« 2009年10月 | メイン | 2009年12月 »

ススキノの【隠れ家レストラン】

2009年11月30日

 「陣内」というお店をご存知でしょうか。

 カウンター7席のみ。
 HPはなし。
 とても素敵なオーナーが経営するレストラン&ワインバーです。
 
 ワインだけではなく、珍しい日本酒ほかもあり、お知らせしたくないけど
ついお話ししたくなり・・・ついにご紹介をさせていただきます^^

 先日、来客があり、大変久しぶりに伺わせていただきました。
jinn01.jpg

 久しぶりの陣内さんのお味、まずは前菜からです。
 オーナーの手作りメニューは、自然の味わいが相変わらず体に優しい感じ。
jinn02.jpg

 続いては、お手製じゃがいものニョッキ、トマトソース。
 ひゃ~ホクホクです~
jinn03.jpg

 続いては、なんと本日のスぺシャル、ふぐの揚げ物。
 お吸い物もついて、なんて味わい深いのでしょう~~~
 とにかく美味しい!のひと言。
jinn04.jpg

 このあともいくつかのメニューをいただき、最後になんと、
中国茶をいただきました。
 本格的な手習いで入れてくださる中国茶は、何杯でも飲めそうな気分です。
 この日は3杯はいただきました。(4杯だったかな・・・
jinn05.jpgjinn06.jpg

 肝心のワインはというと、定価○万○千円のワインです。
 と~ってもスペシャル価格にしてくださいましたので、3名でなんとか
お会計が間に合いました。
jinn07.jpg


 本日もお見事なお味を、大変ありがとうございます!

 場所は「ススキノ」。
 お知らせしたくないけど、せっかくの感動をお伝えしたく、ご紹介をさせていただきました。
 
 あくまでもご興味がある方へ。
 場所がおわかりになりましたら、是非一度足を運んでそのお味を確かめてみてくださいね☆
 要予約です。

.


◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 

 

 

 

札幌大通公園のイルミネーションが点灯☆

2009年11月28日

 毎年恒例となった札幌大通公園「ホワイトイルミネーション」が昨日点灯されました。

 あいにくの雨模様ではありましたが、濡れた路面にイルミネーションの輝きが
美しく反映しているように見えます。
 夕方、少し歩いてみました。いかがですか。

irum01.jpg

 今年で第29回目。
 来年2010年2月11日(祝・木)まで点灯されています。

irum02.jpgirum03.jpg

 北海道はいよいよ、冬のシーズンに突入。
 今日の札幌市内中心部も雪がうっすら積もりました。

 大通公園では、これから、北海道の冬ならではのイベントが目白押しですね。
 「ミュンヘン・クリスマス市in Sapporo」は11月27日(金)~12月24日(木)まで。
 「さっぽろ雪まつり」は2010年2月5日(金)~11日(祝・木)に開催されます。

 
 さっぽろホワイトイルミネーションの歴史は、29年前、1981年に遡ります。

 当初はたった1本のイルミネーションに1,048個の電球が灯る状況だったとか。

 ニューヨークのクリスマスツリーのように札幌でもイルミネーションを使ったイベントが
出来ないかとのアイデアにより、イルミネーションによる冬場の、新しいさっぽろ観光への
夢が大きく広がり、以来年々電球の数量や規模を拡大して現在に至っているとのことです。

 今や札幌の冬の風物詩ともいえるホワイトイルミネーションは、
全国ニュースでも取り上げられるほど。
 幻想的で芸術性豊かな電球のオブジェは、全世界に向けて発信されています。


 大通公園での光のアート、是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか。
 夜の街並み、ランドスケープがとっても鮮やかですよ☆
 
.

.


◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 

 

 

小樽「田中酒造」で開催した【ワインなひととき】なんと!お餅をつきました☆

2009年11月26日

 北海道産のワイン・お酒と食材をテーマにした大人の食育セミナー
「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」。
 今月は24日、12回シリーズの中で唯一テーマとさせていただく日本酒、
ライスワインで開催いたしました。

 なんと、たくさんのサプライズがあり、大変貴重なひとときとなりました。

 まずは小樽、田中酒造の田中一良社長の講演に始まります。
tanakas01.jpg

 ライスワインがテーマということで、私もお着物を着てみました。
 田中社長のはっぴと、なかなか良い感じに馴染んでいます^^
tanakas04.jpg


 今回は特に「お米」をテーマに、クイズ形式でテーブルごとに回答をしていただきます。
 正解したテーブルには、すべての皆様へ、田中酒造のお酒をプレゼント!
 皆さん結構必死に答えを考えてくださりなかなかの盛り上がりです。

 そのあとは、お客様にはっぴを着ていただき、鏡開きにて樽酒をふるまいました。
 いよいよお食事のスタートです!
tanakas05.jpgtanakas06.jpg
tanakas02.jpg

 毎回メニューを考えてくださるレストランagoraのメインcef.リチャードから
本日のお食事内容の紹介を~
tanakas07.jpg

tanakas08.jpg

 では本日の田中酒造によるライスワインマリアージュコースの始まり始まり~~~
 鏡開きにてふるまいました樽酒に合わせるのは
「根室産ホタテのカルパッチョ みょうがビネグレット 芽ねぎ添え」
tanakas13.jpg
tanakas10.jpg

 しぼりたて生原酒に合わせるのは
「道産の菜の花と生ハムのリゾット ペコリーノチーズ」
tanakas11.jpg
tanakas12.jpg

 続いてコチラ、大吟醸です!
「白身魚のからすみ焼き うにバターソース 季節の野菜を添えて」(実にこおばしい香り^^
tanakas09.jpg
tanakas14.jpg

