森の歌声

2017年07月01日

 野鳥の少ない今年の知床の森の中で、元気よくさえずっているのは、キビタキだ。透き通る声は、遠くからでもよくわかる。梢で鳴くため、姿を探すのに苦労する野鳥だが、とても美しい野鳥で見つけるとうれしくなる。そろそろ夏鳥たちの繁殖期が終わろうとしている。美しい歌声を聴くことができのもあとわずか。

170701.jpg
「キビタキの雄」

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8187

コメント

森の緑とキビタキのオレンジが映えますね~!
今年は野鳥少なかったんですね。
そんな中聞こえてくるさえずりはテンション上がりますね☆

何とも言えない美しい黄色 オレンジ モスグリーン☆
神様は凄いですね!^^

みつさん>野鳥の数が少ない気がしています。オホーツク沿岸は特にそのようですよ。

くみさん>キビタキは映えますからね。とても美しいですね。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)