バレーボール、女子もアジア制覇!男女ともに東京へ一直線!

2017年08月18日

2020東京五輪に出場しメダル獲得に挑戦するためには、どんな競技であれ先ずはアジアで一番になる必要があります。

特にバレーボールでは男子はイラン・オーストラリア・中国・韓国などの強豪、女子では中国・韓国・タイなどの強豪が揃い、アジア制覇は簡単ではありません。その証拠に今回の「火の鳥NIPPON」のアジア制覇は5大会ぶりのことです。

決勝はタイを相手に2セットダウンから3セットを連取しての優勝でした。予選では中国・タイなどを破り決勝に進出し再度タイに勝ち優勝です。

MVPは新鍋理沙、セカンドベストミドルブロッカー賞は岩坂名菜、ファーストリベロ賞は小幡真子の各選手が受賞しました。

これで日本バレーボールは男女ともアジア制覇、これは1983年以来のことです。着実に2020東京五輪でのメダル獲得に足場を築いています。男女ともに身長は低いチームですが、目指すは「スピードバレーボール」。1964東京五輪での女子金メダル、男子銅メダルというダブル受賞の再現を目指してもらいたいものです。

なお、きょう8月18日、24:00~24:50、NHK-BS1「アスリートの魂」で「バレーボール女子代表」が放映されます。(再放送は、8月27日・日曜日、BS-1・13:00~13:45.NHK総合は8月27日・日曜日、24:10~24:55です。)

今後とも全日本男女バレーボールを応援してください。

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8409

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)