« 2012年07月 | メイン | 2012年09月 »

パラリンピック柔道から考えること

2012年08月31日

 パラリンピックが始まりました。
 私が楽しみにしているのが、柔道です。視覚障害者の柔道は、審判が両者を組み合わせてから「はじめ」の声がかかります。
 私はパラリンピック柔道を見たとき、その激しさに目を奪われました。健常者の柔道ならば、組手争いをしながら呼吸を整えることができますが、パラリンピック柔道は「はじめ」の声から全力での攻防になるのです。
 さらに難しいことは、目が見えない分、技を覚えるのに大変な時間がかかるのです。さらにこれはぜひ見てほしいのですが、相手が見えなくても「礼に始まり礼に終わる」姿勢の美しさ、そして礼の後の相手とのスキンシップは「競いあうのは敵ではなく、友」を実感させるのです。
 私はシドニー五輪の後に、柔道への提言をしました。それは、「もっとスポーツ北海道」の9ページにまとめられています。
 このなかに、「最初から組み合って試合を始める新しいシステムの研究」も入っています。これはパラリンピック柔道を見てから考えたものです。
 国際柔道連盟の会長は、マリアス・ビゼール氏ですが、彼は就任後大胆な改革を続けました。
 青い柔道着、効果の廃止、レスリング技の禁止、柔道着の企画統一、ビデオ判定の導入など。
 特にビデオ判定の導入は、レスリングや大相撲の実際を紹介しながら提言したものです。ですから、国際柔道連盟が次に考えるのは「両手で組み合ってからか、片手で組み合ってからの開始」になるでしょう。
 現在の柔道は、自分に有利な組手を求めて実に試合開始から4分ほども組手争いが続きます。たとえば全日本柔道連盟の方々であれば、それこそが柔道だと言われると思いますが、問題は5分の試合時間のうち4分も組手争いが続く競技は「スマートではない」、「テレビ向きではない」と一般大衆や、IOCがそう見ているのです。
 IOC(国際オリンピック委員会)は、世界で200ヶ国もが取り組んでいる「JUDO]だから五輪種目に入れていますが、改革はどんどん進むでしょう。日本は「柔道」を守るというだけでは、世界に意思を発信できません。
 日本も国際的柔道マンを養成し、日本発のアイデアを提言し続ける必要があるでしょう。

日本ジャンプ王道復活へ!

2012年08月30日

 NHKラジオは6分間の出演でした。
 ただ、こういう出演があると、資料を揃え原稿準備が必要なのです。ですから、資料整理には最適な出演ということになります。
 この夏のサマーグランプリで新星誕生!
 清水礼留飛選手、新潟・新井高校から雪印へ入社。18歳の新鋭です。フランス・クーシュベルでの第2戦で優勝。予選を13位で通過、試技は1位・最長不倒の128・5mと124mで堂々の優勝。
 あれはもう一昔前のことでしょうか?高卒新人の船木和喜選手がW杯でいきなりの優勝で世界デビューを果たしましたが、それを思い出させる清水選手の世界デビューです。
 ジャンプスーツの規則が変わりました。
 一言でいうと、体にフィットしたスーツに変わります。アルペンスキー選手のウエアのようになります。選手の反応は、向かい風ではそう変化はないが、追い風では全然浮力が得られないといいます。そして、助走を大切に滑り、カンテでジャンプ台にしっかりと圧力をかけなければ飛べないといいます。このスーツの規則変更は日本にとって有利だと私は思います。
 それにしても、日本はベテラン・中堅・若手の選手構成が際立ってきました。
 男子では世界最年長ジャンパー岡部孝信選手41歳と清水選手18歳のなかに、エース伊東大貴選手27歳、竹内拓選手25歳。
 女子はやはり世界最年長ジャンパー葛西賀子選手31歳・渡瀬あゆみ選手28歳と高梨沙羅選手16歳・伊藤有希選手18歳。つまり、経験のある先輩とやる気があって元気な若手がそろってきたのです。
 これは、日本独特の企業チーム活動のおかげです。
 雪印メグミルク・土屋ホーム・日本空調など支援してくださる企業に心から感謝です。
 もうひとつ明るいニュース。
 ジャンプ種目のなかに、混合団体が加わりました。男女2名づつで1チーム編成です。日本は第1戦優勝です。
 この優勝時のメンバーが凄い!葛西紀明40歳・渡瀬雄太30歳・伊藤有希18歳・高梨沙羅16歳
。40歳のお父さんと16歳の子供というのは、ふつうありえますよね!
 混合団体は、来年の世界選手権から正式に行われます。これは楽しみです。

