«  世界チャンピオンは、16歳! | メイン | 感動語大賞だよ!泣かせてもらったよ! »

老人とスキー 

2013年02月21日

 歌志内かもい岳スキー場の売りは、なんといっても山頂からの360度の眺めだ。
 そう高い山ではないが、言うならば石狩平野の北端にある独立峰の趣があり、よく晴れた日のかもい岳は初めて訪れた者を魅了する。
 5年ぶりのかもい岳だった。
 かもい岳には、私の尊敬するスキー人がいる。斉藤博氏は、スキーを通した活動で町おこし・人おこしをしている。彼は学年では1学年後輩になるが、私は心から尊敬している。
 5年ぶりのかもい岳だったが、2月11日はかもい岳でFISレースがあり、見学&スキーを計画して訪れた。
 大会関係者で知っている人に会えるのではという期待には、小樽北照高の工藤総監督に会えた。彼もびっくりしていたが、うれしかった。
 かもい岳のバックステージがまたいい。
 そしてご老人とリフトに乗り合わせた。
 私がどちらからですか?と聞いたのが、始まりだった。
 「砂川からです。家からは15分です。東京生まれの東京育ち。定年までは、スキーといっても会社の仲間で年に1~2回行くか行かないか、、、
 定年3年前、ふとしたことで北海道砂川の土地を買わないかと、、、まずは一人で見にきました。
 造成地の周りは板壁で、そこに実に綺麗な写真が飾られている。写真を見ながら出口に行くと、残りはあと2区画!私は申し込みました。
 東京に戻り、少々得意気に女房に話したら、定年離婚をしましょう!!と、、、茫然となりました。
 いよいよ、あと1年で定年。6月に女房を誘い、とりあえず一度見に行こうと。旭川空港でレンタカーを借りて砂川へ。この時期はねえ、いたるところで芝桜が咲いているんです。
 小さな花ながら、群生して咲く見事さ、女房は大感激で、、、一緒に砂川に来てくれました。
 もうすぐ80歳です。シーズンに何日?いやいや、毎日ですよ!もっとも朝起きて、吹雪いていたり曇って視界が悪い時などは無理はしません。
 スキーってのは、実にいい。
 リフトで上に運んでくれるから、あとはスキーを下に向けるだけで楽しめる。
 おっ!あなたもKスキーですか!
 これはいいスキーです。私も持っています。きょうは練習用のスキーで来ましたがね。
 おっ、もう山頂ですね。では、またお会いしましょう」。
 私は大先輩の老人スキーヤーを見送りながら、深々と尊敬のお辞儀をした。
 かもい岳は、いいところだな、と思った。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/20149

コメント

老人とスキー!
なにもしなくても下ってしまうスキーに定年はありません、先日初めて札幌国際スキー場に行って来ました、なんとシニア料金55歳以上と65歳以上にはグランドシニア料金が、嬉しいようなちょっぴり寂しいような・・・

プロフィール

プロフィール

伊藤 龍治
1947年札幌生まれ。札幌啓明中では夏は野球、冬はスキー。旭丘高では夏はバスケット、冬はスキー。「スポーツ二毛作」実施者。早稲田大でスキー。日本初のアルペンサービスマン、世界初のジャンプワックスマンは自称ながら事実。スキーで4年おきの「骨折五輪」に3度出場。全日本アルペンコーチ。北海道新聞に「いい汗いい話」を12年半執筆。テレビ、ラジオ、講演などスポーツジャーナリストとして活動中。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

コメント




トラックバック

バックナンバー