« 2010年01月 | メイン | 2010年03月 »

ROCHIOLI(ロキオリ)ワイナリーの【ピノ・ノワール】

2010年02月27日

 昨日は、浅田真央選手銀メダルに私まで、
悔し涙を流しながらも、女子フィギュアスケート史上、
最大ともいえるハイレベルな競技内容に、改めて感動する日々でした。

 気持ちは少し、落胆しておりましたが・・・
 1日の締めに、素晴らしいワインとの感動の出会いがあり、
気持ちよ~く、眠ることができました。。。

 ROCHIOLI(ロキオリ)は、正式名称「ロキオリ・ヴィンヤード&ワイナリー」。
 ロシアン・リヴァーを代表する葡萄栽培家であり、ワイナリーの醸造家ということです。

 昨日はまさに、こちらの「ピノ・ノワール」をごちそうになりました。

wine07.jpg

 何とも言えない、バニラの香りに程良い硬さ。
 でもデキャンタージュすることで、あっという間にまろやかさが重なっていき・・・

 わたくし、ワイン専門家ではございませんので表現に乏しいのですが、
とにかく、久しぶりに素晴らしい「ピノ・ノワール」の味わいを堪能させていただきました。

wine08.jpg

 「ロキオリ ピノ・ノワール ロシアン・リヴァー 2006」

 こちらの'06産は、貴重なバックヴィンテージで、
ピノ・ノワールはロキオリのいくつかの畑から特別に選んだ葡萄を使用。
 15ケ月フレンチオーク熟成なのだとか。

 悲喜こもごもの、味わい深~い1日となりました。。。


 明日のフィギュアスケート エキシビジョン、と~っても楽しみです☆


.


.


◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 

 

「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」Vol.6は鶴沼ワイン特集☆

2010年02月25日

 明日のフィギュアスケート女子フリー開催まであと何時間??

 待ち遠しくてたまりません。

 また「ほろかない」さんへ行き、おそばランチをいただきながら
TV観戦する予定です^^


 さて先日は、2月23日(火)に「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」、
2ndシリーズのVol.6が開催されました。
 北海道ワイン、浦臼町の鶴沼ワインとスパークリングを特集させていただきました。

 ウェルカムドリンクは、クロスホテル札幌「レストランagora」スタッフが
小樽の冬、運河の雪景色をイメージして泡雪のような白いスパークリングカクテルを
ご用意くださいました。
 ハートの柚子の皮を飾り、思わず身体が暖かくなるような柚子テイストの泡のカクテル!
 (ステキ~ 

whsn01.jpgwhsn02.jpgwhsn03.jpg

 では本日の講師、北海道ワインシニアソムリエの阿部眞久さんにご登場いただき
和やかに食べ飲む「ワインなひととき」スタートです!

whsn06.jpg

whsn04.jpg

 本日も、agoraのスタッフ、AYAさんが鶴沼の畑のイラストをデザインしたメニューカードを
作成くださいました。

whsn07.jpgwhsn08.jpg 


 北海道ワイン阿部ソムリエは、鶴沼のワインとお料理との食べ合わせについて、
具体的にフランスの田舎料理のメニューなども取り上げながらお話をしてくださいました。

 その食べ合わせのお話に答えてくださるかのように、今回のお料理は
北海道産の食材として、冬の味覚や田舎料理をアレンジした内容でシェフがchoice.
 メニュー作成はさぞ、大変だったかと思われます。
 (リチャードありがとう~~~


 agora料理長、リチャードcef.による本日のメニュー、さっそく
 Frash Back!!!

 一品目「前菜盛り合わせ4品」に合わせては「鶴沼ヴァイスブルグンダー」を。
whsn09.jpgwhsn10.jpg

 二品目「佐呂間牛とトマトのラグーソース リガトーニ 小樽有機ほうれん草とグラナ・パダーノ」
 合わせるのは「鶴沼ヴァイスブルグンダー」木樽熟成タイプ。
 内閣総理大臣賞受賞記念として限定3,200本にて販売されたワインです。
whsn11.jpgwhsn12.jpg

 メインは「ノルウェイサーモンのグリル 舞茸クリームソース ブロッコリーニのフリット添え」
 「ピノ・ノワール2005」との相性は、やや苦味のあるピノがクリームソースとのマリアージュで
風味がほどよく、なめらか~な口当たりになりました。
whsn13.jpgwhsn14.jpg

 最後のデッセールは「カシスと赤いフルーツのスープ仕立て ナイヤガラのジェラート添え」
 なんと、「おたるスパークリング ロゼ」との味わいは、ロゼのみだと甘口タイプの
デザートワインなのですが、スイーツの甘さと融合して辛口スパークリングに変身!
 食とワインの食べ合わせ、味覚の変化を、最後まで、楽しむことができたのではないでしょうか!!

whsn15.jpgwhsn16.jpg


 有料ワインは「初しぼり 微発泡赤ワイン」と内閣総理大臣賞受賞記念による限定発売の
赤ワインです。
 比較的しっかりした赤ワインの味わいは、ピノ・ノワールと飲み比べながら
お楽しみいただけたようです^^

whsn17.jpgwhsn18.jpg

 まだまだ続きます。
 今回、2ndシリーズVol.1~Vol.6まで続けてご参加いただいたお客様には、
とっておきのグラスワインを会員特典としてプレゼントさせていただきました!

 「雪摘み ケルナー」は、香りは甘く、のど越しは甘みが後に引かない
すっきりとした後味のアイスワインで、かなり贅沢感がございました^^
 ちなみに小売価格は1本5,250円だそうです~(Ohhh

whsn19.jpg

 

 思い思いにワインと食の食べ合わせを楽しんでいただいた
和やかに、食べ飲むひとときはあっという間に今回もClose Time.

 今月も、ご参加をいただきました皆さま、誠にありがとうございました。

 来月は3月23日(火)の開催です。
 女性お一人のご参加でも気軽に楽しんでいただいているプログラムです。

 詳しくは コチラ !