 さて、ここでサプライズ!
 お米を蒸す良い香りがぷ~んとしてきたと思いきや、なんと、agoraでお餅つきが
始まりました!イタリアンのagoraでは前代未聞、最初で最後のケースではないでしょうか!!
(スタッフの皆さま、ご協力を大変ありがとうございます <(_ _)>
tanakas18.jpgtanakas19.jpg
tanakas20.jpgtanakas21.jpg

 そして完成!!!
 つきたての「きなこもち」を皆さまへ。
 今回、「お米」をテーマにする以上はつきたてのお餅がいかに美味しいかを
味わっていただこうとの、田中社長の熱い思いで実現いたしました。
 イタリアンレストランで「きなこもち」、このミスマッチが大変受けたようです^^
 お代わり自由で、みなさん大変お召し上がりになってくださいました。
tanakas16.jpg

 最後はいつものようにデザート。
 やや甘口の気品あふれる「貴醸酒」には
「宮崎産きんかんのパリパリタルト さっぱりしたリコッタチーズ ジェラート添え」
tanakas15.jpg
tanakas17.jpg

 ライスワインをテーマにした、小樽田中酒造とイタリアンのマリアージュ、
「ワインなひととき」は多くのサプライズのものと、無事終了いたしました。


 さて早いもので、今年ももうすぐ師走ですね。
 来月は、年末スぺシャルと題して「シャンパン特集」で開催する「ワインなひととき」。
 テーマは「お酒と健康」。今回も、ドクターを講師にお招きしつつ、またまたサプライズな
ゲストもお呼びして楽しく和やかに開催をさせていただく予定です。

 シャンパンは「ヴーヴクリコ」を大特集です!

 詳しくはこちら!!

 12月も、皆さまのご参加を楽しみにお待ち申し上げております☆


.

.


◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 

 

かもめの【V字飛行】

2009年11月25日

 自慢ではございませんが・・・
 写真を撮影する腕前、センスはございません^^;

 でも久しぶりに、なかなかのGood Shot!
 もちろんゴルフではなく、撮影です^^

 かもめのV字飛行。まさにVを描いています。(すごいな・・・
 ちなみに撮影場所は江別近郊。
Image490.jpg

 続いてお調子にのり、札幌中心部、創世川の道路沿い、車中より撮影した
昨日の夕暮れ時のテレビ塔近辺。
 ホテルモントレエーデルホフが夜景に同化し、美しいコントラストに。
Image5331.jpg

 さらに今日は、11月20日に誕生した日本生命札幌商業ビルへ初めて足を運びました。
 お初のビルなので、早速写真を~~~と、パチリ!

 でもまだテナントがオープンしていないせいか、静かな静かなビル中
といった感じです。
 飲食店とライフスタイルショップ、そうGODIVAはオープンしていました。
 高級感はある雰囲気ですが・・・これからなのですかね~
 コンセプトがいまいち明確ではなく。今後の展開が楽しみです。

nb01.jpg
nb02.jpgnb03.jpg
nb04.jpg


 都市型商業施設によるまちづくりの在り方には、少々疑問を感じている日々です。

 昨日、久しぶりに着物を着ましたが、着物を着るたびに和の心得、
日本古来の和の伝統美、まさに「雅」を体で感じています。
 しぐさひとつにしても、着物ならではのやわらかい印象を自然と醸し出すことができる。
 「雅」の世界を、改めて知り尽くしたいと思う今日この頃です。


 かもめのV字も、自然が残る街並みだからこそ、改めて視界にとまった景観かもしれませんね。


 気持ちにゆとりを持つこと、日々の景色に改めて目を向けてみることは
実は、とても大切なことなのだと、新たな発見をいたしました。
 日本の伝統美に触れることで、安らぎとふとしたゆとりの気持ちがよみがえる、
なんてことも事実のような気がします。

 日本の美、和の伝統に触れるシリーズ。
 Planningしたくなってきました。。。

 かもめのV字のおかげで、新境地が目覚めのときです☆

.

.


◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 

 

レストラン【COTE DOR(コートドール)】でヌーボーの一夜

2009年11月21日

 11月19日のボージョレ・ヌーボー解禁日をむかえ、皆さま
連夜、その味わいに酔いしれていらっしゃるのでしょうか。
 (私の周りには3日連続という方も^^;

 そこでわたくしも、例にもれず(? 今年は参加いたしました。
 「レストランコートドール」。
 皆さまお馴染みの有名なフレンチレストランです。

 昨年は、ボージョレ・ヌーボーは飲みませんでした。
 というのは、毎回美味しいとニュースになりますが、各年ごとの
美味しいさの違いがあまりわからず・・・(私の味覚がダメなのね

 しか~し、今年は過去50年の中で、もっとも良いできとのニュース!
 それでは飲まねば~~~ということになりまして。
 

 久しぶりのコートドールは、さすがの重厚感、雰囲気がありました。
 まずはウェルカムドリンク、樽ヌーボーで乾杯です。

cote01.jpg

 お食事も、美味しそうだったのですが、お話と飲みについつい夢中になりまして・・・
 すべてをいただくことができませんでした(ノムリエなので・・・すみません

 柿と合鴨と樽ヌーボーの相性は美味でした^^

cote04.jpgcote03.jpg

 セピアカラーで白の新酒を撮りましたら、美しい色合い。
 でもお食事は、セピアではない撮影がよかったですね。

 それぞれのメニューが色鮮やかで、新酒のフレッシュな飲み心地と
主張しすぎないお料理の味の微妙なバランスが、久しぶりに「さすがだわ~」と感じました。
 (デザート以外、一通りのメニューはいただいてみました)

cote02.jpg
cote05.jpgcote06.jpg

 最後にもっとサプライズはこのかた!
 以前にお世話になった Gonちゃんがコートドールのソムリエとして
サービスを担当していらっしゃいました。

 以前よりも凛々しくスーツ姿がとってもお似合いでした。
 
 後藤ソムリエ、次回伺いました際にはまたよろしくお願いいたします☆

cote07.jpg

.