8月30日朝のNHKラジオで、ジャンプを!

2012年08月28日

お知らせです。
 NHKラジオ出演のお知らせです。
 8月30日 木曜日 朝「おはようもぎたてラジオ便」 私の出番は8時前後です。
 テーマは、スキージャンプ2012=2013シーズンの展望 です。
 現在は、サマージャンプの真っ最中ですが、来シーズンは世界選手権シーズン、そして2014年にはロシアのソチで冬季五輪が開催されます。
 ですから、ビッグイベントが連続するゴールデンシーズンなのです。
 NHKラジオは、電話インタビューですが、さてどんな声に聞こえるでしょうか?

パラリンピックが教えること

2012年08月25日

迷走フラミンゴは、その後どうしたのでしょうか?
 それにしても、あの細い体で、、体脂肪はどのくらいあるのでしょうか?
 おとり作戦が失敗したのは、フラミンゴの世界には「言葉」があったのではないでしょうか?
 「フラミン語」という言葉があったから、「相手は網を張ってるぞ」とか「それ以上は近づくなよ」とかの
「会話」があったのでしょう。
 それにしても、話題になるのも早いけれど、話題にならないのも早いですね!
 たとえば、日本女子ソフトボールはまた世界一になりましたが、五輪種目ではないために「無視」されました。日本女子野球も世界一になりましたが、これも五輪種目でないために大々的な報道はされませんでした。
 結局、五輪種目かどうかが重要になります。
 五輪から外れた、野球・女子ソフトボールなどは、世界的にどのくらいの国々がプレーしているのかなど普及度が問われるのです。女子野球も同様です。
 ロンドン五輪が終わりましたが、29日からはロンドンパラリンピックが始まります。
 五輪ほどの報道量はありませんが、ぜひ家族で見てもらいたいのです。人間はここまでやれるのか?どのような訓練をしたのだろうか?アスリートの技術を見てください。不屈の精神も見てください。
 人間の可能性を知るにはパラリンピックが一番です。

松本薫選手は、「きれいだった!」

2012年08月17日

 ロンドン五輪が終わり、恒例?のメダリストによる、挨拶回りが始まりました。
 柔道金メダリスト、松本薫選手は故郷の金沢に凱旋。
 用意されていたのは、「ビッグパフェ」!!
 おまけに、歓迎会に出席していた幼稚園児は「きれいだった!」
 お母さんたちは、「試合の時のような凄い表情なんかなくて、とてもかわいらしい顔してましたよ」
 よかったね、松本さん。

ロンドンは女子力五輪

2012年08月13日

ロンドン五輪が終わりました。
 警備も万全で、内容的に盛り上がった五輪でしたね。
 ただ、やはり起きました。女子砲丸投げの金メダリスト、ベラルーシのオスタプチュク選手がドーピングのため金メダルを剥奪されました。
 ドーピングチェックがあるのを知っているのに、特にメダリストと入賞者はチェックされるのに、事件は現場で起きるのです。スポーツのプロは、金メダルの金銭的な価値からは逃げられないのです。
 金メダルの価値は、五輪がダントツで、次が世界選手権、ワールドカップの順でしょう。さらに、内容は細かく規定され、世界新での金メダルであれば倍額などとの取り決めもあるのです。ですから、ばれなければもうけもの、という悪魔の誘いからは逃れられないのです。
 競技団体の規則には、ばらつきもありますがばれても出場停止2年間という競技団体もあり、永久失格ではないためにドーピングが終わらないのだという意見もあります。