 皆さまのご参加を、来月も楽しみにお待ちしております☆
 
.


.


◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 

浅田真央選手に、とにかく涙☆

2010年02月24日

 今日も朝から早起き。
 なぜなら、バンクーバーオリンピックでいよいよ、女子のフィギュアスケート
ショートプログラムが行われるからです。(4:30に目が覚めてしまったわ^^;

 昼は、やはり、そわそわして仕事がどうしても、手につきません。

 そこで、事務所ビルにあるお食事処「ほろかない」さんへ行き、
テレビを観させていただきました・・・実況をTV放映していたのですっっ

 (「ほろかない」の皆さま、お茶だけでしたのに、
  本当にご親切にありがとうございますm(_ _)m

 とにかく、これまでの試練を乗り越えたといってよいくらい、
素晴らしい演技でした。。。

maov01.jpgmaov03.jpg

 思わず・・・(涙

 なのに~!!!
 キム・ヨナ選手は4ポイント以上で現在、暫定1位。

 大丈夫です。
 フリーの演技では、真央選手は必ず1位を獲ります!
 今日以上に完ぺきな演技となるわわわ~

 今日の衣装は、今回のオリンピックに向けて、自分でファッション誌などを参考に
しながらデザインしたという記事がありました。

 落ち着いていますね。

 明後日のフリープログラムは、楽曲の荘厳さと真央選手の内面から溢れ出る
信念、POWERを一緒に感じさせていただきたいと思います。

 ということで、昨日開催された「ワインなひととき」のレポートは
次回にご紹介をさせていただきます。

 「ほろかない」さん。
 住所は札幌市中央区北1条西7丁目3番地おおわだビル地下1階
 TEL011-222-6866

 おそば中心のランチですが、たいへんボリュームがあり
人気のお店です。夜はそば居酒屋に大変身なのですね!
 コチラも、機会がございましたら是非、足を運んでみてください。

maov02.jpg

 そうこうしているうちに、いよいよ最終滑走の安藤選手が登場し・・・
 終わりました!

 浅田選手2位、安藤選手4位、鈴木明子選手11位。

 とにかく浅田真央選手、明後日は優勝です☆☆☆

.


.

◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 
 
 

「Vio ワイン」ってまだまだ奥が深~い!

2010年02月23日

 先日、とあるお店でいただいたコチラの「ビオ ワイン」をご紹介させていただきました。

 「シャトー・スビル・レゼルブ」。 
 tagin04.jpg

 お店のシェフソムリエに「ビオ ワイン」ってどういうワインのことを
言うのでしょうか、と改めて伺いましたところ・・・
 ブドウを栽培する生産者の農法によって各自が自然派ワインであることを
申告できるとのこと。

 有機栽培のブドウからできるワインは自然派ワイン、オーガニックワイン、ビオワインと
いわれます。
 そこまではなんとかく分かったのですが、もう少し何かありそう・・・と調べてみました。

 EUで定められた加盟国共通の基準で、ビオワインとして認定するか審査されるのですね。
 ビオ ワインを認定する団体はEU以外にも多数あり、ワインの原料であるブドウが
「ビオロジック」や「ビオディナミ」の各農法で栽培されていれば
「ビオ ワイン」と表示することができるとのことです。

 ちなみに「ビオロジック」は、化学合成された肥料などを使用しない
自然環境に配慮して作られたワイン。
 「ビオディナミ」は、ビオロジックの取り組みに加えて、1924年に人智学者の
ルドルフ・シュタイナーが説いた植物と天体の関連を体現した農法の葡萄から作られたワイン。
 畑を取り巻く生態系を最も重視したブドウ栽培農法です。


 ただ実際に出来上がったワインが完全に無添加であるとは限らず、
ワインの醸造過程で添加物が必要とされる場合もあり、ビオワインの呼び方でも
まったく添加物が認められていないわけではないとの説。

 う~ん、更に奥が深くなってきました。。。

 そういえば、北海道のワイナリーで「ビオ ワイン」といえば、
私はコチラがすぐに思い浮かびます!
 岩見沢、栗沢町の「ナカザワ ヴィンヤード」さんです。

 nakazawavin01.jpg

 昨秋、ワイナリーへ伺わせていただきましたが、
農薬を使わないので害虫の被害が大変だとのお話を伺いました。

 2009年のブドウは思った以上に収穫が少ないとのことでしたので少し心配・・・
 とにかくナカザワさんの最新アイテムの出荷が今から待ち遠しくてたまりません。


 ブドウ作り、ワインづくりは、まさに「農業」ですね。
 今更ながら、改めてワインづくりの奥の深さに美意識を感じている日々です。


 さて今日はこれから「ワインなひととき」本番。
 北海道ワインの阿部シニアソムリエがご登場くださいます。

 コチラのレポートは改めて、次回のブログにてご紹介をさせていただきます☆


.


.

◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 
 
 
  
 


 

札幌ドーム「展望台コンサート」のひととき

2010年02月22日

 先週末、札幌ドーム展望台ではコンサートイベントが開催されました。

 展望台の通常営業は10:00~14:00までですが、この日は夕方から夜にかけての
ロケーションを眺めながら、ハート音楽院アンサンブルによる演奏が展望台内に響き渡りました。

 とにかく、月がキレイでした。
dc01.JPG

 雰囲気は、イルミネーションと夜景のコントラストがロマンティックですね。
dc02.jpgdc03.JPG


 大人500円、中学生以下無料、ワンドリンク付きということで、
ソフトドリンク以外にワインも提供されておりました。
 サッポロビールさんが協賛しているのですね。
 

 ただ、せっかくのロケーションなのに、なんとなく物足りなさを感じつつ
展望台コンサートのひとときは終了。

 この手のイベントは、率直に言って難しいです。
 コンセプトって、非常に重要だなぁと、改めて実感いたしました。

 場所も雰囲気も、と~っても新感覚なのですが・・・

 いろいろ勉強をさせていただいた、展望台コンサートのひとときでした。


 今年の札幌ドームは、スポーツも含めていろいろな意味で熱くなりそうですね。
 今から、か~なり楽しみです☆

.

