« 応援の意味 | メイン | 大一番は、つきのある選手! »

北大球児?は、ルピナスの如くに!

2010年06月13日

100613_1238~01.jpg
 サッカーワールドカップが始まりました。
 韓国は、韓国人監督のもとでまずは1勝! さて、日本は?
 しかし、その前に、北海道では野球です。駒大苫小牧でも岩見沢でも北海でもなく、北海道大学なのです。わが友人、ひつまぶしのジミーも驚きました。「大学生でも泣くのか?」と!
 創部110年、甲子園出場者は一人もいなくても全日本大学野球選手権ベスト8なのです。しかも、強豪八戸大と延長14回の死闘です。結末は八戸大、田代将太郎(東海四高出)のサヨナラホームランという劇的な決着でした。
 6月12日の道新23面は、「奮闘北大1球に泣く」。その横には「イチローが3三振」。そうです、イチローでも3三振するのが野球です。北大が奮闘するのも野球なのです。凄いよ、北大!私の学力の範囲には到底存在すらしなかった、北海道大学、見事です。
 きょう、新十津川町で講演をしてきました。道端には私の大好きなルピナスが群生していました。なにか、北海道大学野球部のような気がして撮影しました。北大球児はまるでルピナスのように、輝いていましたよ。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/12498

プロフィール

プロフィール

伊藤 龍治
1947年札幌生まれ。札幌啓明中では夏は野球、冬はスキー。旭丘高では夏はバスケット、冬はスキー。「スポーツ二毛作」実施者。早稲田大でスキー。日本初のアルペンサービスマン、世界初のジャンプワックスマンは自称ながら事実。スキーで4年おきの「骨折五輪」に3度出場。全日本アルペンコーチ。北海道新聞に「いい汗いい話」を12年半執筆。テレビ、ラジオ、講演などスポーツジャーナリストとして活動中。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

コメント




トラックバック

バックナンバー