水辺を覗く

2017年05月13日

 知床五湖を散策中、水辺を覗き込むキタキツネを見つけた。少し歩いては、覗き、また少し歩いては覗くという行動をなんども繰り返していた。自分の顔を確かめているわけではなく、食べ物を探しているのだ。すでに産卵活動は終了してはいるが、水辺にはたくさんのエゾアカガエルがいるため、それをキツネは探しているのだ。見つけるとパクパクと口を動かしているので、おそらく食べているのだろう。まだ雪が解けたばかりで、昆虫も少なく、数年前のどんぐりの凶作による影響でネズミの数も十分に回復したとはいえないため、貴重なタンパク源となっている。

170513.jpg
「水面近くを覗くキタキツネ」

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7990

コメント

湖面がきれいに映し出しているのが素敵ですねー

あしかがさん>水面に映るキツネがかわいらしいですね。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)