桜と雪

2018年05月08日

 知床にも数日前に桜前線がやってきた。場所によっては、5分咲きぐらいになっている。そんな春を感じる景色になったかと思えば、今日の気温は1℃、まるで真冬に逆戻りしたような寒さとなっている。山の斜面を見ていると、エゾヤマザクラが咲いているすぐ近くの木々が白く染まっている。春と冬が混在する景色となっていた。今後の天気予報も雪マークがついている日もあり、寒さはしばらく続きそうだ。

180508.jpg
「左下:エゾヤマザクラ 右上:雪で白くなった木」

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9353

コメント

寒さの中でも山桜の存在はほっとしますね!

知床の学校の入学式は、雪景色ということなんですね。
エゾヤマザクラで色づく景色も美しいんでしょうね。

すごい景色ですねー!
さくらと雪がすぐそばで繰り広げられてるとは。
東京も暖かかったり、寒かったり寒暖差が激しいです。

くみさん>そろそろ桜も散ってきました。あっというまに過ぎていきますね。

藤田さん>入学式は、雪景色ですね。GWごろまで雪が降りますので、そろそろ夏タイヤですね。

みつさん>桜と雪、春と冬。行ったり来たりですね。今日も霰が降りましたw

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)