冬眠まであと少し

2017年11月17日

 平地にも雪がちらつくようになった。まだ積もったり融けたりを繰り返し冬の訪れとともに朝の冷え込みも強くなってきた。少ないながらも河川にはサケの遡上が見られるため、周辺にはオオワシやオジロワシの姿も見られるようになってきた。そして、冬眠まであと1ヶ月ほどだろうか?ヒグマの姿も頻繁に見られている。今年は森の木の実が少ないため河川周辺での目撃が多い。丸々と太っているように見えるヒグマだが、ちゃんと冬越しできるだけの皮下脂肪が十分に蓄えられているのだろうか?

171117.jpg
「河川沿いに姿を現したヒグマ」

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8731

コメント

旅行中は出会えなかったヒグマ!何を見つめてるんだろう…写真でも迫力が伝わるから、実際に見たらどんなんだろう!
前回のコメントの続き 素敵な写真絵本ができる気がします‼️と私は勝手に思ってます(o^^o)

皮下脂肪 大事ですよね。
彼らにとっては命に関わってくる。
人も皮下脂肪たっぷりそうな方は元気だもの!?

この子なんだかカッコイイなー。
あと1ヶ月で冬眠ですか。東京もいっきに寒くなりました!
いよいよ冬到来でうきうきです。
澄んだ空気が大好きです。

藤田さん>写真絵本・・・考えてみますね。

くみさん>皮下脂肪、落ちなくなってきましたよw私のお腹w

みつさん>かなり貫禄のあるクマでした。でもメスかな?たぶん。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)