C57 57 奮闘

2015年09月13日

第4回は室蘭本線富浦駅を出発するC57形57号です。C57は戦前から戦後にかけて製造された高速運転可能な機関車。同線のC57は全国で最後に残った旅客列車けん引の仲間たちで、室蘭発岩見沢行きの最終列車を引いた135号はあまりにも有名です。この57号は1938年の製造で、京都の名門・梅小路機関区に所属。1949年に北海道に渡り、小樽築港機関区に配属になりました。54年8月、昭和天皇が戦災復興視察と北海道国体出席のため来道され、その際、57号は名誉あるお召列車けん引機に選ばれました。よほど走行状態が良かったのでしょう。それに形式と番号が<5757>と並んで目立ったのかもしれません。前部に日の丸を掲げ、ピカピカに磨き上げられて大役を果たしたそうです。

原田 伸一

 1970年10月 C5757室蘭本線富浦付近

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5167

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)