 ロンドン五輪は、私の場合、女子柔道松本薫に始まって、女子バレーボール迫田さおりで終わりました。松本選手は最初に見たときは、日本人離れした風貌で「化粧したら綺麗だろうなあ」と、思ったのです。ところがその途端、まるで呪文を唱えるかのようで、獲物を襲う獣のような姿に変身したのです。その結果が金メダルでした。
 女子バレーボールは、銅メダルをかけた日韓戦。
 過去の日韓戦のデータでは江畑より迫田のほうがよく、迫田はスタメンで起用されました。その結果があの大活躍でした。チーム最多の23得点です。
 そして打ち明けたのです。
 「14番のユニフォームの下に13番の石田のユニフォームを着ていたのです」。
 石田とは同い年。同じポジションの親友。その石田は練習相手としてロンドンに来ていましたが、家庭の事情で帰国。1チーム12人の登録ですが、迫田は13人で戦いましたと語ったのです。
 実は私は迫田選手のファンです。抜群のジャンプ力からのバックアタックにしびれています。
 それにしても、なでしこといい、ああロンドンは女子力の五輪でした。

IOC憲章違反なのです

2012年08月12日

 男子サッカー銅メダルマッチ、日韓戦は案の定荒れたゲームになりました。
 日本選手がボールを持ったりすると、韓国選手が猛然と走り完全に背後からタックルするのです
。表情がTV画面でアップになりますが、まさに血相を変えて襲うのです。
 審判がカードを切ると審判にも猛然と食ってかかり、日本選手が間に入ってなだめようとしても今度は日本選手にも声を荒げたりするのです。
 日本人の観客、TVの前の日本人にしてみれば、得体のしれない狂信的な興奮状態に恐怖すら覚えるのです。
 そしてついに恐れていた事態が起きました。
 「独島はわれわれの領土」という看板を、朴鐘佑選手が掲げ走り回ったのです。
 その結果は、IOC国際オリンピック委員会から、メダル授与の表彰式へ朴選手の出場禁止となりました。さらに今回の行為が意図的で政治的な行為であったと証明されたら、さらに重い処置が下されるでしょう。
 今回の出来事は、韓国という国と韓国オリンピック委員会の「オリンピック教育の不備」と指摘されています。オリンピックでは政治的な意思表明は認められてはいないのです。
 日本の場合も、JOC日本オリンピック委員会が、オリンピック選手に対して「オリンピック教育」を行います。禁止事項、服装規定など細かく定められているのです。
 少し前には、日本でも服装規定を「個人判断」した選手が問題を起こしたことがありました。
 勝負のモチベーションを、政治がらみにしてはいけません。
     

日韓戦に思うこと

2012年08月10日

 演出家は誰ですか?
 ロンドン五輪はかなり盛り上がっているのですから、最後にこんな厳しい設定をしなくてもいいじゃないですか?
 サッカー男子、バレーボール女子の3位決定戦・銅メダルマッチは、なんと日韓戦です。
 おまけにきょう、韓国の大統領が「竹島」に上陸。韓国では「独島」というそうですが、日韓の懸案事項の領土問題がアピールされたのです。
 スポーツと政治は「一体化」してはならないはずですが、背に腹は代えられない何かの要素でもあったのでしょうか?
 日韓戦に挑む五輪代表選手たちに心から望むのは、ファイティングスピリットを燃やすのは当然ですが、フェアプレー精神・フレンドシップ精神を絶対に忘れないでほしいということ。
 スポーツは戦争の「代品」ではありません。
 隣国同士として、ゲームの終了後には握手・抱き合える尊敬心を持ちあえる友としての姿を見せてください。

なでしこvsUSAは、北海道vsUSAだ!

