« 大一番は、つきのある選手! | メイン | 夢の途中の嬉しさ »

勝利の鉄則

2010年06月20日

100620_1148~01.jpg
 シュートは、打たなければ得点にならない。シュートは枠の中に打たなければ得点にはならない。シュートは、遠くからのものや、弱いものであれば殆どキーパーに防がれる。
 日本vsオランダ戦は、シュートの内容が全てでした。日本のシュートは10本打って枠に飛んだのは3本。オランダは9本中5本が枠に飛び、その中の1本が得点になったのです。差は正にそこでした。
 これで、デンマーク戦がしびれる大一番になりますね。おっとり型に見える中村選手や遠藤選手が、目の色を変えるような戦いになれば勝機も有るのではないでしょうか。
 ツーリオ、中沢、長友選手はその闘志でチームを引っ張ってくれています。
 さあ、眠れぬ夜に期待しましょう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/12575

プロフィール

プロフィール

伊藤 龍治
1947年札幌生まれ。札幌啓明中では夏は野球、冬はスキー。旭丘高では夏はバスケット、冬はスキー。「スポーツ二毛作」実施者。早稲田大でスキー。日本初のアルペンサービスマン、世界初のジャンプワックスマンは自称ながら事実。スキーで4年おきの「骨折五輪」に3度出場。全日本アルペンコーチ。北海道新聞に「いい汗いい話」を12年半執筆。テレビ、ラジオ、講演などスポーツジャーナリストとして活動中。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

コメント




トラックバック

バックナンバー