.


◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 

 

着物の【コンビニエンスストア】

2009年11月20日

 「きもののきらくや」さんをご存知でしょうか。

 私の大好きな着物の販売店。
 実は、毎日着物を着たいくらい、「着物大好き~」人間なのですが・・・
日々のお仕事の中ではなかなか叶いません。

 「きらくや」さんは着物をもっと気軽に、きらくに日常生活の中で着てほしい
との想いで、数年前に販売Shopとして生まれ変わりました。
 

 私にとって社長ご夫妻は札幌の両親でもある方たちで、
古くから、家族ぐるみでお付き合いをさせていただきお世話になっております。

 近く着物を着る機会があるので、
 先日「きらくや」へうかがいましたが、やはり驚き!
 こちらのお店、毎回伺うたびに店内の商品配置、レイアウトが変わっているのです!!
 社長のご意向で、訪れるお客様に常に新鮮さを出したいのだとか。
 これって、考えてみるとすごいことだと思いませんか!?
 社員の人たちが大変です^^;


 「きらくや」さんは、この赤い看板が目印。
kirakuya01.jpg

 激安とまではいきませんが、ディスカウントや訳あり商品ではないのに
このお安さ。社長が毎月京都へ直接仕入れに行き、小物からバッグに至るまで
すべて低価格のお値段で提供されております。
 「○桁違う」なんて商品も時には・・・(なんて良心的なのでしょう

kirakuya02.jpgkirakuya03.jpg


 今回は、買うお値段としては手が届きませんが、
コチラの織物が素晴らしい!と感動いたしました。

 人間国宝、沖縄在住の宮平初子(みやひらはつこ)さんの琉球古代織です。

 見事な色、光沢と織の質感、ハリが・・・とにかく素晴らしいのひと言。。。

kirakuya05.jpg

 宮平初子さんは大正十一年沖縄県首里生れ首里育ち。
 現在も首里に住んでいる方だそうです。

 沖縄では、「首里の着だおれ、那覇の食いだおれ」と言われ、首里の人達は
王朝の誇りを守っていると言われているそう。
 宮平初子さんは十五歳の時から本格的に沖縄の伝統的な織物を織り始めて
今日までその技術の継承と、すたれかかった技法の復元に取り組み、首里に残る
数多くの織物を伝えているそうです。

 平成10年に沖縄の染織家宮平初子さんは人間国宝の認定を受けました。

 多額の国の予算を使って都市開発を進める一方で、日本古来の和の伝統文化を
継承する人々、心意気が根付く沖縄。

 今、そしてこれからの私たちに求められているものは、もしかすると、
日本に根付く本来の大和魂、和の心得、古きを重んじる気持ちを見直すときに
きているのではないかしら・・・宮平さんの織物を見てふと思いました。

 着物を着ると、しぐさひとつから、新しい自分に気づく瞬間があります。
 着物の美は「優美」の美であり「美徳」の美でもあると、着物を着るたびに
感じています。

 Viva!お着物 (^0^)☆

.

.


◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 

 
  


 

ボージョレ・ヌーボー解禁の前に【道産ワインヌーボー】が解禁☆

2009年11月19日

 今日19日はボージョレ・ヌーボーの解禁日ですね。
 みなさま、各所で新酒を味わうディナーを楽しまれるのでしょうか。(うらましい~

 そんな中、昨夜はいち早く「北海道産ワインのヌーボー」をいただきました。
 
 ふらのワインの新酒、富良野です。
 私にとっては、まさに道産ワインヌーボーの解禁日とでも言いましょうか^^
 さて2009年収穫ブドウ、新酒の味わいは・・・
furanow01.jpg

 ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、
ふらのワイン「新酒 富良野」は、11月18日(水)、まさに昨日リリースとなった
最新アイテム。富良野地区限定発売、数量は1500本だそうです。
 札幌市内はもちろん富良野地区以外では販売されておりません。

 それだけでも希少価値が高いですねぇ。
 ちょうど、富良野ワインの高橋さんが来札するというので
買ってきてもらいました!(高橋さんありがとうございます ^^

 もともと甘口タイプの新酒。

 セパージュ(ぶどうの品種)は「イルシャイ・オリベール」と「セイベル」。
 イルシャイ・オリベールはハンガリーの白ブドウ用の品種で、
セイベルはフランスのアルバート・セイベルさんが交配して作った有名な品種。
 北海道産のワインでもセイベル種を使ったアイテムは多数あります。


 でも今年の「新酒 富良野」はというと・・・
 香りがよくて、甘みがありつつも後味に酸味を感じ、なんともバランスのよいお味。

 キンキンではなくキリっと冷やして、豊かな香りを堪能しながら後味までをじっくり味わう。

 と~ってもまろやかなテイストです。

furanow02.jpgfuranow03.jpg

 新酒 富良野、ご入手の際にはぜひ、ご試飲くださいませ☆


.


.


◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 

 
  

【伊右衛門茶】の謎

2009年11月17日

 どうしても飲みたくて、本日ついに買いました!
 
