エゾチドリ

2018年07月12日

 知床自然センター周辺に珍しい花を見つけた。珍しいといっても知床半島内ではということである。エゾチドリというラン科の植物だ。知床半島内の低標高域は、エゾシカの個体数の増加と高密度化によって多くの植生が失われている。このエゾチドリも30年前から40年前以前は、たくさん咲いていたのかもしれない。2012年以降、知床国立公園内ではエゾシカの捕獲が進んでおり捕獲が始まる以前よりシカを見る機会が減ってきている。そのため、採食から免れた一部が稀に開花し目に留まるのだろう。エゾシカの減少とともに、失われた植生が少しずつだが回復してくる兆しなのだろうか?

180712.jpg
「エゾチドリ」

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9576

コメント

この色合いに癒されました。
単純でごめんなさい。^^

爽やかで 涼しげな花ですね。可憐な感じが好きです!
ツアーに参加した時に 鹿についてのお話は聞きましたが…
ある種の個体を調整するとは どういうことなんでしょうね?
何か手を加えるということは 目的があるわけで…
「自然」の言葉の意味は難しいし捉え方も多様だなぁ

可愛らしいっ♪
そして緑もとてもきれいですね。

2012年から6年…少なからず関連してるんでしょうねぇ

くみさん>私も自然センター周辺では初めて見たので、テンションあがりましたよw

藤田さん>人間がエゾシカの個体数を調整するというのもしていいのか悪いのか答えが難しいですが、オオカミを絶滅させてしまったのは人間ですし、その代わりを行わなければ植物が失われてしまう現状では、人が手を加えることは必要なのかもしれないと私は思っています。

みつさん>数が、そして他の種も見られるようになってくるといいですよね。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)