2012年08月08日

 チャンネルを変えているうちに、高校野球が映った。
 一瞬、ケーブルTVが昨年のゲームを流しているのかと思ったら、きょうからの高校野球だった。
 えらいことになってきたぞ、五輪に高校野球に頭が混乱を始めた。
 近い将来、五輪で高校野球が、、、?!
 それにしても、男子サッカーは誰の演出なのか、銅メダルをかけての日韓戦だ!
 女子サッカー、なでしこの戦いは究極の金メダルマッチだ!
 しかもその内容は「北海道vsUSA]だ。
 なでしこジャパンの若く不動のセンターバックは札幌出身の熊谷紗希21歳。自分の身長より10cm以上高い選手たちを相手にファウル無しで戦っている。
 USAは世界の得点王、ワンバックが襲い掛かる。熊谷が守りきるか、破られるか、なでしこの運命は熊谷にかかるだろう。
 もう一人は北見出身の高瀬愛実21歳。
 USAとの練習試合で得点をあげたフォワードだ。
 高瀬は重要な局面で必ず使われるだろう。
 はっきりしていることは、熊谷も高瀬も今後のなでしこジャパンの主力になる。北海道のサッカー少女たちよ、熊谷と高瀬に続け!

手ぶらで帰すわけには、、、

2012年08月05日

 「康介さんには言ってませんが、康介さんを手ぶらで帰すわけにはいかんぞ」と、3人で話してました」
 水泳最後の種目、男子400mメドレーリレー、日本バタフライの松田丈志選手の言葉だ。
 日本チームは、前回の銅メダルから一歩前進して銀メダルを獲得。そしてインタビューの最中にこの言葉が伝えられた。
 入江陵介・藤井拓郎両選手にしても、日本水泳チームを牽引してきたのは紛れもなく北島康介選手だと知っていた。北島選手への尊敬心と「手ぶら」はだめなんだという闘争心から、この名言が生まれたのだ。
 私はきょう札幌大倉山ジャンプ場で行われた「札幌市長杯サマージャンプ大会」を見ながら、あの言葉を思い出していた。
 1998年長野五輪ジャンプ団体戦。
 金メダル確定後の記者会見だった。
 岡部孝信が言った。「斉藤と船木と3人で話してたんです。俺たち、第3グループにエントリーされなくてよかったなって! だって俺たちみたいな低く飛び出すジャンプなら、行ったって60mなんです。あれは原田さんみたく、上に蹴るジャンプだから79・5mも行ったんです」
 チームワークの辞書があれば、必ず入るであろう名言だった。
 

