小さな住人

2017年03月14日

 原生林を歩いていると、頭の上に「パラパラ」とトドマツの葉がたくさん落ちてきた。頭上に目を移すと、灰色のテニスボールのような塊が枝先で丸まっている。私の頭に葉っぱをまき散らしていた犯人は、エゾモモンガだった。2月~3月は彼らの繁殖期であり、普段は夜活動する彼らも、この期間は日中に活発に活動することがある。今年は、なかなか観察する機会に恵まれていなかったが、ようやく出会うことができた。大きな目がとてもかわいらしい小さな生き物だ。トドマツの葉を食べていることも多いが、今回は、枝先についた花芽を食べているようで、人間の親指くらいの枝先と細かな葉が樹の下にはたくさん落ちていた。約2時間ほど枝を移動しながらの食事の様子を観察することができた。

170314.jpg
「トドマツの花芽を食べるエゾモモンガ」

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7713

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)