 「伊右衛門茶」~秋の茶会~ヴァージョン。
 11月10日にリリースになったばかりの新作で数量限定発売、
お値段は360ml小瓶で1本、なんと475円です。

iemon01.jpg

 ペットボトルのお茶は平均500mlで1本147円なので、容量は無視して
お値段だけで言うと、なんと3倍以上^^;
 私にとってはと~っても贅沢なお買いもの・・・
 でも、TVCMを見ていてどうしても一度飲んでみたいと思っておりました。

 いままさに、飲みながらブログを書いておりますが・・・
一体ほかのお茶と何が違うのだろう。

 ふ~む、なるほど。
 私の中での「謎が」解けました。

iemon02.jpgiemon03.jpg

 やはり、すべて「ストーリー」があるのですね。


 どうしても自分の立場上、お商売の視点から考えてしまいますが、
まずはTVCMの効果が大きい。
 大物ニ大俳優をメインに独特のセンスでインパクトの強い演出。
 日本の伝統ある秋の茶会のシーンをしっかり作り上げています。

 これって伝統ある和の歴史を育む京都が舞台ということも効果が大きいような
気がします。もちろん京都福寿園のお茶だからこそのシーンでもありますがね。

 改めて、コチラをご覧になってみてください。

 私はこのCMを何度も見るたびに、ついに買いたくなりました。

 で、実際に購入してみると、、、コンビニエンスストアで買わせていただきましたが
なんと、オリジナルのパッケージ付きです。
 (475円中、お茶の原価が、瓶代が、、紙袋代が、、、なんて細かく考えてしまうのですがぁぁ

 小さな喜びですが、サプライズがあり、リッチな気分にさせてくれます。

 2009年の限定出荷という「限定」に魅せられるだけではなく、ちょっとした演出で
ごく身近に、贅沢感、高級感を味わうことができる、まさにラグジュアリーなテイストだと
実感いたしました。

 京都の老舗茶舗「福寿園」の茶匠が厳選したという上質な茶葉を、
年に一度の限定商品として発売。日本の伝統文化である「茶会」をストーリーに
この時期ならではの特別感を器やデザインとともにコーディネートする、
ユニーク性のあるアイテムです。

 そう思うと、味わいも、最初の一口目より数倍広がりを増してきました。
 不思議ですね。

 「ストーリー」の重要性を教えていただいたような気がします。


 今宵は、ラグジュアリーな「伊右衛門」茶に乾杯☆
 iemon04.jpg


.


.


◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 

 
  

研ナオコさんプロデュースの十勝音更町【Ken's Farm】

2009年11月16日

 先日14日(土)、新千歳空港でクリスマスツリーのイルミネーション点灯式が
行われておりました。

 意外とコンパクトで小さく、かわいらしいという印象のツリー。
 <点灯前>
 chitose01.jpg

 <点灯後>
 chitose02.jpg
 


 実は、空港のお土産shopはあまりゆっくりと見たことがないな・・・
と思い、この日は少し時間があったので見学してみることに。

 すると、発見!
 「ken's Farm」?!研ナオコさんがプロデュースを手掛ける、
北海道産の野菜をふんだんに使ったという商品がありました!!
 11月11日より、3つのアイテムが発売になっているとのことです。

 私がもっとも気に入ったアイテムはこちら、「熟成生野菜ドレッシング」。
 chitose05.jpg

 お値段は750円と決してお安くはないのですが、玉ねぎ野菜たっぷりでにんにくの風味が
広がる、まさに万能ドレッシングといった感じ。
 (でも少々オイルが多くて気になりました・・・

 ほかには「かぼちゃでくりぃ~みぃ~すい~つ」「贅沢チーズケーキ」といった
商品があるようです。

 空港以外では、道内は丸井今井札幌本店 オーロラタウンにある「きたキッチン」、
三越札幌店でお取り扱いがあるとか。

 さら~に!オンラインサイトを見つけました☆
 「北のまるっと市場」です。
 

 最近全国の農業がいろいろな分野から
新たに注目されておりますね。

 あの中田英寿さんも、全国の農家を巡っているというNewsを見ました。

 道外では、年商5億~10億という規模の農家も登場しています。

 それだけ「食」や「健康」が生活の中で重要なキーワードとなってきつつある、
いろいろな方たちがその状況に気付き始めている、そんな時代の流れを感じます。

  

 食の安心・安全とはいったいどういうことなのでしょうか。
 
 改めて、そんなことを考えつつある日々です。

.

.


◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 

 
  

真冬の恋人たち限定!夜の円山動物園での【ZOO LOHASナイト for Lovers】間もなく受付開始☆

2009年11月13日

 受付開始まで1週間となりました!

 冬の夜の円山動物園を、カップル限定でお楽しみいただく
「ZOO LOHASナイト for Lovers」ヴァージョン。

 こちらは「さっぽろ・コミュニケーション・マガジン」としてお馴染みの月刊情報誌、
『poroco(ポロコ)』×SAPPORO MARUYAMA ZOOのコラボレーション企画です。

 その告知は、来週11月20日(金)に発売となるporoco12月号に掲載となります!

 今から、お申し込み大混雑が予想されます。というのは・・・

 通常のチケット料金6,000円が、な・ん・と○○○○円に!!(ふひぇ~??

 
 冬の動物園は、とにかくロマンティックです。
 クリスマスも近いことですし、ロマンティックでハートフルな夜の円山動物園を
ぜひ恋人たち限定で貸し切りにさせていただき、動物たちとの触れ合いをご堪能
いただきたい、との思いで企画をいたしました。

 ちなみに皆さま、ご存知でしたでしょうか。

 動物たちにとって、冬はまさに恋の季節!(Ohhh

 春のハッピーエンドに向けて、冬の動物たちはドキドキワクワクLoverLoveの
ロマンティックな季節なのですって~(うらやましいわっ

 円山動物園での、ラブラブ動物を巡るコースも織り交ぜながらのスペシャル企画、
「ZOO LOHASナイト for Lovers」は、動物園でも、インターリンクジャパンのHPでも
まだ告知されておりません。

 1週間後の11月20日(金)、poroco12月号をご確認ください。

 私たち、双子の「イコロ」と「キロル」もお待ちしております☆

 zoo05.JPG

 


.


◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 

 
 

「次世代商いタイトルマッチ」に参加☆

2009年11月12日

 と~っても勉強になりました!

