ギンザンマシコ

2019年06月12日

 知床では、知床峠など標高の高い場所でギンザンマシコに出会うことがある。日本では、北海道の高山帯で観察できる野鳥で、雄は赤く美しい。今回は、雌を見つけることができた。ナナカマドの花を食べていて近くで右往左往するカメラマンなど気にする素振りもない。夢中で花をついばんでいた。昨年の6月、低温のためハイマツの花芽が凍結してしまい、実がほとんどなっておらず彼らにとっては秋の食べ物に一苦労することだろう。

190612.jpg
「ギンザンマシコの雌」

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10691

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)