.

◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 
 
 
  
 

【「タジン鍋料理」 と 「ビオ ワイン」】

2010年02月21日

 モロッコの料理、「タジン鍋」をご存知でしょうか。

 アフリカのモロッコで使われている調理器具のひとつ。
 大きな三角蓋の土鍋の名称です。

 東京では3、4年も前から「タジン鍋」専門のお店がOPENし、
女性の間で大人気とのニュースを以前に耳にしておりましたが
札幌にも登場しています。

 北海道、札幌で初めて「タジン鍋」料理を出したというお店はコチラ!

  「The Wine Club 」です。

tagin01.jpgtagin02.jpg


 こちらのシェフ・ソムリエやスタッフの皆さまには大変お世話になっております。
 先日、久しぶりに伺わせていただくと、「タジン鍋」コースを発見!
 お値段もと~ってもリーズナブルで、早速いただいてみました。

 さすが、「ル・クルーゼ」のタジン鍋です。
 「ル・クルーゼ」はフランス生まれの機能的な鋳物ホーロー製品を生み出してるメーカ-。
 私の周りでもファンがたくさんおります。

 なるほど、タジン鍋は蒸籠のような「蒸し料理」とでもいいましょうか。 
 旨みをそのまま逃さず、余分な脂が省かれるので、とってもヘルシーな味わいです。
 (女性に人気なのが納得!

 ドレッシングが、決め手になる料理でもあります。

 鍋さえあれば、お宅でも手軽に楽しめるお料理ですね。
 (まずは鍋をゲットしなくてはっっ


 ちなみにシェフ・ソムリエがその日、タジン鍋に合わせておススメしてくださったのが
こちらの「Vio ワイン」。

 「ビオ ワイン」とは無農薬有機農法のブドウで造ったワインのことで、
ビオロジックワインとビオディナミワインに分類できます。

 ビオロジックワインは、化学肥料や化学合成肥料などを使用しない生産者が、
無農薬で栽培した葡萄からできたワインをいいます。
 自然環境に配慮して作られたワインだとか。
 本来、酸化防止剤はワイン醸造で必要不可欠といわれていますが、
ビオロジックのワインでは基本的に使用しません。

 一方、ビオディナミワインは、植物と天体の関連を体現した農法による生産者の葡萄から
作られたワインをいいます。
 ビオディナミでは畑を取り巻く生態系を最も重視し、化学薬品・肥料を否定するとのことです。


 この日のビオワインは「シャトー・スビル・レゼルブ」。
 辛みと酸味が強いミディアムタイプでしたが、タジン鍋のあっさりテイストには
ほどよい口当たりのマリアージュとなりました。

 「タジン鍋」、とにかくヘルシーな味わいがたまりません。

 札幌で「タジン鍋」料理なら、「The Wine Club」が か~なりおススメです☆

tagin03.jpg


 
 

.

.

◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 
 
 
  
 

【マルヤマン】???

2010年02月19日

 「マルヤマン」一体なんだろう???

 円山動物園のお打ち合わせの帰り際、見つけました!

maruyaman01.jpg

 マルヤマンとは、本名 円谷満 (つぶらやみつる)さん。
 年齢は50歳
 5月5日生まれ
 職業は円山動物園の飼育員
 特技は動物の観察なら誰にも負けない


 札幌円山動物園の飼育員を代表する最新キャラクターだそうです。
 知りませんでした。(もしかしてわたし、遅れていますか・・・?

 普段は無口でテレ屋な男前
 「シーク・イン!」すると動物たちを愛する「マルヤマン」になる
 好きなものは仕事の後の缶コーヒー

 とあります。
 詳しいプロフィールは コチラ をどうぞ。

 
 なんと、2月17日に北海道限定で「マルヤマンのテーマ」がリリースされています。

 確かに、円山動物園内にもいろいろな場所に「マルヤマン」が登場しています。

 
 飼育係の方の、動物への愛を歌うハッピーソングなのですね。
 動物を愛する言葉なのですね。

 「シーク・イン!」

 円山動物園で、是非、「マルヤマン」を見つけてみてください。。。

 
 

.

.

◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 
 
 
  
 

【メルロー】という品種のワイン

2010年02月18日

 大好きなワインですが、中でも
「メルロー(Merlot)」という品種がとってもお気に入りです。

 とあるお店でいただいたコチラのメルローは衝撃的でしたっ

 swine02.jpg

 なぜかというと・・・
 とにかくお店で飲むには超リーズナブル。
 しかもやや冷やして飲んでもよさそうなくらい、軽いタッチではありますが、
まろやか~な風味でバランスが良いのです。

 メルローといえば、代表的な産地はフランスのポムロール地区ですが、
こちら「ドメーヌ・ペッシュ・ ロ-リエ」は地中海に近い南西部、ラングドック地方の
メルローです。


 ちなみにメルローワインの最高峰としては、ポムロールでつくられる
「シャトー・ペトリュス」が有名ですよね。
 (すばらしいお値段で、一度しかお口にかかったことはございません ^^;

 
 今やメルローは世界的に流行していると言えるブドウ品種でもあり、
実は北海道産のワインも、メルローを主体とした銘柄が登場しております。

 昨年4月に初出荷したばかりの奥尻ワイナリーでメルローがつくられていますが、
現在全アイテムが完売中という奥尻ワイナリー。
 次なるリリースは3月31日を予定しているとのことです。

 メルロー2009は今年の秋頃に出荷予定とか。

 機会があれば、国産・道産メルローを飲み比べしてみたいと思います☆


.

.

◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 
 
 
  

【フィギュアスケート】子どもの頃が懐かしい・・・

2010年02月17日

 只今、バンクーバーオリンピック、男子フィギュアスケートのショートプログラム開催中。
 先程からお仕事が手につきません。
 (ブログを書き終わる頃には、競技は終わっているかな??

 高橋大輔選手、現在あのステファン・ランビエールさまを寄せ付けもせず第2位につけて
おります!自己ベストの演技です。素晴らしいわっっ

 あ~っっ、ショートプログラム終了!
 高橋選手、3位発進です!!すばらしいっっ


 子どものころはウィンタースポーツが大好きで、よく裏の山でスキーを滑って
おりました。もちろんスケートも大好きで、スケートリンクへ姉と出かけたものです。

 美しいもの、キレイなものを見るのが大好きなので、今はフィギュアスケートの
試合を観戦するのが楽しみのひとつ。

 
 札幌の大通公園でも、冬になると期間限定で西1丁目にスケートリンクが登場し、
地元や観光客の皆さまがこのように楽しんでおられます。
 子どもの頃が懐かしいなぁぁ

 fis01.jpg

 調べてみました、「フィギュアスケート」誕生の歴史・・・

 世界で最初に生まれたスケートクラブはスコットランド、エジンバラで、
その後、アメリカでどんどん盛んになり、1864年にはアメリカで、
第1回全米フィギュアスケート選手権大会が開かれたということです。
 この大会で、フィギュアスケートの父とよばれるジャクソン・ヘインズが
最初の優勝者となり、スケートに伴奏と振付を付けることに成功したのだそう。

 フィギュアスケートは第二次世界大戦まではオーストリア、ドイツ、イギリスが
世界をリードして、戦後はアメリカ、カナダが進出、ソ連解体後の現ロシアが
ペア、アイスの分野で優秀なスケーターを輩出してきたということです。

 そう、本日SP1位のオリンピック復活者、プルシェンコさまは、まさにロシアの方ですね。

 日本では第二次世界大戦後、1950年代後半から欧米各国との
スケート交流が盛んになって、1972年(昭和47)に開かれた札幌オリンピック大会や
1977年に日本最初のフィギュアスケート世界選手権大会が東京で開かれました。

 前回、トリノオリンピックでの荒川静香さんの金メダルは、まだまだ記憶に新しい
ところですが、今回のバンクーバーは、それ以上に男女ともメダルを狙える選手が
参加しているとあって、最も楽しみにしている今回の、オリンピック競技の一つです。

 
 本日の男子フィギュアスケートSP、高橋大輔選手は3位発進です!!!

 フリーは日本時間で19日(金)。
 今からと~っても楽しみです☆☆☆

.

.

◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 
 
 

【手亡(てぼう)】やっと入手☆

2010年02月16日

 「手亡(てぼう)豆」をご存知ですか。

 別名「白いんげん」。
 明治時代に北海道の十勝地方で栽培されたのが始まりで、
大正時代には網走、上川地方へ普及したという、良質なお豆の一種。

 先日、お料理教室の先生が教えてくださったお豆を、
我が社のお客様が探してきてくださり、販売ショップを教えてくださいました!

 tebo01.jpg

 札幌市内の「十勝正直村」販売店で売っていたそうです。
 ちなみに十勝正直村は、私も大好きな帯広のお豆腐店です。
 

 こちらの「手亡」。
 ネーミングがなんとも不思議だなぁ~と思い、調べてみましたところ・・・
 
 つる性の植物でありながら、支柱にする支えがいらないことから、
「手亡」の名が付いたとされているとか。

 白い色がとにかく美しい白いんげん豆です。
 北海道東部の訓子府町では、世界中で二人しか栽培していないという
銀手亡(ぎんてぼう)」を、完全自然農法で生産している方もいる模様。

 最近では和菓子などにもよく使われているのですね。
 お豆を戻す際に少し時間がかかりますが、一端煮てしまえば
あとは万能豆と様変わり!サラダやスープにとても合います。


 豆って、身体に良いですよね~
  
 私の三大好物は、「豆」「ゴマ」「お酢」。
 いや~、聞いているだけでヘルシーですね~~~

 そろそろ良いお歳なので・・・何かと健康には気を付けております^^
 人生お仕事も楽しみもこれからが本番本番(ho ho ho・・・
 体調管理をしっかりしなくてはっっ


 お豆バンザイ(^O^)/

.

.

◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 
 

 

 
 
 

「ワイン ラヴァーズ ナイト」復活☆

2010年02月15日

 全てのシャンパン、ワインメニューが半額となる
「ワイン ラヴァーズ ナイト」をご存知ですか?

 クロスホテル札幌3階「レストランagora(アゴーラ)」で昨年開催された
ワイン好きの方へお届けするスペシャル企画。

 昨年大好評だったことにより、今月2月に復活いたしました!

 毎月週に1回、金曜日に開催されます。

 実は昨年、「ワイン ラヴァーズ ナイト」へ一度も伺うことができなかったので
今年は早々に先日、伺わせていただきました。

 シャンパンはパイパーに始まり、イタリアワインを中心に「サッシカイヤ」のセカンド、
またバレンタインデー&ホワイトデーにプレゼントとして好まれる「カロンセギュール」や
ナポレオンがこよなく愛飲したという「シャンベルタン」などなど・・・

 「これって原価でしょ~??!」というお値段のものばかりで
嬉しすぎます。
 (当然、こんなに空いちゃうわけでして・・・

 wln03.jpg

 と、ここはお間違いなく!

