鳴きかわす

2018年02月13日

 知床半島内では、数つがいのオジロワシが繁殖している。ウトロ周辺にもペアが暮らしている。今日はたまたま港付近の樹にとまって海を眺めていた。ワシは、体の小さな方が雄で一回り大きい方が雌。写真では左側が雄だ。2羽が並んでいないとどちらが雄か雌か判別ができない。時々上空を他のオオワシやオジロワシが通過すると2羽とも声高らかに鳴きかわしていた。自分の存在やテリトリーをアピールしているのだろう。白い息を吐きながら空に向かって声を発していた。

180213.jpg
「咆哮するオジロワシのペア」

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9045

コメント

わっ~彼らのこんな姿 初めて見ました!びっくり!

白い息も 発している声も 見て聞けないのが残念....
カッコいいですね オジロワシ! 止まっている木も絵になる!
無事に 新しい命が誕生しますように
知床でも 人災によるワシの被害はあるんでしょうか?

くみさん>けっこう鳴き声あげるんですよ。

藤田さん>北海道でワシへの影響は狩猟で使用される鉛弾ですね。現在は、使用禁止となっていますが、エゾシカの残滓の中に残された鉛弾を食べてしまい中毒になることがあるようです。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)