« 2013年03月 | メイン | 2013年05月 »

大阪「阪急うめだ本店」での【大北海道展】はいよいよ明日からスタートです☆

2013年04月23日

 今日はクロスホテル札幌での月に1回の「ワインなひととき」開催日です!

 今月も、待ち遠しいこの日が訪れました(^O^)

 そして、さらに明日からは、
大阪阪急うめだ本店での「初夏の大北海道展」が開催されます!

 わたくし、明日の初日から3日間、北海道産ワインのPRを担当させていただきます。

 週末にはトークセミナーもあり、なにやらたのしみで
なりません。

 とにかくすご~~~く、壮大なレイアウトで展開されるそうです。

 
 大阪の皆さま、近郊の皆さま、
明日24日(水)~30日(火)迄の1週間はぜひぜひ!
阪急うめだ本店へ足をお運びくださいませ。

 後半はシニアソムリエの阿部眞久さん、チーズプロフェッショナルの
石川尚美さんが登場いたします。

 詳細は こちら !!!

 皆さまのご来場を、
心より、楽しみにお待ち申し上げております☆彡

item11.jpg
item13.jpg


◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


◆阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


◆北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!


【和飲(ワイン)な人時間(ひととき)】NEWプロジェクトスタート☆

2013年04月16日

「WINE na HITOTOKI」(ワインなひととき)こちらのネーミング、
聞いたことはありますでしょうか。


ワインのある暮らし、
ワインが身近にあるライフスタイルを提案する、
2008年に クロスホテル札幌 から登場したブランドです。

ネーミングの誕生は遡ること2004年、
もう10年前のことになるのですね。。。

今回、 「WINE na HITOTOKI」
NEWプロジェクトとしてスタートする運びとなりました。


コンセプトは

「ワインがある身近な "ライフスタイル" を楽しむインテリアグッズ」

「ワインがある身近な "食卓" を楽しむ食の商品開発」

「ワインがある身近な "遊び" を楽しむ大人の味覚交流パーティ」

すべてが【北海道産】をテーマに展開されてゆくプロジェクトです。


様々なメンバーの皆さまにご協力をいただき
コンソーシアムとして展開してゆく、
北海道における
新たな「食文化の創造」プロジェクト。
道内外、海外も視野に発信してまいります。

どんどん商品サンプルが届いております。
北海道のワインとワインに合わせた食、ライフスタイルのマッチングプロジェクト!

女性目線で発信してまいります。

今後の展開を、どうぞお楽しみに☆彡

wha02.jpg
wha03.JPG
wha04.jpg


◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


◆阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


◆北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!


【北海道産ワイン】食と観光によるイベントシーズン本番へ、今年度も様々なプログラムが目白押しです☆

2013年04月07日

 道新ブログがスタートした2007年から、今年で7年目の執筆に突入。

 7年間、道産ワインや身近な出来事に触れながらの投稿で、
ふと、“心の贅沢”を感じていただけるようなブログを書かせていただいてきました。

 今年度も更新が完了し、今年も1年お世話になります。
 改めまして、1年間どうぞよろしくお願い申し上げますm(_ _)m


 北海道、札幌中心部はやっと、春の気配を感じる気候となってまいりましたね♫♫

 4月といえば、雪解けとともにイベント本番シーズンへ向かう時期であり、
またワインづくりにおいては、雪解けを待って、
いよいよ苗木の定植、剪定が始まります。

 いろいろな意味で1年の新たなスタート、息吹を感じずにはいられない、
みなさまにとって気持ちが高翼する時期ではないでしょうか^^


 札幌大通公園では、雪解け後、まさに、新年度イベントのスタートとなるのが
5月の「さっぽろライラックまつり」。

 大通公園7丁目の噴水広場では、2005年から開催をスタートした
『ライラックフェスティバル ワインガーデン』が、今年9年目を迎えます。


 今年からは、これまで以上に素晴らしいメンバーの方々が
この企画をさらに盛り上げ、運営なさることとなりました。

 私は現場運営から離れ、いち消費者として「ライラックワインガーデン」が
今後も大きく発展してゆくことを、心から願い、見守ってまいりたいと存じます。

 
 「大通りは花とワインのテーマパーク」をコンセプトに掲げ、
ワインカラーでもあるライラックのお花とワインで笑顔が広がる、
そんな札幌ならではのワイン文化を創造したい、との思いで
いちからスタートした2005年を改めて振り返ると、
これまで、本当にいろいろな良き経験をさせていただきました。