 お客さまのお誕生会ということもあり、大勢の人数でしたので
このボトルの数です。
 一人分だと、せいぜい3~4杯程度でしょうかねぇ^^;

 それにしても、価格、飲みごたえ、満足度、全ての内容に不足はございません。


 今回飲んだ中では、こちらのボトルデザインが珍しく、ひときわ目立っておりました。
 (高倉さん、素敵なおススメをありがとうございます^^

 イタリアワイン「VOGA」、昨年9月8日(火)から全国で新発売となったサントリーの
新しいアイテムです。

 何ともスタイリッシュですね~コスメティックのようなデザインにも見えますね。

 wln02.jpg


 クロスホテル札幌3階「レストラン agora(アゴーラ)」で今月2月より開催再スタートの
ワイン ラヴァーズ ナイト」、まだという方は体験の価値ありです。

 お食事は3,980円と5,800円の2コースのみ。
 シャンパン&ワインはメニュー表示価格よりすべて半額となっております。

 是非一度、お試しくださいませ☆


.

.

◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 
 

 


 

 

St.バレンタインデー【感謝の気持ちを伝える日】☆

2010年02月14日

 義理チョコなどというものを買わなくなってから、ず~いぶんと長い年月が
過ぎておりますが、昨年から、また復活しております。

 義理チョコではなく名付けて「感謝チョコ」。

 消費低迷にあっても「贈答品」のチョコレートは不況知らずの売れ行きだ、との
ニュースを耳にしておりますが、昨年から、私の義理チョコは
「感謝のチョコレート」に生まれ変わりました。

 今年の感謝のチョコレートはこちら!

 sbt01.jpg

 GODIVA(ゴディバ)の「ジェムズ」シリーズです。

 「ジェムズ」とは「お手軽な」「身近な」という意味で、親しい方への身内感覚のプレゼント
としての意味が込められているそう。
 お値段も、なかなかお手頃価格です。

 大変大人気の商品で、バレンタインデー限定商品として入荷したアイテムだとか。


 バレンタインデーに、好きな人への思いを込めてチョコレートをプレゼントする習慣は、
19世紀中期から20世紀初頭のイギリスで始まったといいます。
 もともとはローマ皇帝の迫害下で殉教した聖ヴァレンティヌスに由来する2月14日。

 日本では、1936年(昭和11)と52年(昭和27)頃、
神戸の「モロゾフ」がチョコレートを贈る風習の移入を計画。
 その後、関東で1958年に東京の洋菓子商「メリーチョコレートカンパニー」により
女性が男性にチョコレートを贈る風習が始められ、年々盛んになっていったということです。


 何事も、自分の思いや、また感謝の気持ちを素直に伝えることは
ときにはと~っても勇気のいる場面もあるかもしれませんが
とても大切なことですよね。

 年に一度のSt.バレンタインデーに、とっておきの気持ちを
チョコレートに託して表現する記念日。

 改めて、素敵な習慣なのだなぁ・・・と気付いた次第です。


 ということで、自分にも、身近な身内感覚のプレゼントという意味の
GODIVA「ジェムズ」シリーズを買っちゃいました!

 と、これはまた、少し意味が違いますかしらね~~~ ^^;

.

.

◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 
 

 


 


 

 

ああ雪像が・・・「第61回 さっぽろ雪まつり」終了

2010年02月12日

 世界各国からの来場者数が243万3千人と、過去最高となった
第61回「さっぽろ雪まつり」は、昨日閉幕いたしました。

 大通会場西5丁目東側、東京ディズニーリゾートとタイアップする
「夢がかなう広場」では、昨日、まるでエレクトリカルパレードを見るかのような
雪像の、光のパレードが行われました。

 Flash Back。。。
disny05.jpg
disny06.jpgdisny07.jpg
disny08.jpgdisny09.jpg
disny10.jpgdisny11.jpg
disny12.jpg
disny13.jpg

 イメージ、伝わりましたでしょうか。


 今回、私たちは「ホットワインバー」という名のブースを初めて、雪まつりで
出店させていただきました。
 「北海道産」にこだわるホットワインとドリンク、チーズやおつまみを
提供させていただきましたが、お客様の会話や反応に大変な刺激をいただき、
また周りの皆さまにいろいろ支えていただき
大変貴重な勉強の機会を与えていただきました。
 本当に、皆さまに感謝のひとことです。


 道内外、海外のお客様は「ホットワイン」という飲み方をとても楽しんでくださり、
寒い中で、ホットワインを飲みながら道産チーズをおつまみに食べ合わせを体験することを
喜んでおられました。

 試作に試作を重ねた「ホットワイン」のお味は、自分で言うのもなんですが・・・、
本当に「美味しい!」と、数多くの方たちにご感想をいただくことができました。
 (なによりも嬉しかったな。。。


 四季がある北海道、その冬の過ごし方をイベントでどのようにご体験いただくか。
 北海道産の食をテーマに、今回の、私たちのもっとも大きな課題でもありましたが、
  「チーズフォンデュがあってもよいのではないか」
  「チーズのおつまみはホットワインにとてもあうねぇ」
  「ホットチーズトーストは一口サイズで出してくれるととても食べやすいわよ」
などなど、いろいろなご意見をいただき、
ホットワインと食とのマリアージュを思い思いに味わっていただけたようです。

 いろいろな改善点もみえ、北海道ならではの、冬のイベントの過ごし方を
改めて、私自身体験させていただいた気持ちです。


 今日は、雪像があっという間に取り壊されて涙(><)
 写真は、なんとなく・・・撮ることができませんでした。


 最終日、最後のお客様は、神奈川からいらしたという つぐみ さん。
 私のブログを読んでいてくださり、「ホットワインバー」ブースを探して
訪ねて下さったとのこと。誠にありがとうございます。

 最後の何よりのサプライズで、私もホットなホットな気持ちになりました。

 つぐみさんは、もう神奈川に戻られている頃でしょうか。

 お声をかけていただき、大変嬉しかったです。

 またお目にかかれますことを、心より楽しみにしております☆

 

.

.

◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 
 

 


本日【さっぽろ雪まつり】最終日☆

2010年02月11日

 あっという間に、1週間が過ぎようとしております。

 「第61回 さっぽろ雪まつり」。

 大通会場西5丁目東側、東京ディズニーリゾートとタイアップする
ミッキー&ミニーの大雪像と今日でお別れだなんて・・・(寂しいわ><

 「ホットワインバー」ブースは、昨日は、友人知人がたくさん訪れてくださいました。
 (みなさま、ありがとうございます!!


 午前から昼間にかけては「十勝ワイン」の白のホットワインを。
 夕方から夜にかけては「月浦ワイン」の赤のホットワインをお出しさせていただいております。

yukimat10.jpgyukimat11.jpg
yukimat12.jpg

 函館、椴法華で獲れる昆布を使ったオーガニックの海藻スープは
ezantti 」さんの商品ですが、コチラ、
ヘルシーでと~っても熱々ということでなかなか売れ行き好調です^^
 特に台湾や韓国のお客様からのオーダーが多いですね。


 昨日は、「ワインなひととき」や「ZOO LOHASナイト」、またワインツーリズムツアーに
ご参加をいただいておりますお客様が、2回もお店を訪れてくださり、
しかも職場の方を連れてきてくださって皆さんで11杯飲んでくれるなど、
本当に嬉しい感謝のひとときもございました。
 (大変ありがとうございました!!!


 今日は「さっぽろ雪まつり」最終日。
 気温は最高気温-1℃と低めではありますが、残り1日を楽しく有意義にお客様との交流を
楽しませていただきたいと思います。

 ドキドキのサプライズ(?! もありそうで、
今から落ち着きません。。。


 最終日のレポートは、改めてご報告をさせていただきます☆


.

◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 
 

ステキな出会い☆「さっぽろ雪まつり」4日目

2010年02月09日

 昨日は「さっぽろ雪まつり」の4日目。

 朝早くから、雪像の補正作業が行われておりました。
 皆さま、朝早くから本当にご苦労様です。

yukimat06.jpg

 そんな中、私たちの「ホットワインバー」ブースは
夜になると、このようなライトアップをしつつ、お客様をお迎えさせて
いただいております。

 夕方から夜にかけては、特にカップルで訪れてくださるお客様が多く、
仲良くホットワイン1杯を一緒に飲んでいる光景も so hot(*^_^*)

yukimat07.jpgyukimat08.jpgyukimat09.jpg

 昨日は、特に道外からというお客様が多く訪れてくださいました。

 「ホットワイン」という飲み方自体に馴染みがないようで、
「ワインを温めて飲むの?」「美味しいの?」などのお声をいただきましたが、
「ぜひ、試しに飲んでみてください」とのススメに
「なるほど、美味しい!熱燗とはまた違うイメージね」と。。。

 甘さと柑橘果汁、ハーブ系の香りがなんとも言えないようです。
 
 日本人のお客様は大体シナモン系のスパイスをお好みとせず、
またドイツ人の方は「シナモン、グローブ」などのスパイスをお好みのよう。
 やはりドイツのグリュ-ワインとは少々イメージが違うようですが、
今回のレシピはごくごくシンプルに仕上げております。

 そのお味は、なかなか好評をいただけているようで嬉しい限り^^

 疲れも吹っ飛ぶ!そんな気持ちで、私もほっとな気分にさせていただいて
おります。

 「ホットワイン」という飲み方は、やはり寒い地域限定ですね。
 関西や九州の方たちは、見事に「不思議な飲み方だ」とのご感想。

 アメリカやフランスの方は「Hokkaido Made Wine」とお話すると
ボトルだけでも持ちかえりたい、そんなご要望もたくさんいただきました。


 とにもかくにも、「ホットワイン」というだけで、こんなにお客様との会話が
弾むとは・・・
 楽しい時間がたくさん過ぎてゆきます。

 
 今日はこれから「さっぽろ雪まつり」5日目。

 どんなサプライズがあるか、本日も、1日がと~っても楽しみです☆


 
.

◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 
 

ディズニーワールドの光の世界に魅せられて☆「さっぽろ雪まつり」3日目

2010年02月07日

 2月5日からスタートした「第61回 さっぽろ雪まつり」は
今日で3日目。
 
 やっと、気温が少し上がり、お客様も昨日に増して更なる人出が
あったように感じました。

 大通会場西5丁目東側、ミッキー&ミニーの大雪像は、夜になるとこのように
と~ってもファンタジーな空間となります。
 (ここにミッキーが現れたら、間違いなく抱きついちゃいますね、わたし^^

disny01.jpgdisny02.jpg

 こちらのエリア、とにかく子ども連れのファミリーと外国人の方が
多く訪れております。
 今日はカップルも特別に多く感じたわ・・・やはりSt.バレンタインデー間近だから
でしょうか(*^_^*)


 「ホット ワイン バー」ブースでは、このように粋にホットワインを立ち飲みしてくださる
女性のお客様も時折お見えになります。(ステキです

disny03.jpgdisny04.jpg

 昨夜の豪雪で、雪像が大丈夫かな・・・と。
 雪がなければないで心配ですが、ありすぎるのも、これもまた心配要素のひとつ。。。

 さすが、朝、現地入りするとすでに会場運営の方たちが除雪をするなど
会場設備に奔走されておりました。

 改めて、運営スタッフの皆様のご苦労を垣間見た気がしました。(ほんと~にご苦労様です


 やはり、世界規模のフェスティバルですね。
 
 今回は、たくさんの勉強の機会を与えていただいております。

 特に海外の方たちとの交流がと~っても勉強になります。
 というのは、今回、ホットワインの北海道産ワインは赤白各1種類、
赤は月浦ワイン、白は十勝ワインをお出しさせていただいておりますが、
海外のお客さま、とにかく 「HOKKAIDO Made Wine」 と聞くとひじょ~に反応がよろしく、
興味津津という眼差しでボトルを眺めていらっしゃいます。

 また「美味しい!」と、多くの方たちに褒めていただけたので
それはもう舞い上がってグラスにたぁ~っぷり注いでしまい、いえいえ注がせていただき、
後から、ありゃりゃ、またやっちゃいました~って感じ・・・(すでに利益度外視??
 これもまた、ひとつの勉強となっております(-_-;)


 でもお客様の喜ばれる笑顔が刺激的で、
「笑顔って素敵だなぁ~」と改めて感激いたしました。
 いろいろな方たちの笑顔があふれる空間は、その場にいる
全ての人たちの気持ちを豊かに、HAPPY!にさせてくれる空間でもありますよね。


 明日もまた世界の皆さまへ、美味しいと言っていただけるようなホットワインを
笑顔で提供させていただきたいと思います☆
 

 
.

◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 
 

ホットワインで乾杯☆「さっぽろ雪まつり」の初日

2010年02月05日

 第61回「さっぽろ雪まつり」。
 初日の今日は激寒とでもいいましょうか!
 昨日と同じくらいピリピリの寒さでしたが、すご~い人出。

 大通会場西5丁目東側、ミッキー&ミニーの雪像ステージでは11:00から、
オープニングセレモニーが開催されました。
 上田市長がテープカットにいらしていました。

yukimat01.jpg

 私たちの「ホットワインバー」ブースはこんな感じです。
yukimat02.jpgyukimat03.jpg

 我がチーム、アルバイトスタッフの皆さま、今回もお世話になりますっ

 実際は、夕方から夜にかけての雰囲気がまた格別で、寒いながら?寒いからこそ!
みなさまホットワインをた~くさん飲んでくださいました。

 やはり、道外のお客様と海外のお客様が圧倒的という印象。

 その雰囲気を試そうと(・・・称して^^; 私もホットワインを、ごく少量飲みながら
会場内を歩いてみました。
 寒い中のホットワインは、格別なテイストですね。

yukimat04.jpgyukimat05.jpg

 明日のお天気はなんとか持ちこたえるようで、日曜日は良い感じの予報。
 土日の人出がどのような状況なのか、またまたたくさんの新境地がありそうで
楽しみです。

 週末レポートは、改めてブログにてご報告させていただきます。

 週末お時間がございましたら、是非大通会場西5丁目東側、
か~なり大人気のミッキー&ミニーの雪像を見に、是非いらしてくださいね。

 ホットワインをご用意して、お待ちしております☆

 そういえば、今日一番心に残った出来事・・・
 イギリスからいらしたという、私よりも15歳くらい若そうな女性が
「あまざーけ、どこですか!?」と尋ねてきたこと。

 「日本はワインよりあまざーけでしょ」
と、おっしゃっておられました。(新鮮 しんせん


.

◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 
 

【北海道発!ワインツーリズム】2010年もいよいよ始動します☆

2010年02月04日

 昨年スタートした「北海道発!ワインツーリズム」。

 北海道内のワイナリーを軸に、地元ならではの地域性、地域の魅力を
探り、体験
する観光旅行のスタイルです。

 昨年は北海道が提唱する「酒チェン」をテーマに、
道内のワイナリーと酒蔵を掲載する『北海道産ワイン&酒蔵 醸造'S MAP』の
製作を担当させていただきました。
 おかげさまでご好評をいただき、すでに配布部数はなくなりましたm(_ _)m

 国道や高速道路沿いに位置するワイナリーや立ち寄りスポットとして
チーズ・パン工房、体験ファームや文化交流施設などを一同に掲載しております。

 「日本語」「英語」「中国語」版を製作しております。
 ご覧いただけました方、おられますでしょうか?!

yukiam10.jpgyukiam11.jpg
yukiam09.jpg


 2010年は昨年のワイナリーツアーを検証し、道外のお客様や海外からの観光客、
インバウンドを中心にプログラムを開催してまいります。
 4月以降のスケジュールが整いましたら、また改めてご案内をさせていただきます。

 
 その第一弾として、明日から開催される『第61回さっぽろ雪まつり』では、
ホットワインブースを出店させていただき、道内外のお客様はもちろん、
海外のお客様にもHokkaido Madeのホットワインを提供させていただきます。

 北海道産のワインに対して、特に海外のお客様からどのようなご意見があるか、
お客様の反応や手ごたえがとっても楽しみです^^
 そのご報告は、随時また、こちらのブログにてご報告をさせていただきます。


 大通会場西5丁目東側、東京ディズニーリゾートとタイアップする
「夢がかなう広場」の雪像はついに完成しました!!

 日替わりでのプロモーションステージやライブイベントなど盛りだくさんと
なっております。
 ホットワインを片手に観賞、インターナショナルな雰囲気で
良いのではないでしょうか~~~

 大通会場西5丁目「夢がかなう広場」、
「HOT WINE BAR」ブースにて皆さまのお越しを
心より、楽しみにお待ち申し上げております☆

yukiam08.jpg

.

◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 
 

第61回『さっぽろ雪まつり』に出店します☆

2010年02月03日

 いよいよですね~!
 第61回「さっぽろ雪まつり」。

 大通会場西5丁目は東京ディズニーリゾートとタイアップする
「夢がかなう広場」となっておりますが、その西5丁目に出店をいたします。

 ホットワイン、ホットドリンクほかホットなおつまみを提供する『HOT WINE BAR』。

 ご来場の際には『HOT WINE BAR』という看板をめがけて是非、お立ち寄りくださいね。

 西5丁目東側、ミッキー&ミニーの雪像はもう間もなく完成する模様。
 完成の折には改めてご紹介をさせていただきます。


 こちらは、同じ西5丁目西側の氷像。ほぼ完成ですね。
 yukiam06.jpg

 同じく西5丁目の市民雪像を制作する皆さん、こちらも
まもなく完成です。(とっても寒い中、大変ご苦労様です~
 yukiam07.jpg

 期間は2月5日(金)~11日(木・祝)までの7日間。

 5日は11:00~環境ひろばオープニングセレモニーが開催されるとか。
 上田市長がテープカットを行うようです。

 第61回「さっぽろ雪まつり」。
 どうぞお天気に恵まれますように。。。

 2月は冬ならではのイベントが目白押しですね。

 雪まつりが終わると今度は4年に一度の冬季オリンピック。

 第21回目を迎える今回は、カナダのバンクーバーを中心に開催されます。
 ちなみにカナダでの五輪開催は、冬季は1988年のカルガリー大会以来2回目、
また1976年のモントリオール夏季大会を含めると合計3回目になるそうです。

 日本時間で2月13日(土)に開幕。
 3月1日までの17日間にわたって、新種目のスキークロスを含む全7競技86種目が
実施されるということです。
 
 私は個人的にフィギュアスケートが大好きで、特に浅田真央選手を応援しています^^

 男子スキージャンプも気になります。

 幕別町出身、高木美帆選手の滑りっぷりにも釘づけになりそう・・・


 冬ならではの楽しみ方を、まずは今年「さっぽろ雪まつり」で体感してみてください。
 地元だとなかなか足を運ばない雪まつりかと思いますが、私は札幌に戻ってから
ここ10年間、毎年「雪まつり」に伺っております。

 イベントの切り口や体感度などなど、毎回新境地があるような気がしています。
 今年の新境地も、楽しみです☆


.

◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 
 

「応接セット」が届きました☆

2010年02月02日

 事務所用の会議テーブルが届きました。

 打ち合わせにいらっしゃってくださるお客様をお迎えするための
大切な応接セット。
 中古品ですが、殺風景だった事務所がなんだかとても変わった
雰囲気です。

 少しずつですが、事務所らしくなってきました^^

osetsu01.jpgosetsu02.jpg


 ちなみに20世紀、最も偉大な近代建築家の巨匠といわれる
ル・コルビュジエをご存知でしょうか。
 
 スイスで生まれ、パリに出てからはピュリスム(純粋主義)の画家として活動。
 1920年代に「新しい建築の5つの要点」を提唱し、明るく清潔で機能的な住空間を
創造した方とのこと。。。

 建築の分野は、正直に申しまして詳しくはわかりませんが、
このル・コルビュジエという人物を5年前に知ったとき、なんとなく
鳥肌が立つ感じで、近代建築の五原則とやらを読み、引き込まれた
記憶があります。
 近代建築5原則とは ピロティ、独立骨組、自由な平面、自由な立面、屋上庭園の
5つを織り込んだもので、初期のコルビュジエを結論づける作品となったのだとか。

 ピロティとは・・・建築用語で2階以上の建物において、地上部分が柱(構造体)を残し
外部空間とした建築形式と書いてあります、が、私には難しいわ・・・
 本で写真を見ると、なるほど、と少し納得なのですがね^^;
 
 ル・コルビュジエの創造の世界は、まだまだ勉強不足ですが
美しくて立方体、箱の中に箱があるという建築とでもいいましょうか・・・
 引き込まれます。。。
 

 とっ、突き詰めていくうちにこのようなサイトを発見!
 「応接セット.jp

 なぬぅ!このサイトには、発表から80年以上の時を経た今もなお、
世界中のエグゼクティブに愛用されているというル・コルビュジエの代表作として
「LC2グランコンフォール」が掲載されているではないですか!

 ル・コルビュジエさんは椅子まで
デザインしていたのですか?!(やはり四角い・・・

 

 とにもかくにも、お話がだ~いぶそれてしまいましたが、
応接セットが届いて、またまた調べたい興味の分野が
広がりました。

 お近くへお越しの際には是非、事務所へお立ち寄りくださいませ☆


.


◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 
 

とっても素敵なサプライズ☆

2010年02月01日

 先日、決起集会なるものが開催されました。

 場所はもちろんクロスホテル札幌、3階のレストラン「agora」。

 クロスホテル札幌に集う楽しい仲間たちと称した皆さんが
ホテル、レストランのみなさんと情報交換をさせていただくという
食事会です。
 (新年会とも言います、単なる飲み会ではございません (;一_一)

 いつもはイベントでお客様をお迎えする立場なので、
agoraでのお食事は久しぶり。楽しみ~

cross03.jpg

 ご参加の方が持参したベルギービールはとっても飲みやすくて
まろやかな味わい。
 「泡盛」「焼酎」は、アルコール度数60というお酒も。
 こちらは手が出ませんでした^^;

cross04.jpg
cross08.jpgcross09.jpg

 食事の感想は・・・かなり美味しかったです。
 リチャードcef.は、最近特に味のレベルが上がったような気がします。

 中でも「エビのラビオリ入り ブイヤベースソース」は新感覚のメニューで、
エビのこおばしさとトマトの味わいが絶妙なマリアージュ。。。

cross05.jpgcross06.jpgcross07.jpg

 しか~も、それ以上にサプライズが!

 おわかりになりますでしょうか?
 最後のデザートプレートには、なんとご参加の皆さんの
ロゴがデザインされているのです。

 ココア?チョコレート?パウダーで「インターリンクジャパン」のロゴを
デザインしています。
 すご~い!(まるで感性マーケティングだわっっ

cross11.jpgcross10.jpg

 新年会と称した決起集会はそのあと2次会へ。
 もちろんそのあとの様子は・・・ご想像にお任せさせていただきます。


 いろいろな意味で心に残る、サプライズなひとときでした。。。


.


◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 
 

プロフィール

abe-prof.jpg

阿部さおり
室蘭市出身。大学を卒業後、FMラジオ局での番組制作を経て独立。 (有)インターリンクジャパン代表取締役として「観光」「食」「音楽」をメインにしたイベント企画業務を行う。地域資源や文化交流を通して、北海道の産業活性化をオリジナルの視点でコーディネートする企画プランナー。 情報誌の編集・発行も手掛ける。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック