« 2009年01月 | メイン | 2009年03月 »

クロスホテル札幌でのシティジャズliveがスタート!

2009年02月28日

 サッポロ・シティ・ジャズ実行委員会主催による「SAPPORO CITY JAZZ」をご存知ですか?
 今年2009年の開催に向けて、新たな企画がスタートしました。

 タイトルは Hokkaido BUBU Presents 「CROSS GENERATION」
 昨日は、そのVol.1があり、私も会場へ。

 なんだかNYCのJAZZ Clubの雰囲気そのものです。「カッコイイ~」

 会場はもちろん レストラン「agora(アゴーラ)」

 cj02.jpg

  
 

 ドリンクカウンターにはモエのシャンパンほかワインが。

 cj04.jpg

 デザートやフィンガーフードサイズのメニューもこのようにカジュアルな感じでオーダーできます。

 cj01.jpg

 cj10.jpg

 Liveステージは、19:00から 23:00まで(OPEN18:00)

 cj07.jpg

 毎回、数組のアーティストが登場するのですね。
 なんと、AIR-G毎週土曜日午後7時からの「蝦夷グルーブ」とのタイアップ企画だとか。
 AIR-Gの放送も聴いてみなくちゃ。。。

 今月からスタートした「CROSS GENERATION」は毎月最終金曜日に開催。
 来月3月は27日です。
 スペシャルゲストLiveは quasimode × JABBERLOOP
 チケットはクロスホテル札幌2階フロントでも取り扱いがあります。
 (ほかローソンチケット、チケットぴあ)


 スタイリッシュを極めた非日常的空間を体感できますよ~
 来月も行ってみようかな!

 cj08.jpg

 

美国観光ハウス

2009年02月24日

 積丹観光協会のお仕事で、美国へ行ってきました。
 
 札幌からは小樽と余市経由で車で約2時間ちょっとかかります。
 テーブル&フードコーディネートの金子由美さんと一緒の道中でしたが
金子先生はとても明るく楽しい方で、終始笑いが絶えない場面ばかり。

 1泊のお宿は「美国観光ハウス」です。

 bikuni01.jpg

 創業は昭和32年、5年前に再リニューアルしたという和室が9室のみの旅館ですが、
とにかく風情のあるたたずまいと落ち着いた雰囲気、アンティークなデザインに私も
金子先生もうっとりするばかり。。。
 オーナーは2代目の成田静宏(なりたせいこう)さんです。
 オーナー自ら御料理に腕を揮われております。

 bikuni02.jpg

 館内の様子はというと・・・

 bikuni03.jpg

 受付ロビーにはアンティークな椅子や家具が。
 bikuni04.jpg

 お風呂場に続く廊下には暖簾が。柄に特徴があります。
 bikuni05.jpg

 bikuni06.jpg

 壁にはとにかくタペストリーのような額が飾られています。
 bikuni07.jpg
 
 実はこれ、着物の生地なのだそうです。館内の雰囲気にピッタリ!
 bikuni08.jpg

 夕食は観光協会のみなさまと一緒に。これ、海の幸盛り合わせです。
 豪華すぎて驚き。。。
 bikuni09.jpg

 bikuni10.jpg

 すべて、積丹の海の幸をメニューに取り揃えているそう。
 bikuni11.jpg

 「積丹ワイン」!醸造元は北海道ワインです。
 ナイアガラの甘酸っぱい香りが新鮮な魚介類になんとも言えない美味なマリアージュ。
 bikuni12.jpg

 積丹岳の麓に湧き出る伏流水を使ったここだけの地酒、生貯蔵原酒の「丹水」です。
 ボトルの中にデザインが描かれているオシャレな地酒です。若干甘口でした。
 bikuni13.jpg
 
