あさがきた!

2018年01月12日

あさがきた? どこかで聞いたようなタイトルです? ひるがきた、というのはお昼ご飯の番組です。

今回の「あさがきた」は、「麻が来た」、詳しく言えば「安藤麻が来た」それも遂に待ち望んでいた日本女子アルペンスキー選手がオリンピックの舞台に帰ってきたという意味の「あさがきた」なんです。

安藤麻、昨年10月のW杯大回転で25位、初めてW杯得点を獲得。今年の1月7日、W杯回転で23位、9日のW杯回転で24位、この日は1回目30位で決勝30人に残り2回目は12番目のタイムで24位まで順位を上げました。平昌五輪出場権はW杯順位で決まるため、これで安藤麻選手の出場は間違いなく決まりです。

私には嬉しいニュースでした。何故なら私自身全日本アルペンスキー女子チームコーチとして世界を転戦した経験があるからです。私の時代は日本女子の黄金期、沖津はる江、南雲美津代、岡崎恵美子、片桐美雪、つまり1972年札幌五輪の強化選手だった彼女たちは、その後のヨーロッパカップでは上位入賞、ワールドカップでも10番台での奮闘を重ねました。しかし私の記憶では五輪へのアルペン女子の派遣は1976年が最後だと思います。ですから遂に「あさがきた」のです。

安藤麻、21歳・169cm・63kg、世界に対抗できる大型日本選手です。旭川共栄小・東陽中・小樽北照高・東洋大、道産子です。

安藤麻選手は平昌五輪で8位入賞を争えます。五輪は世界の強国でも1か国4人の出場ですし、2回目12位のタイムを出した実績を考えれば「あさはくる」のです。平昌五輪で自信をつけ、その後は堂々と世界に打って出るでしょう。

「あさはくる」「あさはきます」「あさはかがやきます」「日本のアルペンに待望の朝は来ます」

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8929

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)