そろそろ冬眠?

2016年12月09日

 12月に入り、そろそろヒグマが冬眠する個体が出始める季節だが、彼らも皆、そろって冬眠するわけではなく、実際は個体ごとにバラバラだ。遅いものは年が明けて1月上旬から中旬にかけても足跡などの痕跡が残される。今日は、久しぶりにフレペの滝を歩いてみた。動物が少ないかと思ったが、野鳥の姿を多く見かけ、マヒワ、シメ、ツグミなどにぎやかな声が響いていた。その中で目立ったのが、遊歩道の上に残されたヒグマの足跡だ。親子のもので、雌成獣と当歳(今年生まれ)の2頭のもののようだ。次にこの足跡に出会うのは来春だろう。仲良く寄り添う足跡を見ながら、冬の訪れを感じた。
161209.jpg
「遊歩道上に残されたヒグマの足跡」

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7347

コメント

今年は昨年に比べまだ暖かいのかな?
昨年と同じ日のブログを拝見して。。。

足跡でも存在感ありありですね。
そろそろ冬眠する子が増えてますかね。
春の訪れとともに再会楽しみですねー!

くみさん>昨年よりは気温は低いですね。ヒグマはそろそろ多くのものが冬眠に入りますが、活動するものは年明けの中旬くらいまで痕跡を残していることがあるので、例年通りの行動ですね。

みつさん>ぼちぼち冬眠ですね。今年はいつまで痕跡が残るでしょうか?

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)