 「次世代商いタイトルマッチ」。
 (社)北海道商業施設技術協会の主催で開催された
シリーズの第4弾 ~よみがえる、暮らしの空間~ がテーマです。

 まさに、現代のライフスタイルを牽引する商業、まちづくりの大御所専門家たちが
全国から集まりました。

hcd02.jpg

 今回、ご縁がありましてこちらのシリーズには初めて参加をさせていただきましたが、
実に良いタイミングで、第4弾に参加させていただくことができました。

 前半は「狸小路商店街・元気プラン」2丁目編の研究発表があり、
その後、後半は東京、横浜、名古屋を拠点に全国の商業施設やデザイン、
まちづくりを手掛けるプロフェッショナルがトークリレーを展開。

 これが実に面白かった。。。


 
 会場の外には、狸小路2丁目の再生プランを模型にしたモデルもありました。
hcd03.jpghcd04.jpg

 


 北山創造研究所の北山孝雄さんを座長に、zettonの代表稲本健一さん、
東急ハンズの榊 真二専務、Francfrancを運営するバルスの代表高島郁夫さん、
ジョージズファニチュア、ディーンアンドデルーカジャパンの代表横川正紀さんが登壇。

 とにかくお一人お一人のお話から伺うまちづくりへの視点、感覚、価値観が面白く、
予定を変更して4時間、ぶっ続けで聞き入りました。

 共通して言えることは、皆さん、すでに何倍ものスピードで
次のマーケットと次世代の流れを視野に行動、ビジネスをされているということ。
 北海道は、感覚が「ゆるい」、改めて実感した次第です。
 (もちろん私にも、言えることですね・・・


 稲本さんのお話にあった「飲食店を集客施設へ」、
 横川さんのディーンアンドデルーカは、私もファンの一人でNYC SOHOの
本店へ何度か伺ったことがありますが、北海道へ店舗を進出しない訳、など
納得のご意見でした。

 自分自身のこれからのビジネスにも、大変刺激となる
貴重なひとときとなりました。

 フォーラムをご紹介いただきました知人と講師の皆さまに大変感謝です。
 ラグジュアリーなひとときをありがとうございました☆

hcd05.jpghcd06.jpg

.

.


◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 

 
 

最新【パンのお店】発見☆

2009年11月11日

 先日自宅近くをお散歩していたら、なんとなんと、
新しいパンのお店がOPENしておりました!
 
 「Quatre Feuilles」(カトルフィーユ)です。
 と~ても素敵な、かわいらしいロゴが印象的なたたずまいですね。

qf01.jpg

 東京で10年間勉強をしてきたというご夫妻がオーナーだそう。
 カウンターに立つ奥様は、とても素敵な美しい方でした^^

 札幌の円山界隈は、どちらかというとパンの店が競合している
いわば激戦エリアともいえます。
 その円山に、敢えてオープンをなさった意図を伺うと・・・
 「円山はパンを好きな方が多いと伺いましたので、お客様に
  私たちのパンもぜひ食べていただきたいと思いました」

 なんとも、素朴で正直なお話。
 素敵だなぁ~と、ここでまた感激です。

 ちなみに今や、円山では必要不可欠となりつつある「Dog Spot」、
さすが、お犬様の居場所も整えられております。
 
qf02.jpgqf03.jpg

 11月3日(火)、文化の日にグランドオープンしたばかりの「カトルフィーユ」、
ぜひ一度、足をお運びください。

 すでに売り切れ状況で、私がいただいたのはコチラ!
 「バゲット・ノワゼッティーヌ」
 皮付きヘーゼルナッツパウダーが入った香ばしい香りが広がるハーフサイズのバゲット。
 
 ワインとバゲットのみでも、十分味わいが広がる美味テイストでした☆

.


.


◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 

 
 

小樽【田中酒造】には珍しいお酒がたくさん!

2009年11月10日

 小樽にある田中酒造「亀甲蔵」へ行ってきました!

 本店は色内3丁目、こちらの「亀甲蔵」は信香町にあります。
 なんと、明治32年頃に建てられたという石倉の倉庫群で、
小樽市の歴史的建造物に指定されているのだそう。

tanaka01.jpg

 しぼりたての日本酒「ふなくち酒」は、大変希少価値の高いお酒ですよね。
 しぼりたては、造り酒屋が蔵出しする以外に飲むことができない大変貴重なお酒
なのだとか。

 その「ふなくち酒」、今月のしぼり予定は13日(金)だそうです!

tanaka04.jpgtanaka02.jpg
tanaka03.jpgtanaka05.jpg

 こちらは「本みりん」。

 お米に、北海道産のもち米「はくちょうもち」を使用しています。

 お料理の調味料というのが正当な「みりん」、
実は、田中酒造が造った「本みりん」はお湯割り?またはロック?、
食前酒などにもおすすめ?!
ということでロック・・・ではなく炭酸で割って飲んでみましたが、なるほど、
まるで違和感なく、まさに食前酒といった旨みを感じました。。。(不思議~

tanaka07.jpg

 こちらは新しいアイテムですね。
 「リキュール」です。
 洞爺の「しそ」、余市の「なし」、仁木の「プルーン」を使った3種。
 女性に大人気だそうですよっ

tanaka06.jpg

 この小樽 田中酒造をテーマに開催する今月の「ワインなひととき」は、
ウェルカムドリンクにリキュールをお出しさせていただくほか、
「米」をテーマにアッと驚くサプライズのパフォーマンスを予定しております^^

 今月の「ワインなひととき」は11月24日(火)開催です☆


 ちなみに今月19日(木)は、ワインの新酒「ボージョレ ヌーヴォー」の解禁日ですね。

 日本酒にも「日本酒ヌーヴォー」なるものがありました。

 今年収穫された新米でつくるお酒で、ボージョレ ヌーヴォーのまさに日本酒版!?
といったところでしょうか。

 長野県の大信州酒造さんでは「槽場詰め」と称し、原料のお米は今年収穫されたものを
いち早く使用。9月中旬に収穫された新米を約1ヶ月枯らし、10月には早々と仕込みが
行われて上槽(しぼり)は11月下旬の予定とか。
 加水・ろ過・火入れなど一切していない生まれたままのお酒だということです。
 鮮度が高いことと、お酒の中に炭酸が残っていることで、とても爽やかな口当たり。
 うっすらとしたオリが絡んでいるのも特徴だとか。

 まさに「ワイン」と「日本酒」の関係。
 醸造酒ならではの、ヌーヴォーの味わいが鮮度抜群の飲み心地・・・
 (お後がよろしいようで??