 北海道産ワインがまだまだ見向きもされない時期に
大通公園で「ワインガーデン」をスタートさせてくださった関係者の皆さま、
資金ゼロからのスタートではありましたが、持ちつ持たれつで
一緒に汗を流し、ときには叱咤激励をいただきながら一緒に育ててくださった
関係業者のみなさま、そして、市民権を得るプログラムに育ててくださった
お客様に、とにかく感謝の気持ちでいっぱいです。

 この企画を立ち上げた一人として、
この場を借りて、心から御礼申し上げます。

 そしてまた、これから更にこの企画を大きくし、盛り上げてくださる方々へ、
同じく感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。

 多くの方々が魅力的と思ってくださるコンテンツに育ったのだなぁ、と、
改めて感慨深く思う日々です。


 どうそ皆さま、今年も「さっぽろライラックまつり」内
『ライラックフェスティバル ワインガーデン2013』へ
是非、足をお運びくださいませ!!

 北海道はこれからまた、道産ワインの消費拡大に向けて
新たな本番の時期を迎えております。

 道産ワインが、全国的に注目されてきつつある今、
まさに道内外の消費を目指し、海外への販路拡大を視野に
北海道ならではの道産品との食べ合わせ文化、北海道ならではのワイン文化を
今後も発信、手がけてゆきたいと存じます。


 これまでの思いが、また少し前進する、目標に近づく手応えを感じる
私にとっても新たな季節。
 そのような思い、今後の展望は、
是非 こちら をご一読いただけましたら幸いです☆

 北海道産ワインの消費拡大に向けて、新たな仕掛けも準備しつつ、
飽くなき挑戦は、こちらの道新ブログでも引き続き、ご案内をさせていただきますので、
これからもお付き合いのほど、
どうぞよろしくお願い申し上げます☆彡

wg201201.jpg
NCM_0481.JPG
%E7%94%BB%E5%83%8F%204977.jpg

◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 


 

新年度に突入!待ち遠しい春の到来にオススメの【さっぽろ藤野ワイン】はこちらです☆

2013年04月01日

 今日から新年度に突入ですね。

 あっという間の4月1日、
エイプリルフールという言葉も忘れてしまうくらい、
街なかは人で溢れかえり、
新社会人の方々の眩しいスーツ姿もたくさんお見受けする一日でした。


 北海道もいよいよ、これから春に向けて
イベント本番の待ちに待ったシーズンが到来です♫


 この春に、私のおすすめワインはこちら!

 歓迎会やお祝い用のお家ワインにピッタリの銘柄で、
さっぽろ藤野ワイナリー「KOHARU(こはる) ロゼ」です。

 3月29日に2012最新ヴィンテージが発売となりました!


 「こはる」という名前からは小春日和を想像させますが、
それ以上に感慨深いのは、ワイナリーのオーナー伊興部淑恵(いよべとしえ)さんの妹、
興子(ともこ)さんのお孫さんの名前をつけたワインであること。 

 数種類のブドウをブレンドし、華やかな果実味、フルーティで爽やかな辛口タイプ。

 やや微発泡している銘柄の印象が強く、
幸せのロゼカラーによる、フレッシュなシーズンのお祝いにピッタリの
おすすめワインです。


 さっぽろ藤野ワイナリー「KOHARU ロゼ
 よろしければ、ぜひこのシーズンにお試しくださいませ☆彡

NCM_0406.JPG

◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 


プロフィール

abe-prof.jpg

阿部さおり
室蘭市出身。大学を卒業後、FMラジオ局での番組制作を経て独立。 (有)インターリンクジャパン代表取締役として「観光」「食」「音楽」をメインにしたイベント企画業務を行う。地域資源や文化交流を通して、北海道の産業活性化をオリジナルの視点でコーディネートする企画プランナー。 情報誌の編集・発行も手掛ける。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック