« 2012年02月 | メイン | 2012年04月 »

【千歳ワイナリー】ケルナーとピノ・ノワールの垂直テイスティングなひととき☆

2012年03月29日

 今年度も、あと残り2日。

 早くも、1年の1/4ヶ月が終了しようとしております。(本当に、はやいっっ


 1日1日を、精一杯過ごしていると、必ず、
よいこと、よい時間・・・が流れてくるものですね☆彡

 今年は私にとって、これまでにないくらい、
特別な1年となりそうな気がしています。


 クロスホテル札幌で毎月1回開催している
大人のライフスタイルセミナー、食とワインで地産地消を語る
「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」。

 今月のテーは『千歳ワイナリー』特集で開催いたしました。


 東京ではお花見シーズン到来のこの季節。

 アメリカでは日本から ワシントンに桜が贈られて
100年目を迎える記念年。

 今回、千歳ワイナリーからは、4月に発売となる
お花見にピッタリの「ピノ・ノワールロゼ」をはじめ
4銘柄が登場です。

 セミナー講師は、工場長でワイン科学士の称号をお持ちの
青木 康宏(あおき やすひろ) さんです。

aca12.JPG
aca07.jpg


 まずは今月の、クロスホテル札幌レストランagora、
西原和彦総料理長 考案のメニューによるワインディナーを、
いっきにFrash Back!!!
aca18.jpg
aca13.JPG
aca11.jpg

 一品目「帆立・海老・春キャベツのマリネ エルバステラを添えて」
 春の香りいっぱいのRESIRA「ピノ・ノワール ロゼ」とともに。
 こちら、4月に390本限定発売。しっかりとした酸が北海道のやや冷たい
春風をイメージするスッキリタイプ。甘いアロマです^^
aca06.jpg

 二品目「ルーコラセルバチコと鴨胸肉のサラダ 熟成バルサミコとグラナパダーノ」
 北ワイン「ケルナー」甘辛口
aca05.JPG

 パスタ「パンチェッタとマーシュのアマトリチャーナ 唐辛子を練り込んだ自家製タリアテッレ」
 北ワイン「ケルナー2006」辛口
aca04.jpg
aca16.JPG

 メイン「牛ホホ肉の赤ワイン煮込み パース二ップのピュレ マッシュポテトとカーボロネロを添えて」
 北ワイン「ピノ・ノワール2009」ライトボディ
aca03.jpg
aca09.jpg
 
 実は今回の有料1コインワインコーナーでは
「ピノ・ノワール2008」残り12本のうちの3本をテイスティングとして
お出しさせていただきました。
 ミディアムボディのまろやかさが印象的です^^


 デザート「苺のシャルロット 桜のフロマージュブランのソルべ」
 春を呼ぶ、華やかな彩りが鮮明なスイーツ、お味もSo Good!!
aca02.jpg
aca10.jpg

千歳ワイナリーの歴史ともいえる「ハスカップスイート」も有料テイスティングとして
特別に1本のみご用意をさせていただきました。


 更に、お気づきの方もいらっしゃるかと存じます。

 今回メニューには、イタリアン野菜がふんだんに使われていましたが、
恵庭「恵みの庭 柴田農園」柴田照子さんにご登場いただき、
柴田さんが栽培を手がけるお野菜だけではなく、オリジナルジェノベーゼソースを
特別に直販させていただきました。

 柴田さんご夫妻は、北海道における西洋野菜の栽培家として
先駆けとなった方です。
 私の今夜は、ジェノベーゼパスタに決まり~~~♪♪

aca19.jpg


 今月の「ワインなひととき」
 いかがでしたでしょうか。

 どうぞ来月も楽しみに、ご参加くださいませ!

 詳細は、まもなく コチラ でご案内をさせていただきます。

 今月も、ご参加をいただきました皆さま、
大変ありがとうございました。

 来月も、皆さまのご参加を心より、
楽しみにお待ち申し上げております☆彡


.

◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 


【アル・ケッチァーノ】奥田政行シェフによるトマムでの最後の晩餐☆

2012年03月25日

 強行スケジュールで、
行ってきました!

 1泊2日、山形県庄内産イタリアンを提唱する
アル・ケッチァーノ」、奥田政行シェフによる
トマムリゾートでの、今シーズン最後の晩餐会です。

 奥田シェフとは、
いろいろな方たちのお引き合わせにより
北海道産のワインについて、昨年から
情報交換をさせていただいております。

 奥田政行シェフ、
今年5月22日には、あの!東京スカイツリーに
新店舗をオープンなさるそうです!(行きたいっっ


 今回の奥田シェフによるアル・ケッチァーノ ディナーでは、
北海道産ワイン10銘柄をお持ち込みさせていただきましたが、
即興によるメニューが飛び出しました!!

 特にコチラのメニューの数々、、、驚きです☆彡

 瀬棚の西田船長がお持ちくださったボタンエビと「月浦ワイン」ミュラートゥルガウとのコラボ。
 シンプルな中にビターな酸がひろがり、初めての味わいです。
 (グラスは最初にいただいたさっぽろ藤野ワイナリー「ナイヤガラスパークリング」です^^
aruy05.jpg


 こちらもまた、メニューにないメニュー。
 千歳ワイナリーの余市産、ケルナー2006には
タコとチョリソーオイル、ジャガイモの食べ合わせていただきました。
 一気にお口の中が贅沢感でいっぱいに^^
aruy01.jpg


 お魚大好きな私。たらメニューには
山崎ワイナリー「ソービニヨンブラン2010」を合わせて。

 こちらのソービニヨンブラン、「道産とは思えませんね」と奥田シェフ。
 最新ヴィンテージながらこのブドウ品種らしい
柑橘、若草の香り、辛口のバランスをとても気に入っていらっしゃいました。
aruy06.jpg
aruy07.jpg


 奥田政行シェフ直々にメニューについて、
また料理や食事の楽しみ方、食の奥深さをお話しくださった
アル・ケッチァーノ@トマムリゾートなひとときでした。

 今後の様々な展開や抱負も見えて、
皆さまとともに過ごす、とても有意義な情報交換のひとときとなりました。


 アル・ケッチァーノ、
将来は、ヤク・ケッチァーノが誕生するかも???!


 奥田政行シェフ流、Sience メニューによって、
今後の私にも、様々な目標が、新たに見えてきました☆

 ご一緒させていただきました皆さま、奥田シェフ、スタッフの皆さま、
このたびもまた、貴重なひとときを、大変ありがとうございます!
 (上を向いて目標を、ゲット~~~♪♪な、目線です^^
aruy03.jpg

 Photo by H.S


.

◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 


クロスホテル札幌「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」今月は【千歳ワイナリー】特集です☆

2012年03月20日

 今月の「ワインなひととき」。

 いよいよ来週27日に開催が迫ってまいりました。

 今回は、ブランドリニューアルとなる「千歳ワイナリー」を
大特集させていただきます♪♪

 千歳ワイナリーといえば、、、
ハスカップワイン、北ワインが有名ですが、
実は今回ブランドリニューアルに先駆けて
4月に発売となる「ピノ・ノワール ロゼ」が
27日のイベントで、
いち早く!
テイスティングいただけることとなったのです(~o~)

 北海道産ケルナーやピノ・ノワールといえば
余市 木村農園 木村忠(きむらただし)さんが手がけた元祖であることは
知られていますが、
今回は、千歳ワイナリーへブドウを供給する
木村農園さまの北海道ケルナーとピノ・ノワールの
新ブランドもご用意をさせていただけることとなりました。

ケルナーとピノ・ノワールを
徹底的に飲み比べていただきます^^

 詳しくは、 コチラ !!!

 
 更に、恵庭でイタリアン、西洋野菜の栽培に取り組む
恵みの柴田農園」柴田照子さんにもご登場いただき、
コース料理にお野菜を使用させていただくほか、
旬野菜の直販も行います!!


 ワインと食で地産地消を語らう大人のライフスタイルセミナー
今月の「ワインなひととき」も、どうぞお楽しみに☆
chitosew01.jpg


.

◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 


函館市にこの秋、初のワイナリー【農楽蔵(のらくら)】が誕生します☆

2012年03月15日

 函館といえば、
港まちに誕生したフルーツワインの歴史からスタートした
七飯町に工場を構える「はこだてわいん」に始まり、
2008年10月に工場が完成した「奥尻ワイン」、
乙部町に畑を構える「乙部ワイン」と、
ワイン産地が広がる比較的温暖な道南地域ですよね。

 函館市にはこの秋、
初のワイナリーが誕生します。

 その名も「 農楽蔵(のらくら) 」。

 ご存知の方も多いかと思います。


 北海道室蘭市ご出身、
フランスでブドウの栽培や醸造を学び、
昨年、北斗市に自家農園をオープン。

 オーナーの佐々木賢(ささきけん)さんが
開設する醸造施設です。


 北海道シャルドネを主体としたワインづくりを目指すという
佐々木賢さん。

 これからの、ワインづくりの動向が、ひじょ~に楽しみなお一人です。
 同じ、室蘭市ご出身ということもあり、
特別に、楽しみにしている一人です。


 佐々賢さんのワインづくりの情報は、
またこちらのブログでも随時、ご案内をさせていただきたいと思います。


 「農楽蔵(のらくら)」、
自然と共生する緩やかな響きの、素敵なお名前ですね☆

acwhh10.jpg


.

◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 


ただいま「東京は雪」☆

2012年03月10日

 FOODEX2012のイベントがあり、
東京入りしています。

 なんと、今日は「雪」の朝。

 北海道と同じくらい寒い1日となるとの予報です。


 明日は東日本大震災から1年を迎える日。

 今回、東京で過ごすこの1日は
今後の私にとって、
大変重要な機会となりそうです。。。


 このレポートは
改めて、今後のブログでご紹介をさせていただきます。


.

◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 


【いただきます】牧場直営ジンギスカン店がオープン☆

2012年03月02日

 2月11日、構想から22年を経て
ついに!ススキノにオープンした
「いただきます。」という名のお店。
aoa01.jpg


 実は北海道産純血サフォークを牧場から直接仕入れて提供する
牧場直営ジンギスカン店です。

 先日試食会に参加をさせていただきました。

 大変新境地な お味 と うま味。
 下処理にもかなりこだわる、たくさんの部位が登場しました。

 とにかく、やわらかい肉質と、とろける食感が、美味でしたっっ


 ラムのたたきを、モンゴルのお塩でいただきます。
aoa05.jpg

 ラムロースや、はじめていただく「フォゲット」のロースなどなど
盛りだくさんの品ぞろえ。
 実はお値段も大変リーズナブルで、とにかくジンギスカンがこんなにも
食べやすいイメージとは!驚きです!!
※ちなみに「フォゲット」とは・・・大まかには生後1年未満をラム、それ以上をマトン、                               ラムとマトンの間をフォゲットというそうです
aoa02.jpg
aoa04.jpg
aoa03.jpg

 
 是非ぜひ一度、足を運んで
このお味を堪能してみてください。


 ドリンクメニューにはワインもございましたが、
今後は北海道産のワインも提案させていただければな!
と、サフォークに合わせたいワインを思い浮かべる
気が早い?!私です^^

 サフォークに合わせる道産ワイン、
今からさっそく!検討中です~~~☆


 「いただきます。 」
 店舗のお名前、とても素敵ですね☆彡

aoa06.jpg


.

◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 


プロフィール

abe-prof.jpg

阿部さおり
室蘭市出身。大学を卒業後、FMラジオ局での番組制作を経て独立。 (有)インターリンクジャパン代表取締役として「観光」「食」「音楽」をメインにしたイベント企画業務を行う。地域資源や文化交流を通して、北海道の産業活性化をオリジナルの視点でコーディネートする企画プランナー。 情報誌の編集・発行も手掛ける。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック