愛ちゃんの引退!愛ちゃんの何が凄いのか?

2018年10月23日

福原愛さん、いや福原愛ちゃんが引退会見を行った。

世界的な卓球選手!五輪銀・銅メダリスト!3歳から卓球を始め、以来そのすべてが映し出されてきた「国民のめんこちゃん!」

会見で、幼いころはTVカメラマンさんは「肩からカメラが生えている人」と思い、音声さんは「耳におしゃれしている人で、おもちゃの棒を持っている人」だと思っていたと告白!会見場を爆笑させた!

小さい時は報道陣に「よく遊んでもらった」と感謝し、思春期には「冷たい態度を取ってしまった」と笑いながら謝罪した!

凄いのは、外交的に各種の問題を抱え合う中国が、中国政府の公式会見で「福原愛選手は、世界的な卓球選手で中国でも圧倒的な人気があった。」と報じたことだ!愛ちゃんは中国語が堪能。中国メディアの日本チームへの取材で、通訳をかってでたこともあるほどだ! 中国卓球に学ぶ過程で独学で身に着けた中国語だ!

引退会見の最後には、取材に集まった大勢の報道陣全員と写真撮影を自らリクエストしたのだ! これではファンにならない人はいないだろう。

私が最も惹かれ、素晴らしいと思ったのは、福原愛さんは「原稿などは手に持たず、全て自分の言葉で相手の目を見て語り、質問者にはその人の方に向き直りこたえたこと」だ!

政治家を見てみればいい。国会の演説は「下を向いたままの棒読み」だ!

不正企業の社長や役員が謝罪するのは、一斉に立ち上がって「申しわけありません」と唱和する。 いずれも、自分の言葉では語ろうとしない。自分の言葉には自信がなく、よく理解していないから暴言・虚言を恐れるからだ。

福原愛さんは、見事だった! 堂々としていた! 時々、講演する私としてもお手本にしたいと思った。

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9958

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)