やりました道新!朝刊1面トップに「応援団」!

2018年01月15日

これは正に「前代未聞!」「驚天動地!」(笑い) ヒルマン流に言うならば、「しんじられな~い」(笑い)

日本国首相のバルト3国訪問や、相変わらずの「トランプ暴言」などを押しのけて「スキージャンプ私設応援団」ニュースが北海道新聞朝刊トップを飾ったのです!札幌の私設応援団はその名も「札幌ノイズチーム」、スキージャンプ大会があるたびに「どこからともなくやってきて、笛や太鼓を打ち鳴らし、選手の名前を連呼して、風のように去っていく」のが、その名もノイズチームなのです!

住宅街でやったものなら、「即、お縄」でしょうが、ジャンプ場ですからおとがめなし!そしてついに道新トップです!

このノイズチームが一躍有名というか、「迷惑」というか、名を売ったのは1998年の長野冬季五輪でした。そして今年20年ぶりに韓国・平昌冬季五輪へ勇躍の海外遠征です!

韓国・平昌の警備に携わる皆様、決して「正体不明・得体の知れない者」ではありません、まして「テロ集団」ではございません、その証明に韓国入りに際しては身分証明書・第二パスポートとして「2018年1月14日付けの北海道新聞朝刊」を各自が持参致します!!

結成当初から「ノイズ」を発生させ続けている「立野健一」というのがとんでもない奴でして、誰にでも「人懐こい笑顔」を見せては仲間に引き入れる特技を持っております。実はこの「ノイズチーム」、代表もいなければ規約も会費もなく、「笑顔で誘いこむ」のです。かくいう私も、札幌荒井山ジャンプ場でのちびっこジャンプやジュニアジャンプの時には「りゅうじさん、お願いします」と言われ「太鼓係」を務めてもいるのです。

ですから、私も「ノイズチーム」!! いやあ、道新トップだなんて照れるなあ!!(笑い)(笑い) 北海道新聞のユーモアとウイットに乾杯!完敗?!

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8939

コメント

龍治さん

照れちゃいます。

平昌では魂と心を込めて全選手に声援を送って来ます。


ありがとうございました。


立野 健一

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)