« 北大球児?は、ルピナスの如くに! | メイン | 勝利の鉄則 »

大一番は、つきのある選手!

2010年06月15日

100615_1924~01.jpg
 大一番で勝負を決めるのは、つきのある選手です。本田選手が正に言いました。「誕生日だったし、これは持ってるなと、、、」
 江藤は、もう引退したんじゃないの? その江藤は野球の江藤でしょ!
 怖いのはETO`O です。でもETO`Oひとりじゃ、問題ありません。日本の分析力の勝利でしたね。
 これで、対オランダ戦は、どのような対応でも出来るのです。引き分け狙いとか、負け試合覚悟ではなく、勝利を目指しながら選手の入れ替えも可能です。最終の大一番はデンマーク戦です。
 それまで、落ち着いていきましょう。
 伊藤も、ITO`Oにしようかな!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/12525

プロフィール

プロフィール

伊藤 龍治
1947年札幌生まれ。札幌啓明中では夏は野球、冬はスキー。旭丘高では夏はバスケット、冬はスキー。「スポーツ二毛作」実施者。早稲田大でスキー。日本初のアルペンサービスマン、世界初のジャンプワックスマンは自称ながら事実。スキーで4年おきの「骨折五輪」に3度出場。全日本アルペンコーチ。北海道新聞に「いい汗いい話」を12年半執筆。テレビ、ラジオ、講演などスポーツジャーナリストとして活動中。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

コメント




トラックバック

バックナンバー