指導者の指導と選手の理解に「乖離」!?

2018年05月18日

「乖離」 そむきはなれること。離反。例文として「人心から乖離した悪政」。

ですから、極めて優しく言えば、「指導者の指導は、本当はそんなことまで求めてはいないのに、選手が勝手にそむき、離反して、ああいう危険なプレーをしたんですよ」、ということになる。

だから、後に撤回したが「あれぐらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任。これが僕のやり方」。基本的に言っていることが「支離滅裂」。そしてどこかで同じような「景色」を見たなあと思ったら、政治の世界の「忖度合戦」でした。でも、日大アメリカンフットボール部の監督に対し、コーチ陣は何も言わないし、大学側も何も反応せずどうしてなのかと思っていたら、日大内田正人監督は日大の常務理事!! 同部の加藤直人部長は日大の副学長!!でした。内田正人常務理事は、日大の運動部を束ねる保健体育審議会局長と人事部長、「人事担当の常務理事」という「偉人」、それではなるほど「官僚が総理官邸サイドに忖度するがごとく」、コーチ陣も何も言えないのかもしれません。

18日には日大の理事会が行われ、内田監督、加藤部長も出席したそうですが、「今回のアメフト反則問題」は議題にもならなかったという。「徹底的に解明し、膿を出し切る」という言葉を言い続ける方のほうが、まだましなのか!?

関学の言い分も聞いたが、「要は、チームの最高責任者である、部長、監督がいち早く謝罪会見を行わなかったこと」が全てだと思う。公式会見でまずは謝罪する意識がないために、関東アメフト連盟傘下の法大・立大・東大に続き、明大・成蹊大・近大・桜美林大が日大との試合中止を申し入れた。日大危うし!

日大OB会、今こそ立つべし! TV報道などでも、現体制に批判的なOBの発言も相次いでいるし、極めてまっとうな意見が多いのも事実だ。内部改革を恐れていては、「スポーツ日大」の危機は続くだろう!

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9388

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)