春の歌

2017年04月27日

 暖かな日差しを感じられる日が増えてきた。フレペの滝遊歩道を歩いていると、南方で越冬を終え、繁殖のためにやってきた夏鳥たちの姿を目にするようになった。フレペの滝を望む展望台周辺では、美しいさえずりが聞こえてくる。声につられて姿を探すと、マリンブルーの背中に錆色のお腹をした美しい野鳥、イソヒヨドリの姿があった。出会ったら、ぜひ観察してほしい野鳥の1つだ。鳴いている雄の近くには必ずメスがおり、雌のために一所懸命に歌う姿がとてもかわいらしい。6月中旬くらいまで観察できる。

170427.jpg
「岩場で囀るイソヒヨドリの雄」

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7909

コメント

いつもオスが美しいですね!嫉妬^^

こちらではウグイス君が滞在中!
さえずりがどんどん上達してきました☆

きれいで可愛いですね。

くみさん>知床もウグイスなきはじめましたよ。

みつさん>イソヒヨドリは、目立ちますよね。とてもきれいでした。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)