« 全道中学校講演行脚 | メイン | 原爆ドームに思うこと »

龍の旅立ち

2011年06月18日

110611_1644~01.jpg
 6月11日、さっぽろすみれホテルで、北海道龍馬会総会が行われ、講演は会長代行の合田一道氏が「松浦武四郎の資料に見る龍馬の蝦夷地開拓」、ゲスト講演は勝海舟の玄孫(やしゃご)、高山みな子氏が「海舟日記に見る龍馬と海舟のあたたかい絆」について語られた。
 三重県松坂市にある「松浦武四郎資料館」に行った事がある私にとっては、とても楽しい講演会だった。
 龍馬にあやかり、私も北海道中学校無料講演に乗り出します。
 最初の申し込みが、新十津川中学校からありました。全校生徒188名が待っていてくれるそうです。
 さて、車を安全に運転できるうちに、頭と体が活力を保つうちに、何年かかって何校を訪問できるか、龍馬にあやかり船出です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/15859

プロフィール

プロフィール

伊藤 龍治
1947年札幌生まれ。札幌啓明中では夏は野球、冬はスキー。旭丘高では夏はバスケット、冬はスキー。「スポーツ二毛作」実施者。早稲田大でスキー。日本初のアルペンサービスマン、世界初のジャンプワックスマンは自称ながら事実。スキーで4年おきの「骨折五輪」に3度出場。全日本アルペンコーチ。北海道新聞に「いい汗いい話」を12年半執筆。テレビ、ラジオ、講演などスポーツジャーナリストとして活動中。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

コメント




トラックバック

バックナンバー