柔道審判問題を分析します

2012年08月01日

 この問題の原点は、2000年シドニー五輪での「世紀の誤審」柔道、篠原vsドイエ戦です。
 日本vsフランスの戦いですから、国際柔道連盟・IJFは審判をアジア大陸、ヨーロッパ大陸以外から選定しなければならず、この時の審判は主審がニュージーランド・副審はコートジボアールとセネガルでした。しかも主審は国際審判経験がわずか3年で、その活動範囲はオセアニア地区に限定されていたのです。
 つまり五輪の決勝を裁く能力は無いに等しいのです。だからドイエの内股に対し、篠原の放った「内また透かし」を技とみる能力は無かったのです。篠原の内また透かしは強烈で、ドイエは背中から畳に投げられたのです。
 このあと、誤審を防ぐためにいろいろなところで検討されるようになりました。
 私も、拙著「もっとスポーツ北海道」8ページで提案しました。
 1、IJFの審判研修システムの強化
 2、現在の審判の査定と、A級・B級への区分の提案
 3、五輪・世界選手権はA級審判限定の提案
 4、審判5人制の提案
 5、判定が割れた場合の協議の実施と、ビデオチェックの実施の提案
 例にあげたのは、日本の大相撲の審判システムとビデオチェック、それとレスリングの審判システムです。特にビデオチェックがないと、昨今の報道システムの進歩から、視聴者や観客がスローVTRなどで勝敗を先に見ることができるからなのです。
 そして2012年、ロンドン五輪ではビデオチェックが導入されました。
 男子66キロ級での問題は、IJFが言うとおりIJFとビデオチェックシステムには問題はありません。 なぜなら、海老沼が獲得したと3審判が判断した「有効」を、審判委員が映像を見せ背中は畳についていないと取消を命じたのです。そして競技は再開、旗判定になり、3審判は韓国選手の勝ちと判定しましたが、それは3審判の明白な誤審。審判委員は3審判を呼び、先ほどの「有効に極めて近い技」を含めていないではないかと指摘。その結果、3審判は誤審を認めて判定を覆したのです。
 誤審は防ぐことができましたが、審判のレベルの向上は未解決です。
 ビデオチェックを導入した以上、審判5人制を採用すべきでしょう。
 そして、解決すべきは、組手争いの「醜い時間」の解消でしょう。時には試合時間の80%ぐらいが組手争いということもあります。
 IJFの新会長はオーストリア人で、矢継ぎ早の柔道改革を断行しました。効果の廃止、レスリング技の禁止、、それの根拠はテレビ放映に対し、一般視聴者からのクレームの多さだったといいます。組手争いが多すぎて、しかも勝負は一瞬で決まるためテレビ向きではないとの声が多かったそうです。
 改革すべき問題は多々あると思います。  

松本様、あなたはすごい!

2012年08月01日

 お見それいたしました。
 入場口で出番を待つあなたを見たときに、寒気、いや間違い、正直に言うと子供は恐ろしくなって泣くのではと心配になりました。
 いや、私だって夜道であなたに会うと、逃げ出すかもしれません。
 何やら呪文を唱えているかのようで、時々は歯をむき出して襲いかかるかのようで、対戦相手は怖いだろうなと同情しました。
 事前の報道では「松本薫」という選手については、きわめて希薄だったように思います。それだけに登場の瞬間から、インパクトが強烈でした。
 「野生児」とか言われているそうですが、とてもとてもそんなレベルではありません。
 「黒豹」「ウルフ」「チーター」「はやぶさ」、、、「ゾンビ」いやこれはいくらなんでも失礼でしょう。
 おとうさんがボクシング・お母さんが剣道・男2人と女3人の子供たちは全員が柔道!本人はこのなかの末っ子。わかるなあ、生きるために毎日が戦いだったのですね!
 しかしまあ、国際窃盗団でも金沢の松本家だけは狙うなと言われるでしょうね!!(笑い)
 あのね、表情を変えずに淡々と戦うというのもよいのだけれど、あなたのように最初から全身でオリンピックというのも分りやすくていいですね。 
 金メダルという結果は見事でした。
 それ以上に見事だったのは、試合後のあなたのコメントです。すでに敗退した2人の仲間たちの支援に感謝し、彼女たちのためにも勝ちたかったとのコメントは胸を打ちました。敗退した者たちは、それで終わりではないのです。これから試合のある選手たちのために、身の回りの世話をやき練習相手も務めるのです。
 感謝の気持ちを広く広く伝えるあなたは、すごい!

プロフィール

プロフィール

伊藤 龍治
1947年札幌生まれ。札幌啓明中では夏は野球、冬はスキー。旭丘高では夏はバスケット、冬はスキー。「スポーツ二毛作」実施者。早稲田大でスキー。日本初のアルペンサービスマン、世界初のジャンプワックスマンは自称ながら事実。スキーで4年おきの「骨折五輪」に3度出場。全日本アルペンコーチ。北海道新聞に「いい汗いい話」を12年半執筆。テレビ、ラジオ、講演などスポーツジャーナリストとして活動中。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

コメント




トラックバック

バックナンバー