« 2010年01月 | メイン | 2010年03月 »

トリプルクラウンの意味

2010年02月19日

100217_1420~01.jpg
 バンクーバー五輪、男子フィギュアは代表3人が入賞、そのうち高橋大輔選手は史上初のメダリストに!
 高橋大輔選手銅メダル、7位織田信成選手、8位小塚崇彦選手、おめでとう!
 日本代表三人が揃って入賞とは、三本の矢の例えの如く見事!
 20歳で初出場の小塚崇彦選手の父親、小塚嗣彦氏は私の同級生なのです!早稲田大学教育学部教育学科体育学専修で、机を並べた仲間なのです。嗣彦も1968年グルノーブル五輪の男子フィギュア代表で、正に親子鷹なのです。奥さんの幸子さんも、元アイスダンスの選手です。
 さらには、崇彦選手のおじいさん光彦さん94歳も、旧満州フィギュアチャンピオン。今は名古屋市天白区の高齢者介護施設に居られ、TVで孫の勇姿を見て涙を流されたそうです。夢はこうして繋がり、こうして実っていくのですね。
 父と同じ年に五輪に出場、そして4回転ジャンプも成功させ8位入賞。父は22位でしたから、父を超えました。
 ですから、小塚家のトリプルクラウン ストーリーにも乾杯です。
 色々な思いを込めて、二つのトリプルクラウンストーリーに花三輪を贈ります。
 ベコニアガーデンから、心を込めて!

主をなくしたリュージュ しかしなお!

2010年02月17日

090903_1920~01.jpg
 スピードスケート男子500mの2個のメダルとは別に、もう一つの五輪も進行していた。
 それは、悲しい、苦しい、打ちひしがれた号泣を伴った五輪だった。
 リュージュ女子一人乗り代表、札幌出身安田 文選手は、重量200gオーバーで1本目の滑走のあと失格となったのだ。
 選手村に入ってからの体重コントロールが計画通りにいかなかったのが原因だという。
 リュージュ選手のなかで彼女は最軽量だから10kgの重りをつけるのだが、自分の体重ではないからカーブでは重りが振られてしまう。だから一日5食の食事がノルマになる。リュージュは競技人口が極めて少なく、支援体制も限られる。だから遠征費用は個人負担だ。その費用はアルバイトや派遣社員として働いた費用を当てている。
 これほど「純粋アマチュア」な選手はいない。
 自分で稼ぎ、その費用で競技を続け、遂に五輪代表となった。そして1本の滑走のあと、失格となった。
 私は縁あって彼女の壮行会にも出席した。定山渓生まれで、町初めての五輪選手だから町の関係者や家族・友人・派遣会社の友人たちで壮行会は盛り上がった。
 だからこそ、安田選手にしてみれば「会わせる顔がない」と泣くばかりだろう。
 でも、五輪はすべての経験を知恵として与えてくれるステージなのだ。
 4年前のトリノ五輪では、ジャンプの原田雅彦選手も重量違反で失格したが、その経験をも生かして彼は名コーチへの道を歩んでいる。
 安田さん、このあと4年かけて4本滑れるように活動を続けてみるのも、一つの道ですよ。応援者は減ることはありません。
 どうぞ、笑顔で帰ってきてください。
 私たちも笑顔で迎えますから。

見事だよ!愛子さん

2010年02月14日

100213_1116~01.jpg
 開会式前に競技をするというのは、辞めて欲しいなあ!
 ノーマルヒルは日本4選手が予選通過だから、良かったけれど、やはり気が抜ける。
 岡部君が外れたと言うこともあるんだけれど、でもまあ、彼は団体戦で真価を発揮します。
 女子モーグル、私は上村さんは世界のベスト6には居るけれど、ベスト3は難しいと見ていました。カナダ・アメリカ勢が実力的に上だからです。その状況のなかで、4位は立派です。しかも4大会連続出場で、7・6・5・4位とは見事です。
 確かにメダルを獲得してもらいたかったけれど、敗れてもなお自分の言葉で感謝の心を語る姿は尊敬に値します。自分の言葉では語れない、どこやらのスノーボーダーには見習うべきアスリートです。いや、仮に言葉を発することがなくても、一段一段と上昇する姿こそプロアスリートそのものです。
 プロアスリートならば、ファンや社会に受け入れられてこそギャラを稼げると言うもの。社会的に沈没したいのなら別ですが、プロと言うのなら稼ぐ基盤を作らなければね

 愛子さん、ご主人も4位でしたね、トリノでは。4位同士の夫婦というのも、長く愛し合うにはいいのでは!  見事でしたよ、愛子さん。

いよいよ、始まるバンクーバー!

2010年02月11日

100126_1024~02.jpg
 2月6日、NHK北海道 「輝け!どさんこアスリート」いかがでしたか?
 船木君の「複合勢と我々ジャンプ勢では、使う筋肉も違うんです。彼らは持久性、我々は瞬発性ですから、、その彼らが見事なジャンプをするのは凄いですよ」の解説は見事でした。
 三宮恵理子さんの「オリンピック病解説」は、私の発言を受けてくれたもので、自身の体験を基にした生きた解説はさすがでした。
 札幌出身のタレント、藤崎奈々子さんはカーリングを「氷上のおはじき」と表現!
 番組中に一同が納得!見事な表現!さすが、只者ではありません!
 私の評価は皆様にお任せいたします。

 さあ!いよいよです!バンクーバー五輪の開幕です!と、同時に私の誕生日です!
 皆様、お気持ちだけで結構です。どうしてもと言う方は、まあ、その~(笑)
 きょうの写真は、NHK北海道に寄せられた応援メッセージの一枚!
 なにせ、ジャンプノーマルヒル予選が開会式前に始まるのです。
 がんばれ!岡部君。頑張れ日本!

プロフィール

プロフィール

伊藤 龍治
1947年札幌生まれ。札幌啓明中では夏は野球、冬はスキー。旭丘高では夏はバスケット、冬はスキー。「スポーツ二毛作」実施者。早稲田大でスキー。日本初のアルペンサービスマン、世界初のジャンプワックスマンは自称ながら事実。スキーで4年おきの「骨折五輪」に3度出場。全日本アルペンコーチ。北海道新聞に「いい汗いい話」を12年半執筆。テレビ、ラジオ、講演などスポーツジャーナリストとして活動中。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

コメント




トラックバック

バックナンバー