« 明日は明日の風だって! | メイン | ライバル出現! »

国際的スポーツ文化の観点を!

2013年02月07日

柔道告発問題は園田監督に続いて、吉村和郎強化担当理事、徳野和彦コーチが辞任となり全日本柔道連盟は体制見直し、体質改善に第一歩を踏み出さざるを得ない状況となりました。
 問題が大きくなるに従い、告発した15人の選手が匿名のままでよいのかという議論もあり、告発選手側の代理人の弁護士も選手側が不利益にならない状況が確保されたら氏名の公表もあり得ると発表しました。
 JOCにも動きがあり、理事であり自民党参議院議員でもある橋本聖子氏は「選手のプライバシー擁護の観点から、選手が表に出てこない状況をどう判断するか」と、問題提起しました。
 JOCの女性スポーツ専門部会長の山口香氏は、「選手の悩みや意見を吸い上げるシステムを迅速に構築する必要性がある」と訴えたうえで、「選手名の公表は時期尚早」と発言。
 私が不思議に思うのは、JOCには橋本氏や山口氏のような女性理事がいるのに、15人の柔道選手がJOCに対して告発したときには何故迅速な対応ができずに、全柔連に差し戻し的な「後ろ向き対応」しかできなかったのか?ということ。
 JOCは、個別の連盟人事には介入しないという不文律?にこだわったのでしょうね。
 でも、訴えは連盟人事以前に「指導における暴力、パワハラの訴え」でした。そこを理解できなかったことで、JOCは国民の支持を失ったのかもしれません。少なくとも、国際的な信用は失ったのではないでしょうか?
 いま、求められているのは「国際レベルの常識」なのです。
 国際柔道連盟(IJF)は、いち早く全日本柔道連盟に対し非難声明を出しました。なぜなら、JUDOは危機をむかえているのです、このままでは、五輪種目から外れるのではという危機感です。
 国際オリンピック委員会(IOC)に多大な影響を与えるのは、巨額な放映権を支払うTV局です。そのTV局からすると、試合の大半が組手争いに終始する試合はあまりにTV向きではないのです。この観点から見れば、IJFがルール改正してきた内容はすべてTV映りの良い内容への変更なのです。
 ロンドン五輪では、日本の男子監督が試合場側のコーチ席での「大声での叱咤激励」をとがめられ、退場になりました。IJFが五輪に残るためにいまもっとも気を使っていることは、ドーピング・暴力・セクハラ・パワハラ・八百長なのです。となれば、IJFが柔道の本家である日本に対しても非難声明を出すことは当然なのです。
 日本で通用することは、国際的にも通用するのか?
 ここを考えなければ、日本のスポーツは「国際スポーツ文化」にはなりません。当然、IOCは日本のスポーツ文化の定着度を見ているのです。
 五輪代表選手の当落TV中継も、欧米ではありえない暴挙です。仕掛けたTV局も、許した全柔連幹部も「国際スポーツ文化」という観点を持ち合わせてはいなかったのです。あるいは、「当落両選手は抱き合って涙を流し、私の分も頑張ってと手を取り合いました」という「お涙頂戴物語」を期待したのかもしれません。
 次回の五輪では、ラグビーが採用されます。しかし7人制のラグビーで試合時間は10分ハーフです。これなら一日何試合もでき、決勝まで3日もあればできてしまうのです。これがTVマネーを背景にした現代五輪の姿なのです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/20063

コメント

解説が、解かり易かった..・・.。ぺこ..・・.。

女子柔道の代表選手の告発問題や桜宮高校の体罰自殺にしても、日本の抱える問題が露見したのでは・・・
指導者として、一人の人間としての道徳・人徳の欠落です。
ユダヤ人を迫害から救った杉原千畝氏や板東捕虜収容所でドイツ人を人道的に処遇した松江中佐など、道徳大国と言われ人道を大事にした先人達が泣いています。
目先の指導に心を奪われるからこのような問題が多発するのです。
スポーツが人間形成に必要なら、もっと人格・人徳を育むシステムを確立しないと、日本のスポーツは使命を失います。
「ピンチがチャンス」です。今こそ真のスポーツのあり方、人間愛に満ちた指導システムを構築すべきです。
日本人の叡智を結集し、万人が納得する素晴らしい指導者育成システム、選手指導を実現してほしいと切に願う者です。

プロフィール

プロフィール

伊藤 龍治
1947年札幌生まれ。札幌啓明中では夏は野球、冬はスキー。旭丘高では夏はバスケット、冬はスキー。「スポーツ二毛作」実施者。早稲田大でスキー。日本初のアルペンサービスマン、世界初のジャンプワックスマンは自称ながら事実。スキーで4年おきの「骨折五輪」に3度出場。全日本アルペンコーチ。北海道新聞に「いい汗いい話」を12年半執筆。テレビ、ラジオ、講演などスポーツジャーナリストとして活動中。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

コメント




トラックバック

バックナンバー