« 2011年03月 | メイン | 2011年05月 »

今夜!道新ブログから被災地へ【土田英順さんチャリティーコンサート】開催☆

2011年04月28日

 突然ですが、二人とも、
と~っても美しい、お仕事できるステキ女子です☆

 お二人は、と~っても年齢が若く、
私にとっては素晴らしい妹達。
 ともにuhbでの報道記者として奔走し、
一人は2児の母でありながら更にお仕事を邁進、
一人は新番組「U型テレビ」を新たに担当。

 いつも素晴らしいパワーと学びをいただいております。
 いつもありがとうございますm(__)m

 3人が合流したのは6年ぶりでしょうか。
 嬉しくて、祈念撮影を☆パチッ
 (お二人には肖像権の許可をいただきました^^
  さすがに、お二人とも顔が小さい^^ わたし大きい^^;
smy01.jpg


 さて本日は、夕方18:30から道新ホール(札幌市中央区大通西3丁目)で
道新ブロガー達による被災地応援プログラム、
「土田英順チャリティーコンサート」が開催されます。

 開場は18:00、入場料は 無料 です。

 お時間がある方は、是非足をお運びくださいませm(__)m

 土田英順さんの癒しのチェロの音色、今宵もと~っても楽しみです☆

.

◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 


 


「ワインゾーネ」Vol.1 は【山崎ワイナリー】で大盛況☆

2011年04月25日

 「ワインゾーネ」という言葉。
 何?と思う方がほとんどかもしれません。

 今月23日(土)から各月で開催をスタートいたしました
新しいイベントです。
 道産ワインのある身近なライフスタイルを、
inZONEのショールームにワインを持ち込み、皆さんで、
ホームパーティ気分で和やかに味わいましょう! 企画です。

 inZONE さん、北海道のライフスタイルを提案する
と~っても素敵なインテリアショップです♪

 ステキなタイアッププログラムが実現しました。

 その第一回目は。。。
 三笠市の山崎ワイナリーから、山崎太地さんをお迎えし、
前半はワイナリーの背景やワインの紹介をお話しいただくセミナーを。
iz02.jpg

 お話しの後は、店舗へ移動して
キッチンカウンターで皆さんとともに、
山崎ワイナリーおススメセレクトをいただきながら、
山崎太地さんと直接情報交換をしていただき、
またお客様同士の交流をしていただきながらの
ラグジュアリー ワインタイムです。
iz13.jpg


 本日の山崎ワイナリー、ラインナップはコチラ!

 「シャルドネ2008」
iz08.jpg

 「ピノ・ノワール BRUSH2008」
 こちら、赤ワイン用ブドウのピノ・ノワールを使った白ワイン。
 ほんのり桜カラーがと~っても今の季節感にピッタリで、
なおかつ、やや微発泡のフレッシュな口当たりでした。
 特に女性が大喜びのお味^^
iz09.jpg

 「ピノ・ノワール2008」
 北海道でのピノ・ノワールのつくり手として、
この日も、大絶賛の味わいでした。
iz11.jpg
iz12.jpg


 開催時間がお昼時、11:30~13:30ということもありまして、
「ワインゾーネ」では軽食用オードブルをご用意して
道産ワインと道産食材を使ったおつまみとの食べ合わせを
お楽しみいただきます。

 今回のオードブルは、
北海道ライフデパートメントが運営する Life Stock さんに
お願いをしてご用意をいただきました。

 なかなか「美味しい!」とのお声を多数いただきました^^
 Life Stock さま、大変ありがとうございますm(__)m
iz04.jpgiz05.jpg
iz06.jpg

 いかがでしょうか~

 北海道産ワインのある食卓、身近なライフスタイルを提案する
「ワインゾーネ」Vol.1。
 たくさんの皆さまにご参加をいただき誠にありがとうございます。

 次回は6月18日(土)の開催となります。


 今回のレポート&次回の詳細は、改めて コチラ !にてご案内をさせていただきます。

 どうぞお楽しみに☆


.

◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 


 

【奥尻ワイン】が届きました☆

2011年04月20日

 北海道の、アジアの避暑地。

 私にはそのイメージがぴったりの奥尻島から、
NEWヴィンテージのワインが届きました。

 奥尻ワイナリー「ツバイゲルトレーベ2010」
           「セイベル13053 2010」
           「ピノ・グリ2010」


 こちらです^^
okushirih03.jpg

 「ケルナー2010」は残念ながら完売で入手できませんでした。

 でもこちら、大好きなピノ・グリを購入できたので嬉しい~♪
okushirih04.jpg


 2008年秋に工場が完成し、2009年3月に初出荷。

 奥尻の海は25mの透明度があり、潮風をいっぱいに浴びた
島国ならではのワインの味わいが人気となっています。

 ボトルには、奥尻島を囲む奇岩がデザインされていて、
銘柄の違うボトルを並べると、まるで、島を一周したかのうような
ストーリーを感じます。
 奥尻ワインならではの、こだわりのエチケットです。

 今年の6月には新たな銘柄が出荷予定とのこと。

 今から更に、楽しみです☆

 
 今日は、まだ飲みません。。まだ、飲みません。。。


.

◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 


 

今月の『和飲(ワイン)な人時間(ひととき)』は北海道産ワインの主要品種【ミュラートゥルガウ】特集☆

2011年04月14日

 新年度がスタートして何かと忙しい日々が続いています。

 最近の私の格言は「時間に追われるのではなく時間を追うようになる」

 いろいろなことが、意識の向け方でがらりと変わるものなのですね~

 
 クロスホテル札幌で毎月1回開催しているレギュラープログラム
「ワインなひととき」今月26日(火)は、これまでとまたまた趣向を変えて、
今回はブドウの品種にスポットを当ててみました。

 北海道産ワインの白ブドウの主要品種「ミュラートゥルガウ」を
各産地の銘柄ごとに、お料理と合わせて食べ合わせをお楽しみいただく内容です。


 「ミュラートゥルガウ」は、ドイツでハーマン・ミュラー氏が開発した
リースリングとグートエーデルの交配種。
 柔らかい甘みとフルーティな果実味が印象的です。

 今回ご用意をさせていただくのは。。。

 はこだてわいん「ミュラートゥルガウスパークリング」:国産ブドウ100%
am03.jpg

 余市ワイン「オリジナルブレンドミュラートゥルガウ」:
        各ヴィンテージのミュラーをブレンドした道産ブドウ100%
am02.jpg

 今回のメイン銘柄!
 蘭越町 松原農園「ミュラートゥルガウ2009」:道産ブドウ100%
 松原さんは家庭の食卓に並ぶテーブルワインにこだわり、
お家で食事とともに身近に味わうワインとしてのミュラートゥルガウを追求。

 実は、こちらのヴィンテージは既に完売で発売されていないのですが、
特別に、残り数本の在庫を集めてご用意いただけることとなりました。
 甘すぎず、フルーティでバランスの良い果実味。逸品です!
am01.jpg

 
 また今回は、ホクレン DO Beef とのタイアップ企画により、
 レストランagora西原シェフがDO Beefを使ったメニューをコースの中で
ご用意をさせていただきます。

 お肉がテーマということもあり、せっかくなので
赤の銘柄も1品、ご用意をさせていただきます。

 北海道ワインおたるシリーズ「ツヴァゲルトレーベ」:道産ブドウ100%
am05.jpg


 ほか、北海道ワイン「匠シリーズ」北島秀樹さんのツヴァイゲルトレーベ赤も
1コインワインとしてご用意をさせていただきます。


 セミナー講師には、ホクレンビーフ課でDO Beefをご担当の
木村 亮さんをお迎えし、牛肉が食卓に届くまでの背景を中心に
国産若牛からDO Beefまで、ビーフについてのいろいろなお話しを
伺います。


 今月26日(火)開催の「 ワインなひととき 」3rd Vol.8

 皆様のご参加を、心より、楽しみにお待ち申し上げております☆


.

◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 


 

ドイツ在住、浅野秀樹さんの【ヒデワイン639】はがんばろう東北チャリティーキャンペーン中☆

2011年04月08日

 とにかく、これ以上余震も、津波もこないでほしい。

 原発災害が広がらないでほしい。

 そう思い、願い、祈る日々です。


 日本出身、海外在住の皆さんも、様々な思いで
日本の今の、震災の緊急事態を感じていらっしゃると思います。

 被災地だけではない日本の危機が今であり、
日本がひとつになって前進しなければならないこれからと感じます。


  浅野秀樹さん、東京都ご出身で、
2005年の春にHIDE WINERYとしてドイツで独立なさいました。

 現在、「ヒデワイン639」に「がんばろう東北」というシールを
ワインボトルのネックに貼り、チャリティーキャンペンを展開していらっしゃいます。


 勇気と元気をいただいた、素敵なNEWSでしたので
ご紹介をさせていただきました。

 がんばろう東北!がんばれ日本!!

hidew01.jpg

.

◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 


 

『和飲(ワイン)な人時間(ひととき)』3月は、シリーズ初の海外ワインセレクトで特集いたしました☆.

2011年04月03日

 毎月1回、3年間続けてきたクロスホテル札幌「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)』。

 今回は、これまでのシリーズで初めて、海外のワインを特集いたしました。
 というのは、お客様からのいろいろなご要望をもとに考えた結果、
あくまでも道産素材をテーマに展開しながら、新たな切り口として、
海外の珍しいワインがあるときには特集を!との考えいに至りました。

 その様な中で、今回はポルトガルワインの逸品とのステキな巡り合わせが
ありましたので、東京木下商事様に大変なご協力をいただき、
All「ポルトガル&マデイラワイン」にてご用意させていただきました。

 北海道の気候に比較的近く、食材は魚介やジャガイモなどの農産物が豊かである
風土との共通点も見出しながら、今回のテーマは、
北海道産素材のスイーツとマデイラ&ポートワインを
全面で特集です。

 準備が整いました。
 さて、お味はいかがでしょうか。。。
at04.jpg
at05.jpgat06.jpg


 

 この日の西原和彦総料理長のメニュー、Flash Back!!!


