自らの失敗を公表した者は、「教育者」になりうる!

2018年05月22日

日大アメフト部の宮川泰介選手・(20歳)が関学大との定期戦で関学大のQB選手に悪質な違反タックルをしてけがを負わせた事件は、被害者側が警察に被害届を提出。事件は司直の手にゆだねられることになった。

きょう、宮川泰介選手は日本記者クラブで会見に臨み、被害者への謝罪とともに違反タックルは日大の監督・コーチからの指示だったことを明らかにした。

会見は聞いているだけで、胸が締め付けられるようなものだった。宮川選手は「いくら監督・コーチから指示があったとはいえ、やってしまったのは自分で被害者、そのご家族、関西学院大学の皆様にお詫びしたい」、「指示があってもやらないという選択肢はあの状況ではなかった」と答えた。

状況がどうであれ、自分で判断してやらなければいいではないか、という指摘もあるだろう。がしかし、監督・コーチが大学で強大な権力を持っているという事実、宮川選手が学生日本代表に選ばれているにも関わらず、「参加は認めない」という一言で片づけられる状況、監督は大学でも常務理事として人事権まで持っている事実、この状況は「悪質極まりないパワハラ」そのものだ。

 宮川選手は「自ら、失敗を公表」した!被害者側が提出した被害届に対しても、「それは当然のこと」と覚悟を決めてもいる。「こういうことをしてはいけない。してしまった原因はこういうことが原因だった」と、世間に公表・公開する者は間違いなく「教育者」になるのだ。

日本大学、危うし! 大学の常務理事ともなれば、例え教員免許を持たなくても本来は「教育者」でなければならないはずだ。日本大学首脳部に「教育者は存在するのか?」 権力・権限だけが集中し、まわりは「忖度する取り巻き」に囲まれただけではなかったのか?

高校時代に優秀なスポーツマンならば「特待生」として勧誘されもするが、大学に入学後成績が振るわない場合など特待生の特典が廃止されたり、退学を強要される話も聞こえている。こういう状況で、宮川選手は「抵抗を試みることはできただろうか?」

宮川泰介君、君は「教育者」だ! 自暴自棄にならず、人生の長さにも気づいて欲しい。アメフト界も社会人チームもクラブチームもある。「教育者」としての君を必要とする環境は必ずある。関学大の監督は君の勇気を称えた。私も同感した一人だ。

ヘッセの詩の一節を贈ろう。「荒れた日も、晴れた日も、それは同じ空の違った表情に過ぎない」。

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9401

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)