« 砂利に咲く花 | メイン | 反骨心 »

明日に向って飛べ!

2011年09月28日

110803_0926~01.jpg
 ジミー竹内から、突然のメール!
 士別市朝日で、「あの、ジャンプの、秋元さんに会いました!」「伊藤さんの話も出ました!」
 そうそう、朝日にあるジャンプ場と宿泊施設の総合管理を担当しているのだそうです。私もまだ行っていないので、臨場感を持っては報告できないのですが。
 ジミー竹内は、札幌に帰ってからウィキイペディアで秋元正博を調べたのだそうです。そしてまたメールが来ました。「伊藤龍治」も載っていました、と。
 何事に対しても好奇心を持つジミー竹内はさすがだな!大したもんだ!
 これは次の朝日のジャンプ大会にはぜひとも行かなくちゃ。総合管理人と言うのか、支配人というのか、別に名称はいいとして戦友秋元正博の激励に行かなくちゃね。
 写真は、明日に向って飛ぼうとするジャンパーです!
 オーストリアでのフライイングジャンプで骨折して帰国したマサに手紙を書いて病院を訪ねました。落ち着いたら読んでくれと。
 足首の骨折でしたからジャンパーとしては致命傷。同じ骨折をした私には分りました。そのうえで「世界を目指すちびっ子ジャンパーのために、すぐに引退するのではなく、もう一度飛んでくれ」と書きました。
 1年後、再起を賭けて挑んだジャンプ台はたしか朝日の台でした。50M級の台なのですが、マサはスタートするまでに40分かかったのです。
 そして飛び終えてマサはインタビューに応えて言いました。「ジャンプは危険なスポーツではないよとちびっ子に伝えたくて、、、」
 想いは繋がるのですね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/16559

コメント

龍治さん、元気ですか?札幌に戻って居ますよ!

プロフィール

プロフィール

伊藤 龍治
1947年札幌生まれ。札幌啓明中では夏は野球、冬はスキー。旭丘高では夏はバスケット、冬はスキー。「スポーツ二毛作」実施者。早稲田大でスキー。日本初のアルペンサービスマン、世界初のジャンプワックスマンは自称ながら事実。スキーで4年おきの「骨折五輪」に3度出場。全日本アルペンコーチ。北海道新聞に「いい汗いい話」を12年半執筆。テレビ、ラジオ、講演などスポーツジャーナリストとして活動中。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

コメント




トラックバック

バックナンバー