 アミューズはポルトガルのお料理として定番のジャガイモコロッケを。
 一品目「魚貝を使ったジェノバ風カッペリーニ イクラとカラスミを添えて」

 ワインは大人気のスパークリングワイン、エシュプマンテで。
 気泡が大変ふくよかな「マリアゴメス」でスタートです。

 ちなみに、ポルトガル地元産のスパークリングワインは「エシュプマンテ」と呼ぶのですね。
 イタリアだとスパークリングは「スプマンテ」、スペインだと「カヴァ」、ドイツは「ゼクト」、
フランスは「クレマン」が代表格です。
at07.jpg
at08.jpg
awhk01.jpg

 2品目「滝川産鴨肉とポワロー 松の実のリゾット ポートワインソース」
 ポルトガルでは「鴨ご飯(アロース・テ・パト)」が主食であることから
西原シェフが滝川産鴨のリゾットを考案。これがまた、皆さんうなるくらいの
美味な食べ合わせとなりました。

 古くからポルトガルを代表する北側のワイン産地、Dao(ダン)の白ワイン
「キンタ ド コーレイヨ」をどうぞ。
at09.jpg
at10.jpg

 メイン「佐呂間牛のロースト フォアグラのアクセント トリュフを使ったマディラワインソース」
 ポルトガル南部のワイン産地、アレンテ-ジョの赤ワイン「マルケス デ ボルバ」との
マリアージュです。
at11.jpg
at12.jpg

 有料ワンコイン試飲コーナーではこちらをご用意させていただきました。
 1842年創業の歴史あるワインメーカー、ニ-ポートが、ブルゴーニュのエレガントな
味わいに魅了され、自社畑のブドウからスティルワインをつくり始めたという逸品。
「ヴェルテンテ」、ヴィンテージは2008年です。
at13.jpg

 本日の主役とも言えるデザイートと酒精強化ワインはこちら。
 「苫小牧産ハスカップと道産はちみつのタルト リコッタチーズと道産牛乳ジェラート」
 
 大西洋の真珠と呼ばれるリゾート地、マデイラ島の生産者、バーベイト社の
「マデイラ・スイート」です。
at14.jpg
at15.jpg


 有料試飲コーナーでは、ポートワインの「ホワイト」「ルビー」、更に!
北海道洞爺湖サミットの昼食時にデザートワインとして提供された
単一品種の10年もの、
「マデイラ・ブアル10年」3種セットで提供させていただきました。
 こちら、思った以上に皆さんに大人気でした。
at16.jpg
at17.jpg
 

 東京から、セミナー講師としてお越しくださいました
東京木下商事 の矢嶋さま、星野さま、大変ありがとうございました。

 被災地支援コンサート初日として、チャリティー演奏をしてくださいました
チェロ奏者の 土田英順 さん、大変ありがとうございました。

 
 今月の4月26日(火)の『ワインなひととき』3rd. Vol.7のテーマは、
北海道産のミュラートゥルガウ特集と題してお送りします。

 道内各地のブドウ品種、ミュラートゥルガウをセレクトさせていただき、
各つくり手のミュラートゥルガウに西原シェフがどのようなお料理を合わせて
それぞれのワインに合うマリアージュを体験させてくださるのか、こちらもまた、
これまでにない初の内容で開催をさせていただきます。

 私も、と~っても楽しみです。

 宜しければ是非!ご参加くださいませ☆

.

◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 


 

『ワインなひととき』スペシャルヴァージョンは道新ブログでお馴染み、土田英順さんのチャリティーコンサートで皆さんの心がひとつにつながりました☆

2011年04月01日

 先月の、クロスホテル札幌「ワインなひととき」は、
いつも以上に特別な気持ち、思いの中で開催をさせていただきました。

 ご参加いただきました皆さま、土田英順さん、
大変ありがとうございます。
 私が皆さまから勇気をいただいた、
とっておきのひとときとなりました。
 
at01.jpg
at02.jpg

 この日は、31名のお客様が東日本大震災義援金として
ご寄付くださいました。

 このようにたくさんの金額となりました。
 深く、感謝御礼申し上げます。

at03.jpg

 土田英順さんは、この日がチャリティーコンサートの初日でもありました。

 今後も、ますます精力的に道内各地を回られる予定です。
 土田英順さんの道新ブロ は コチラ です。


 土田英順さんによる、各地でのチェロの音色が
一人でも多くの方たちの癒しとなりますように。
 コンサートが盛況となりますように☆

 
 この日の「ワインなひととき」、開催の模様とお料理の紹介は
改めて次回のブログにてレポートをさせていただきます。

 とにかく、西原シェフのお料理は、
お客様からいつも以上に大絶賛でした☆


.

◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 


 

プロフィール

abe-prof.jpg

阿部さおり
室蘭市出身。大学を卒業後、FMラジオ局での番組制作を経て独立。 (有)インターリンクジャパン代表取締役として「観光」「食」「音楽」をメインにしたイベント企画業務を行う。地域資源や文化交流を通して、北海道の産業活性化をオリジナルの視点でコーディネートする企画プランナー。 情報誌の編集・発行も手掛ける。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック