日本大学の最後の「良心」、教職員組合らの声明!

2018年05月22日

日大アメフト部からは、部員の「内部証言」が行われ、OB会員からも実名で「日大アメフト部改革の提言」がなされた。

悪質タックルの加害者となった選手に対し、被害者の両親・本人が被害届を提出し警察はそれを受理した。これらの一連の動きに対し、5月22日午後に加害者選手が弁護士とともに会見を行う事になった。

日大アメフト部は内田監督が辞任を発表したが、悪質タックルに対し「監督の指示があったのか、なかったのかには文書で発表する」として明言せず、ただすべては私の責任というだけで事の本質は明らかにしていない。日大も被害者が被害届を提出したことに対し、「第三者委員会を組織して検証する」と発表したが、当事者意識の欠如には気づいていない。

今、正に「日本大学の危機」だ。そしてついに日本大学教職員組合、執行委員会、各学部支部などが真摯な対応を求めて声明文を発表した。全文をつぶさに読んだが、日本大学への愛情とその将来を心から憂い、建設的な提案が含まれた見事なものだ。日大の良心、ここにあり!とも言えるものだ。

そのなかの一文を紹介しよう。 「アメフト部の内田正人監督が全ての責任を認めて謝罪し、監督を辞する旨を表明した。だが、その対応は遅きに失し、もっとも肝心な点が一切言及されなかったため、監督の辞任だけでは済まされない状況を自ら作ってしまったと言えよう。さらに、今回の事件に関して、内田監督が本学の人事担当の常務理事という要職に就き、学内で絶大な権力を行使する立場にあることから、一スポーツ部の一監督や一選手の在り方ばかりか、本学の大学としての在り方、なかんずく外部の関係者に対する「姿勢」(不誠実と呼ばざるを得ない対応)や「体質」(有無を言わせずに従わせる上意下達の体育会的気風)や「社会構造」(学内の意思決定の在り方、権力構造や人的資源の配分構造)にまで関連させて問題視する指摘が各方面から相次いでなされるようにもなってしまった。今回の事件は、こうした本学の抱える看過できない問題性が、図らずも衆目にさらされることとなったのである。」

対策の提言もいくつかあるが、そのうちの一つは「運動部だけでなく、日本大学の全組織を挙げて、上意下達の体質を改め、パワーハラスメントになりやすい権力行使を抑制する仕組みを構築して、風通しの良い学内環境を醸成しつつ、自主創造の精神が十分に発揮される生き生きとした大学に再生させる行動計画を策定すること。」

これでお分かりだろう。マスコミから「監督辞任は分かったが、人事担当の常務理事や運動部を束ねる保健体育審議会局長職は辞任しないのか?と問われ、「それは別物ですから」と答えた内田前監督。別物ではなく、「すべてはその位置、その役職から派生した、超悪質タックル違反事件、超パワハラ事件」なのだという認識ができない指導者だったということだ。

今回の報道は広く世界にも伝わっている。SNSで世界は急速化されている。願わくば、2020東京までにスポーツ界から「セクハラ・パワハラを撲滅」してもらいたい。権力という巣窟で長期安住し、親分から受け継いだ権限を振りかざし、パワハラを繰り広げる指導者を排除し、「新しいスポーツ界」を創り上げ2020東京を迎えたいものだ。

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9398

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)