.


.


◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 

 

美味しい出会い!【「風のルージュ」という名のワイン】

2009年11月09日

 最近は地方でのお仕事や講演の機会が増えており、
ハードスケジュールです~っかり、ブログの更新が遅れてしまいました(言い訳いいわけ^^;

 でもそのような中、いろいろな場面で珍しい!素晴らしい!
美味しい出会いと発見が・・・


 まずはこちら、「風のルージュ」という名のワインをご存知でしょうか。
 (なぜかセピア色だわっっ

 aom01.jpg

 私がいただいたのは2007年。
 2006年の「風のルージュ」は、みなさまご存知、昨年の「北海道洞爺湖サミット」で
2日目の夕食会に使われたワインです。

 2006年の品種は余市の「ツヴァゲルトレーベ」のみでしたが、
2007年は余市の「ツヴァイゲルトレーベ」「メルロー」を主体に
カベルネソーヴィニヨン、ノートンなどなど、国内の各ワイナリーのブドウ4種類以上の
品種がブレンドされているのだそう。

 味わいは、フレッシュな酸を感じつつも、飲みごたえのあるまろやかさが
印象的でした。
 こちらのワインは、道産ワインを専門にいただけるお店としては
北海道内ではこれまでにないスタイルといえるのではないでしょうか。
 ほとんどの北海道産ワインを取り扱っていらっしゃいます。
 こちら、「」で提供されております。

 一度、足を運ぶ価値ありのお店ですよ。

 さてもうひとつの美味しい出会い、こちらは、
東区のイギリススコーンのお店、「クリームティー」です。

 aom2.jpg

 全くno checkでしたが、こちらのお店は昨年2月にOPENした
イギリススコーン専門店。
 実はさつまいもやかぼちゃ、ゆり根など道産の素材を使った
期間限定の味わいが揃う、こだわりのお店です。

 わたしがいただいたのは「ゆり根」のスコーンでした。
 甘みが少なく、紅茶やフレーバーティなどと合わせると
より深みが増す、そんな食べ合わせがお似合いです。


 つい先日は、とある酒蔵を訪れました。。。

 その様子は、改めてレポートをさせていただきます☆


.


.


◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 


【BMWモニタープログラム】当選者決定!

2009年11月05日

 クロスホテル札幌3階「レストランagora(アゴーラ)」で毎月1回開催されている
大人の食育セミナー『和飲(ワイン)な人時間(ひととき)』。

 BMWで行くモニタープログラム、今回は洞爺湖町の「月浦ワイナリー」への
ツーリズムドライブですが、ご当選者が決定いたしました!

 メンバーズNo. 71 手稲区 H さん

 メンバーズNo. 75 手稲区 H さん

 ご当選、おめでとうございます!(ひゅ~ひゅ~~
 偶然にも、同じ手稲区の方たちに決まりました。

 月浦ワイナリー直営店へのツーリズムドライブをぜひ、楽しんでいらしてください。

 ちなみに昨日月浦ワイナリーへ行きましたが、ブドウ畑はすでに収穫後、
冬間近のブドウ畑を見る機会は、意外に少ないと思います。
 雲間から差し込む日差しに、収穫を終えた苗木が堂々とした雰囲気で
輝きを放っておりました。

 なにやら…感慨深い光景でした。

bmw03.jpg


 そうそう、月浦ワイナリーのブドウ畑のすぐ近くにこちらのパン工房&カフェがあります。
 と~っても素敵な「パン工房ゴーシュ+カフェ」。

 小高い丘にあり、洞爺湖と自然が一望できる、お勧めスポットです。
 オーナーが大工と手作りをしたという木の家です。
 パンも美味しそう~^^

bmw04.jpgbmw05.jpg

bmw06.jpg

 
 今月の『 和飲(ワイン)な人時間(ひととき) 』、
テーマは北海道産ライスワインとヌーヴォーのマリアージュです。
 すでに予約が続々届いております。
 
 残り席数は12席です。

 ご参加、楽しみにお待ち申し上げております☆

bmw07.jpg

.

.


◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 


【次世代商いタイトルマッチ】??

2009年11月04日

 今日は洞爺の月浦ワイナリーで、今年最後のJR東日本「大人の休日」
ワインツーリズムプログラムでした。

 お天気に恵まれ、雨は降りませんでした!(ほっ
 と、私が帰る頃になってタイミング良く大雨がぁぁぁ~

 でも、そのおかげで、こんなに素敵な虹のアーチがくっきりと、二本も見えたのです。
 (撮影し損ねましたが・・・2本の虹は思わず車を停めて、うっとりです。。。
hcd01.jpg

 突然ですが、【次世代商いタイトルマッチ】なるものをご存知ですか?
 
 私も最近知りました。
 11月11日ちょうど1週間後の水曜日に開催されるフォーラムだそうですが、
北海道には珍しい、なんとも面白そうな勢いを感じます。

 どんな内容かというと・・・

HCD4th_poster.jpg

 「暮らしの空間」「ライフスタイルの創造」をテーマに、飲食店や商業施設のデザイン、
店舗設計、まちづくり設計などを行う、世界規模の各界の代表者が札幌へやってくるのだそう。

 都心の再生・再構築「狸小路商店街、元気プラン(2丁目編)」と題した
研究発表も行われるということです。

 
 北海道のまちづくりにおいて、次世代型の商いがどのように融合するのか、
メインとなるフォーラムでは、世界規模で活躍する5名の各界の代表者たちが
パネラーとして参加するのですって!

