« 悲願の「松浦武四郎記念館」訪問 | メイン | 超えてあげたい! »

雪の上にも、、、4年!

2010年09月20日

100919_2017~01.jpg
 雪の上にも、北の大地にも4年、今季のレラ・カムイ北海道はどこへいくのか?
 ちょっと心配になるような今季開幕戦でした。
 トヨタ自動車を札幌に迎えての開幕戦は、57-82という大敗でした。写真ではオレンジ色のユニフォームがレラ・カムイ、白はトヨタ自動車です。トヨタの応援は10
%、90%はレラ・カムイの応援です。これがトヨタの地元の名古屋や豊田市ならば逆転するのでしょうがね。でも、トヨタは全国どこに行っても存在するのでしょうから、札幌での応援の少なさは何なのでしょうか?
 地元密着のクラブチームではないから? たとえ、トヨタ自動車が社内チームであったとしても、全国の支店や販社が「一体化素材」として応援すればいいものを、、、と
思います。
 レラは逆に今年は正念場かも?
 地元密着プロチームとしての栄冠は、昨年リンク栃木に奪われました。ならば、今年こそ、、、の初戦を見てきました。
 敗因は1、攻撃パターンが少ない。2、ボールへの寄せや執着心が弱い。3、リバウンドが弱い。に、尽きます。
 観客数は、2455人。
 元々、バスケは冬場の体育館スポーツですが、今はちょうどプロ野球の最後の正念場です。札幌ドームには40000人です。
 ならば、野球の終わる10月開始ではいかがでしょうか?
 それと、本当にバスケを日本に定着したいのなら、JBLはbjリーグとの合併、統合開催を急ぐ必要があります。
 一つ気がついたのは、トヨタのヘッドコーチ、ドナルド・べッグ。頻繁に選手を入れかえるのですが代えるたびにその選手に対するアドバイスをするのです。選手にすれば、なるほどという納得感が生まれ、「なんで代えるんだよ」という不満はうまれません。
 いずれにしても、まだ1試合が終わったところです。
 折に触れて、応援ブログを書きますよ。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13432

プロフィール

プロフィール

伊藤 龍治
1947年札幌生まれ。札幌啓明中では夏は野球、冬はスキー。旭丘高では夏はバスケット、冬はスキー。「スポーツ二毛作」実施者。早稲田大でスキー。日本初のアルペンサービスマン、世界初のジャンプワックスマンは自称ながら事実。スキーで4年おきの「骨折五輪」に3度出場。全日本アルペンコーチ。北海道新聞に「いい汗いい話」を12年半執筆。テレビ、ラジオ、講演などスポーツジャーナリストとして活動中。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

コメント




トラックバック

バックナンバー