日中のキツネ

2019年03月04日

 2月から3月にかけては、キタキツネの繁殖期にあたる。通常は、夜を中心に活動しているキツネだが繁殖期は相手を求めて日中でも活動することがあり、しばしばその姿を目にする機会がある。ペアでいるところを見たいと思うのだが、この冬は単独でいるキツネによく出くわしている。今回もたまたま日当たりのよい場所でウトウトしていたようだ。今年はネズミの足跡もよく見かけるため夏の子育て時期にたくさんの仔ギツネに出会えることを期待したい。

190304.jpg
「ひなたぼっこするキタキツネ」

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10416

コメント

たくさんの仔ギツネに会えるの楽しみですね!
うまれたばかりの小さな仔ギツネに会いたいです。

繁殖期など自然の摂理で生きる姿だったり 冷たい雪の上で日向ぼっこをする自由や気分で生きている姿だったり やっぱり 野生動物は魅力的です‼︎ペアでいるところが見たいです! そういえば 疥癬にかかったキツネ 元気かな?

ソロ活も重要!いいですね!^^

みつさん>ネズミの痕跡が多いので、今年の夏は子育てしてくれるのではないかと期待しています。

藤田さん>3月に入ってから、日中みかけることが増えたように感じます。残念ながら私も今シーズン、ペアのキツネは見ていません。

くみさん>今日も雪の上で気持ちよさそうに寝ているキツネをみつけましたよ。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)