 私、100%内容を理解しているわけではございませんが、
この規模の商業デザインフォーラムはこれまでにないかも!
 そんな斬新な、新感覚の匂いがします。

 勉強のために参加してみようと思います^^


 HCDフォーラム第4弾【次世代商いタイトルマッチ】
  開催日時 : 11月11日(水)12:30OPEN 13:00~17:00
  場   所 : ホテルライフォート札幌ライフォートホール
           (札幌市中央区南10条西1丁目 TEL011-521-5211)

  主催・お問い合わせ HCD社団法人北海道商業施設技術協会
               TEL011-251-5360



.

.


◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 


「ZOO LOHASナイト」Lover's Special企画決定!

2009年11月03日

 今日は札幌中心部も雪が舞っています。
 冬ですね。
 今日は満月でもあります。


 そのウィンターシーズンに向けて、円山動物園でのスペシャル企画、
「ZOO LOHASナイト」for Lover's 企画が決定いたしました!

 夜の動物園、と~っても神秘的なのです。
pzoo02.jpg

pzoo01.jpgpzoo03.jpg
 

 真冬のカップル限定企画。
 恋人たちに向けて、冬の動物園ならではのHotな過ごし方をご提案、ご体験いただきます。

 詳しくは、porocoの11月20日発売12月号に掲載になります。

 それまで、もう少々お待ちください。
 こちらのブログでも、詳細は改めてご案内をさせていただきます。
 まだ受付は開始しておりません。

 詳しくはporoco12月号を要checkです。(もう少々お待ちを~~~


 4月に生まれたゼニガタアザラシの雄の子ども、「まるちゃん」は
先日夜の動物園でお会いしましたがすでに、こ~んなに大きくなっておりました。
まるまるとしていて本当にカワイイなぁぁぁ

 ワシミミズクも、勇ましく凛々しい感じでステキです。
pzoo04.jpgpzoo05.jpg


 「ZOO LOHAS NIGHT」for Lover's、
と~ってもスペシャルなプロデュースによるカップル限定の企画です。

 恋人たちの皆さま、詳細の発表をどうぞ楽しみにお待ちくださいませ☆


.

.


◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 


「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」ゲスト講師【白井一幸】さんのお話は最高でした☆

2009年11月02日

 クロスホテル札幌3階、「レストランagora」で毎月1回開催している
「ワインなひととき」、先月10月の講師は、まさにタイムリーなタイミングで
元日本ハムヘッドコーチで野球解説者としておなじみの 白井一幸 さんを
お迎えさせていただきました。

 白井さん、日本シリーズでは初の解説者としてご登場していらっしゃいましたね。

 日本シリーズに向けての日ハムの抱負や、日ハムの強さの秘訣は
つなぎの野球、ファンとの家族野球であることなど、ここでしか聞くことができない
と~っても貴重な、まさにラグジュアリーなお話をお聞かせくださいました。

 白井一幸さん、大変ありがとうございます!
 しかも、白井さんは大のワイン好きということもあり、講演後は
お食事とワインのマリアージュを皆さまと一緒にお楽しみいただきました^^

 それにしても、白井さん本当にスマートでお若くてステキでした。。。

 hito01.jpg

 

 

 ちなみにこの日のウェルカムドリンクは、北海道産の黒ブドウ「キャンベル」を
使ったグレープカクテル。試飲をしましたが、本当に美味しい!のひと言。
hito02.jpghito03.jpg

 テーマとなるワインは2回目のご登場、「月浦ワイン」です。
 オーナーの岸本雅直さんは、なんと今回、オール白ワインの垂直テイスティングを
ご用意くださいました。
 この手の機会はなかなか無いに等しいとあって、ご参加のみなさまも驚きのご様子・・・

hito04.jpg

 cef.リチャードのメニュー説明もあり、さっそくAll月浦白ワインのマリアージュコース、
スタートです!

hito05.jpg

DSCF6935.jpg

 一品目は「サーモンマリネ、ローストした白舞茸、洞爺金美人参添え」
091027_194142.jpg

 合わせるのは月浦ワイン「ミュラートゥルガウ2007」
091027_193233.jpg

 二品目は「洞爺湖産のオレンジパプリカを使用した白ワインコース コンキリエ」
091027_201332.jpg

 合わせるのは月浦ワイン「ミュラートゥルガウ2006」
091027_201706.jpg

 3品目は「洞爺湖産SPF豚のソテー ハーブバターソース 洞爺の4種類の野菜と一緒に」
091027_203326.jpg

 月浦ワイン「ミュラートゥルガウ2005」を合わせます
091027_202937.jpg

 「早来産カマンベールチーズ」には有料テイスティングワイン、
月浦「ドルンフェルダー2004」を。そうです、こちらは昨年「北海道洞爺湖サミット」にて
総理ご婦人主催の昼食会にて提供されたという赤ワインです。
hito08.jpg

091027_204609.jpg

 デザートは「洞爺湖産じゃがいもとりんごの温かいタルト レーズンのソース」
 締めのコーヒーと一緒にどうぞ。
091027_210556.jpg

 国際興業(株)様からのワインツーリズムモニタープログラムPRタイムがあり、
また今回は会場内で noord の新作ワインクーラーなどの直販も行い、
抽選会はいつもどおり大賑わいとなりまして、「ワインなひととき」新シリーズVol.2は
closeとなりました。

hito06.jpghito07.jpg


 さてさて、今月の「ワインなひととき」は11月24日(火)、道産ワインのヌーヴォーと
新酒をテーマに開催いたします。

 只今ご参加者様受付中です。

 ご参加ご希望の方は こちら までお申し込みくださいませ☆
 ご来場を楽しみにお待ちしております~


.

