大谷・野球漫画的・大リーグ劇場!!

2018年04月05日

大谷翔平・23歳・長身・イケメン的ベビーフェイス・笑顔さわやか・投打二刀流・アメリカ大リーグで「ベーブ・ルース」以来約100年ぶりの二刀流選手・投手で「初勝利」・打者で「本拠地開幕戦で2試合連続ホームラン」!!

大リーグ開幕前は、使用球になれず投打ともに不振で「投打二刀流なんか無理」との観測が極めて多かったが、一転アメリカマスコミも「翔平」を引用して「ショウタイム」と放送を始めた。アメリカ大リーグ野球殿堂でも、大谷翔平の初勝利の時に使った帽子、野手としてメジャーデビューしたときのヘルメットを「回収し展示用に保存」するという!新人ながら、大谷翔平選手が大リーグで「1918年のベーブ・ルース以来となる同一シーズンでの2桁勝利・2桁本塁打」に挑むことが評価されたといわれる。

こうなれば、もう「漫画」の世界!!誰もが夢と思う「漫画」の世界が23歳の日本の青年によって「実現」したのだ!!これを痛快・愉快と言わずして何と言おうか!!

銭湯談義に耳を傾けた。「いやあ!まぶいね!野球はもう大谷だね!漫画の世界だもの、それを全部実現しちゃってるんだもの、NHKだってニュースのトップだよ!しかも朝・昼・夜・深夜全部やるんだよ!」「そだね!」「そだね、って、国民全部がそだねって言ってるよ」「ファイターズは全然面白くないしね!そりゃ大谷がでりゃアウトでしょ、増井も出たし抑えはいないし、ちょっと活躍するようになれば出て行くし、、、なんか選手と球団でうまくいってないんでないの?見ごたえあるのは「こんちゃん」だけだべ!(近藤健介選手)

「ファイターズは育成主義だから」「そんなこといったって、やはりプロ野球は夢でしょ!神様・稲尾様とか、ここで打ってよ長さん(長嶋選手)とかさ」「でもね、日本プロ野球は危機だね!超高校級は契約条件にポスティングでのアメリカ行きを言ってくるよ、それだけ大谷効果はでかいもの」

「ファイターズも北広島でもいいけど、ファンを呼べるスターがいないと厳しいよ!現在、育成中ですじゃ北広島までいかないよ」「そだね!」(笑い)

銭湯のサウナ室はえらい盛り上がりでした。

日本の「スーパースター」ならば、やはり「本場」で大活躍する姿を見てみたいというのは当たり前だよね!

日本は、大谷翔平・小平奈緒・高木姉妹だね!!

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9241

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)