« 栄光への旅立ち 写真 | メイン | 美翔女! 快挙です。 »

おっかなくないぞ!

2012年02月14日

120211_1013~010001.jpg
 このジャンプ台は、小学生用のスモールヒル。K点は25mです。
 アプローチ(助走路)は、雪ではありません。完全に、氷 なのです。氷の溝の中を体勢を崩さず滑り、踏み切り台で遅れず立ち上がって前傾につなげられるか!!
 ジャンプで困るのは、スタートしたら途中では「やーめた」とは言えないことです。(笑い)
 だから、この助走中の小学生のフォームを見てください。
 「ぼく、おっかなくないぞ!」(標準語では、恐ろしくなんかないぞ!)
 いやあ、見ていると、その健気さに涙が出そうになります。

 今年のスキー界は、当たり年!
 高梨沙羅は、いまやスキー界のシンデレラガール!葛西・渡瀬・伊藤選手たちも健闘しています。男子では、伊東大貴・竹内択の二人が世界レベルです。ノルディック複合では、渡部暁斗がW杯初優勝のあとコンスタントに表彰台です。女子クロスカントリーの石田正子はW杯15kmクラシカルで5位。アルペン回転では湯浅直樹が5位と、各種目で日本選手が活躍しています。

 スキー界は大きなチャンスを迎えています。
 広報活動を通して、北海道プライドをいかに表現するか?そうしながら、ジュニア開拓ををいかに進めるか?あわせて、北海道の冬文化をいかに、どのように世界に向って発信するか、この作業がいま、大事なのです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/17506

プロフィール

プロフィール

伊藤 龍治
1947年札幌生まれ。札幌啓明中では夏は野球、冬はスキー。旭丘高では夏はバスケット、冬はスキー。「スポーツ二毛作」実施者。早稲田大でスキー。日本初のアルペンサービスマン、世界初のジャンプワックスマンは自称ながら事実。スキーで4年おきの「骨折五輪」に3度出場。全日本アルペンコーチ。北海道新聞に「いい汗いい話」を12年半執筆。テレビ、ラジオ、講演などスポーツジャーナリストとして活動中。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

コメント




トラックバック

バックナンバー