エゾライチョウ

2019年04月27日

 今日は、朝から冷たい雪が降った。昨日開通したばかりの知床横断道路も路面凍結のために終日通行止めとなり、寒いゴールデンウィーク初日を迎えている。原生林内では、そんな寒さを野鳥たちは気にしていない。甲高い声で、オスのエゾライチョウの声がしたので付近を探してみると、オスではなくてメスのエゾライチョウを見つけた。本州に生息するライチョウと異なり、冬羽が白くなることはない。飛翔が得意ではないので飛び立っても長距離を飛ぶことはできず、止まりやすい枝を見つけるとすぐに枝につかまって、こちらを伺ってくる。丸い体もとてもかわいらしい。次回会うときは、ヒナを連れて歩いている姿を見たものだ。

190427.jpg
「エゾライチョウのメス」


知床ネイチャーオフィスでは、インスタグラムも始めました。よろしければご覧ください。
知床ネイチャーオフィス Instagram

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10569

コメント

鳴き声を聞き分けることができるんですね!飛翔が得意ではないとは…危険を回避し、食を得られ、生きていける範囲で飛べるということなのかな?
インスタを利用しているので、フォローして見ています!ただ、写真と共に添えられる文章も好きで、感想文のようなコメントを書くのも楽しかったので少しさみしいです。今まで、コメントを返してくださりありがとうございました!

エゾライチョウさん!美しい!
インスタグラム、最高!!

藤田さん>エゾライチョウは甲高い声で鳴くのでわかりやすいですよ。鳴きまねすると近寄ってきて面白い野鳥です。

くみさん>ヒナ連れを見てみたいんですよね。ひよこみたいでかわいいそうです。

藤田さん>エゾライチョウは甲高い声で鳴くのでわかりやすいですよ。鳴きまねすると近寄ってきて面白い野鳥です。

くみさん>ヒナ連れを見てみたいんですよね。ひよこみたいでかわいいそうです。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)