタッカーは215cmクラスがいるのです。
 こうした中、4年ほど前から提案してきましたが、男子バレーボールのボール改革がいよいよ検討されることになりそうです。女子バレーボールが人気なのは、ラリーが続きファンがハラハラドキドキゲームを楽しめるから。男子は、強烈なサーブで1点、スパイクで1点と、余りにも早く点が決まるのです。ラリーの醍醐味が無さすぎるのです。ついつい、ゲームが単調になり、なかには観戦中に居眠りする人まで出る始末。数年前にもこう書いたら、「バレーボールの面白さを知らないのか?居眠りするとはなにごとか?」と、叱られ!?ましたが、私が面白くないとか眠くなると言っているのではありません。あくまでも、バレーボール改革を訴えたのです。
 男女が世界的な立場に立った卓球も、その原因はボールの規格がラージボールに変わったからです。スモールボールの時は中国のスピードについていけませんでした。今はボールのスピードが落ちて戦えるようになり、ラリーも増えてファンが喜ぶようになったのです。
 ですから、男子バレーボールもぜひラージボールに変えるか、低反発級に変えることを検討してください。
 陸上男子100mには17歳の新鋭、桐生祥秀選手が出現、バレーボールのジュニアやユースにも原石はいるに違いありません。初の外国人監督であるゲーリー・サトウ氏の就任を機会にバレーボールの再興を考えましょう。いま、大阪では黒鷲旗全日本大会が行われています。男女決勝戦は5月6日昼12時からGAORA TVで放映されます。近いうちにTV放映がもっともっと増えるように応援しましょう。

プロフィール

プロフィール

伊藤 龍治
1947年札幌生まれ。札幌啓明中では夏は野球、冬はスキー。旭丘高では夏はバスケット、冬はスキー。「スポーツ二毛作」実施者。早稲田大でスキー。日本初のアルペンサービスマン、世界初のジャンプワックスマンは自称ながら事実。スキーで4年おきの「骨折五輪」に3度出場。全日本アルペンコーチ。北海道新聞に「いい汗いい話」を12年半執筆。テレビ、ラジオ、講演などスポーツジャーナリストとして活動中。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

コメント




トラックバック

バックナンバー