« 室蘭やきとり【やきとりの一平】とワインのマリアージュ☆ | メイン | 今月の「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」テーマ発表☆ »

大通公園も 【桜】 が開花☆

2010年05月07日

 やっと、咲きましたね~
 札幌大通公園の桜。

 本日は最高気温16度と低めではありましたが
咲き始めたばかりの桜が美しく、思わずお写真をパチリ(^^♪
 キレイ~

oosakura01.jpg
oosakura02.jpg

 ちなみに「桜もち」の語源をご存知ですか?

 桜もちは、江戸時代、向島の長命寺で門番をしていた侍が
桜の木の落葉掃除に悩まされていて、葉を何かに使えないだろうか
と考えたことが始まりとか。

 餡(あん)を小麦粉の皮で巻いて、塩漬けにした桜の葉を巻いたのが
現在の桜もちになったのだそうです。

 そういえば、お店で見かける桜もちには2種類あるような気がしたので
調べてみると・・・

 関東風の桜もちは、小麦粉で作られた皮で餡(あん)を包むスタイル。

 一方関西風の桜もちは、細かく砕いたもち米を蒸して餡(あん)を包み、
俵型に仕上げたものが主流ということです。

 わたしはどちらかというと、関西風が好きですね^^

 また、塩漬けの桜の葉の全国シェアの70%ほどが伊豆半島の松崎町で
生産されているとの説もありました。


 桜と聞いて「桜もち」という発想。。。
 なんて私らしいのでしょう。

 できれば「桜湯」と答えたかった(~_~;)

 「桜」も「桜もち」も「桜湯」も大好きです☆

oosakura03.jpg

 

.


.

◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 


 

 

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/12100

コメント

ついに桜来ましたね~
都内では既に夏日にもなる日があったり。。。
梅と桜を一緒に見られるのが北海道の特権ですね~

桜餅のもち米タイプは北海道ならではと思ってました(汗)
私はどっちも大好きです(笑)

桜の葉の生産が意外にも西伊豆の松崎だったとは阿部さんよく調べていますね 勉強になります 松崎町は確か明治時代の建物があり 静かで綺麗な町て思いでありますね北海道はこれからがいい季節ですね

>あ~ちゃん san

今日の北海道神宮 円山公園は花見客で大賑わいでしたが、みなさま寒さに振えながら飲んでいましたよ。

桜もちでも食べて、暖かい春の雰囲気を味わいますかね~(笑

>rubaiyat san

松崎町へ行かれたことがあるのですね。
rubaiyatさんこそ、知らないことがないくらい、
いろいろな情報にお詳しく、いつも感嘆しております。

桜の葉の塩漬けは、あの香りが独特で印象的ですよね~

待ちに待った桜ようやく咲きましたね!とても綺麗ですね~心がうきうきしてきます。
桜餅二種類あるのは 解っていましたが 何も考えずにどちらも頂いてました、またまた勉強になりました 阿部様有難うございます。

プロフィール

abe-prof.jpg

阿部さおり
室蘭市出身。大学を卒業後、FMラジオ局での番組制作を経て独立。 (有)インターリンクジャパン代表取締役として「観光」「食」「音楽」をメインにしたイベント企画業務を行う。地域資源や文化交流を通して、北海道の産業活性化をオリジナルの視点でコーディネートする企画プランナー。 情報誌の編集・発行も手掛ける。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック