紅葉まっさかり

2017年09月26日

 標高700m付近の羅臼湖登山道周辺での紅葉がピークを迎えている。ナナカマドの赤やダケカンバの黄色、ミネカエデのオレンジなど様々な色であふれている。平年よりも1週間ほど早めに紅葉が進んでいる印象だ。登山道脇にある美しく色づいた木々を見ながら、思い思いにシャッターを切る人の姿が見られた。10月上旬ころまで美しい景色を楽しめそうだ。

170926-1.jpg
「羅臼湖登山道 三の沼と羅臼岳」

170926-2.jpg
「知床峠付近の紅葉」

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8559

コメント

雲一つない真っ青な空 深まる秋の景色 羅臼湖の静けさ
澄んだ空気が感じられます
ナナカマドの実は誰のご飯になるのかな?

知床も早いんですねー
大雪エリアはもう紅葉終わりで、来週あたり冠雪かという予報が。。。
冬も待ち遠しいけど、まだ秋を楽しみたいです(^з^)-☆

なんと!きれいですねぇ!
台風にも負けず素晴らしい~♪
知床の紅葉はカラフルであったかい感じしますね。

藤田さん>ナナカマドは、ヒグマがよく食べていますね。

あしかがさん>大雪は降りましたね。羅臼岳も一昨日?山の上が白かったですが、日が当たってすぐに消えてしまいました。

みつさん>台風でダメかと思ったんですけどね。きれいな紅葉が楽しめましたよ。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)