« 超えてあげたい! | メイン | ゲームオーバー »

第2回 フッズで語ろう会

2010年09月29日

100925_1809~01.jpg
 9月25日 土曜日 昨年に続いて2回目の「フッズで語ろう会」に行ってきました。
 フッズとは、札幌市藤野野外スポーツ交流施設の略称です。
 藤野スキー場が出来たのは43年ほど前のことで、ここでは確かHBC杯スラロームが行われ私も早稲田スキー部のころに出場したのです。
 このフッズでの会は、不偏不党、雪や氷でのスポーツを楽しむ人ならば誰でも参加できるのです。確かに、フッズスノーエリアですから、まだスケート関係にまでは広がってはいませんが、今年も多士済済の集まりでした。
 スキーアルペン・スキーノルディック・カーリング・リュージュ・スケルトン・スポーツショップ・スポーツ映像ETC。
 この会が行われるようになったのは、元札幌第一高スキー部監督の堀先生がフッズのマネージャーに就任されてからのこと。北海道・日本を代表するスキー指導者ですから自然に教え子だけではなく色々な関係者が集まるのです。
 堀先生から挨拶を命じられた私は、温暖化でヨーロッパや本州ではこの先標高2000m以下のスキー場の存続が難しいこと。北海道は安定して天然雪が降るスキー先進地になること。たとえば、米でも北海道米はすでに新潟こしひかりを食味では上回っていること。北海道の時代はすでに来ていること、ニセコの現状を見てもそれは明らかであること。だからこそ、情報公開から連携をしてさらに北海道を元気にしましょうと、言わせてもらいました。
 ことしのフッズは、オープンが12月18日の予定です。お楽しみに!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13527

プロフィール

プロフィール

伊藤 龍治
1947年札幌生まれ。札幌啓明中では夏は野球、冬はスキー。旭丘高では夏はバスケット、冬はスキー。「スポーツ二毛作」実施者。早稲田大でスキー。日本初のアルペンサービスマン、世界初のジャンプワックスマンは自称ながら事実。スキーで4年おきの「骨折五輪」に3度出場。全日本アルペンコーチ。北海道新聞に「いい汗いい話」を12年半執筆。テレビ、ラジオ、講演などスポーツジャーナリストとして活動中。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

コメント




トラックバック

バックナンバー