.


◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 


「宝水ワイナリー」と「ナカザワヴィンヤード」への【ワインツーリズムツアー】を開催☆

2009年11月01日

 昨日10月31日は、「ラグジュアリー・ワイナリーツアー」と題した
北海道発!ワインツーリズムツアーを開催しました。
 35名による日帰りバスツアーで、南空知、岩見沢のワイナリーと食、
近郊地域の歴史や文化に触れる旅です。

 まずは、美唄の「アルテピアッツァ美唄」へ。
 天気予報は くもり 後 雪 マーク(??)
 (なんとかお天気が持ちますように 祈!


 皆さまには、できたてホヤホヤのこちらの地図、
北海道産ワイン&酒蔵「醸造'S MAP」を配布。
 地図を片手に散策スタートです!

wm01.jpg

 秋のアルテピアッツァ美唄、紅葉が見事で、空気がとても澄んでいます。

hnw01.jpg

hnw02.jpghnw03.jpg
hnw04.jpghnw05.jpg

 お客様からの質問もありましたが、
「アルテピアッツァ」とはイタリア語で「芸術広場」を意味します。
 ご存じ、美唄出身の彫刻家でイタリア在住の安田 侃(やすだかん)さんの
作品、約40点が施設内に展示されております。

hnw25.jpg

 アルテピアッツァ美唄にて朝の散策後は、お昼を目指して宝水ワイナリーへ。
 到着間際には、バスの中でサプライズ演奏を1曲。
 フルート奏者、小岩明日香さんにご同行をいただきました。
 明日香さん、バスの中で演奏だなんてもちろん初めて^^;
 (大変ありがとうございます~

hnw06.JPG

 宝水ワイナリーの倉内武美社長にワイナリーのご説明をいただき、ランチタイム。
 せっかくなので、ワイナリーならではのスタイルで、ワイナリーの雰囲気を味わって
いただきながらお食事をどうぞ。

 2階ギャラリーでは、NE大倉のオーナーで料理研究家の牧みちこさんがお食事の用意をしてくださいました。
 牧みちこさんプロデュースのメニューは、岩見沢産の食材にこだわる内容で、
お客さまも大変興味深く、また「美味しいと!」と喜んでおられました。
 お野菜類は、すべて宝水ワイナリーの社長の畑から採れた無農薬のものを使い、
ドレッシングはなんと!宝水ワイナリーの「ケルナー」を使用しています。
さすがのこだわりで感激!ストーリーがありますね~

hnw07.jpghnw08.jpg
hnw09.jpghnw10.jpg

 ランチタイムは、フルート奏者の小岩明日香さんの演奏をBGMに。
 音があると、雰囲気がずいぶん違いますよね、素敵な演奏をありがとうございます。

hnw12.jpg

 ワインの説明は、醸造ご担当の宝水ワイナリー、石塚さんから。
 今回は「ポートランド」「ケルナー」「ツヴァイゲルトレーベ」の3種をご用意させていただきました。
 追加オーダーが出るほど、皆さまワインが美味しく進んだようでようです^^

hnw13.jpg
hnw11.jpg

 さて、宝水ワイナリーでお買いものなどを終えて、次に向かう場所は
岩見沢の室内公園「色彩館」へ。

 ちなみに外の気温は7℃(ぷるぷる
 植物いっぱいの室内公園で体を温めながら散策です。
 ご案内は、樹木医の泉先生。
 南国の雰囲気で、植物の説明を伺いながら森林浴気分を味わいます。

hnw17.jpghnw16.jpg
hnw14.jpghnw15.jpg 

hnw24.jpg

 Ohhhh! 蜜柑が美しい~ こちらはパパイヤですね。

hnw19.jpghnw20.jpg

 「色彩館」での散策を終え、今度はもう一つのワイナリー、「ナカザワヴィンヤード」へ。
 オーナーの中澤さんは、まさに奥様と畑にて作業中でしたが、作業の手を休めて
畑のことについてお話をしてくださいました。
 「KURISAWA BLANC2008」を購入させていただき、バスへ。
 中澤さん、大変お忙しい中お時間をいただきありがとうございました!

hnw21.jpg
hnw22.jpghnw23.jpg

 今年はブドウが不作で来年の出荷数量はかなり限定されるということでしたが、
無農薬にこだわり、なるべく自然農法でブドウを育てているというお話でした。
 それぞれのワイナリーでのブドウ作りへのこだわり、とても緊張感のある
貴重なお話を伺うことができました。

 その後、岩見沢の「市川燻製屋本舗」にてお買い物を終えて、一路帰途へ。


 皆さま、思い思いのワイナリーを巡るひとときを満喫していただけましたでしょうか。

 お天気はなんとかもちました、が、帰りのバス中でついにミゾレが降り始めまして・・・

 一夜明けた本日のお天気、北海道は「雪」です。もう冬が目の前ですね。


 ツアーにご参加をいただきました皆さま、大変ありがとうございました。
 またご協力をいただきました皆さま、ありがとうございます。
 来年も、どうぞよろしくお願いいたします。

 さて!今日は日本シリーズ2日目、日ハム勝てるかな?!(がんばれ~っ

.


.


◆「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!


阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道産の「食」「観光」「自然」「ロハス」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!


北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!
 

 


 

 

 

プロフィール

abe-prof.jpg

阿部さおり
室蘭市出身。大学を卒業後、FMラジオ局での番組制作を経て独立。 (有)インターリンクジャパン代表取締役として「観光」「食」「音楽」をメインにしたイベント企画業務を行う。地域資源や文化交流を通して、北海道の産業活性化をオリジナルの視点でコーディネートする企画プランナー。 情報誌の編集・発行も手掛ける。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック