« 凄い!最年長アベック優勝! | メイン | 奇跡とまぐれと運? »

グリーンライト

2013年03月20日

 スキージャンプのグリーンライトは、10秒以内にスタートしなさい、というものです。
 レッドライトは、一度スタートバーから外れなさい、イエローライトはスタートバーに入りなさい、というものです。
 野球のグリーンライトは、そうか、「行けそうなら行け」でしたか!
 司馬遼太郎先生曰く、明治の将校は「命令は、簡単明瞭を旨とし、軍人全員が理解できるもの」でなければならないと、教育されたといいます。それに引き替え、昭和の将校は「行けそうか、そうでないかはお前が決めろ」という他人任せの命令に変質したといいます。
 司馬遼太郎著、「坂の上の雲」に詳しく書かれています。
 野球のレッドライトはどのような意味なのでしょうか?
 ジャパンを背負うなら、将校が合宿中に他の用事を入れない。
 合宿中に女性を同じホテルに宿泊させる場合は、窓のカーテンは開けない。
 一度女性問題で球団から厳重注意、罰金を受けた選手は、せめてジャパン合宿中は同じことを起こさない。
 この3点は、当然レッドライトに入るのでしょうね!!
 はっきりしているのは、内川選手が一人で敗因を背負うものではないということですね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/20319

プロフィール

プロフィール

伊藤 龍治
1947年札幌生まれ。札幌啓明中では夏は野球、冬はスキー。旭丘高では夏はバスケット、冬はスキー。「スポーツ二毛作」実施者。早稲田大でスキー。日本初のアルペンサービスマン、世界初のジャンプワックスマンは自称ながら事実。スキーで4年おきの「骨折五輪」に3度出場。全日本アルペンコーチ。北海道新聞に「いい汗いい話」を12年半執筆。テレビ、ラジオ、講演などスポーツジャーナリストとして活動中。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

コメント




トラックバック

バックナンバー