 朝食も、この豪華さ。朝から体に優しい素材ばかり。。。
 bikuni14.jpg

 厳寒の日本海沿い、積丹の味覚のマリアージュと美国の方たちとの出会いは
格別なものがありました。
 bikuni15.jpg

 
 積丹町美国を訪れる機会がありましたら、是非「美国ハウス」へ足を運んでみては
いかがでしょうか。

 「美国観光ハウス」
 http://www.bikunihouse.com/

 「積丹観光協会」
 http://www.kanko-shakotan.jp/


 積丹観光協会のみなさま、美国のみなさま、
 大変お世話になりありがとうございます。

 また是非伺わせていただきます。

 

宝水ワイナリーRICCAのアニバーサリーYourワイン

2009年02月15日

 「アニバーサリーYourワイン」をご存知ですか。

 岩見沢の「宝水ワイナリー」さんと一緒に新サービスを始めました。

 宝水町のなだらかな丘陵地帯に、赤い屋根と茶色い壁が目印です。
 古材を使った趣のあるワイナリーなのですよ~

 ho01.jpg

 さて、どんなサービスかと言うと・・・


 

 記念日の贈り物として、相手の方に伝えたいメッセージを
QRコードにしてワインに貼り、ワイナリーからステキなラッピングでお届けします。
 
 こんな感じに・・・

 ho03.jpg

 頂いたかたは、携帯のバーコードリーダーで読み取り、サプライズなメッセージが!

 詳しくは是非、こちらのサイトをご確認ください。
 現在はホワイトデー用のワインを掲載しております。
 http://www.interlinkjapan.net/sub/anniversary.html

 バレンタインデー、ホワイトデー、父の日母の日、敬老の日、クリスマス、
お誕生日の贈り物や結婚式の引出物にも、特別なメッセージを添えて
「あなただけのワイン」をお送りします。
 
 宝水ワイナリーのRICCAブランドは、幸せやお祝いのイメージにピッタリ!

 冬は積雪2メートルを超える雪国の、雪の結晶をエチケットにイメージし、
刺繍風にデザインした、とってもオシャレなワインです。
 RICCAは漢字で「六花」。六角形の雪の結晶なのですね。


 では、ここで宝水ワイナリーのギャラリーをflash back!

 ho04.jpg

 ho05.jpg

 ho06.jpg

 ho07.jpg

 ho08.jpg


 宝水ワイナリーHP
 http://www6.ocn.ne.jp/~housui/


 2月28日(土)には、真冬の宝水ワイナリーを訪れる「ウィンターRICCAツアー」を開催!
札幌発着の日帰りバスツアーです。

 開催の模様は、改めてブログにてご報告をさせていただきます。。。


 北海道から発信する「北海道発!ワインツーリズム」。
 ワイナリーの1年は、雪の大地の下で春を待つブドウ畑とともに、
まさに冬からスタートします。

「白い恋人」パークジャンプは迫力満点!さっぽろ雪まつり第60回目終了

2009年02月12日

 昨日2月11日に終了した「第60回さっぽろ雪まつり」。
 実は札幌へ戻って以来、毎年足を運んでいます。(市民の鏡?!)

 期間中の来場者数は二百八万人。昨年を七万九千人下回ったそうですが
体験型の施設が多く、例年よりも新鮮に思える場面が多々ありました。

 西1丁目会場のスケートリンクは子どもから大人まで、今年も大盛況

 yuki01.jpg

 西5丁目会場の氷の広場

 yuki02.jpg

 西8丁目には「白い恋人」PARK AIR ジャンプ台
 今年も迫力あるジャンプを間近に!

 yuki03.jpg

 WBCに向け調整中のダル様もこちらに登場

 yuki04.jpg

 yuki05.jpg

 西11丁目会場の大通歩くスキーコースはとても人気のご様子
 
 yuki09.jpg

 夜は22:00を過ぎ、ライトアップ終了

 yuki06.jpg

 お客様は帰路へ、 お店は撤収へ、 ご苦労様です

 yuki07.jpg

 朝見ると、あとかた~もなく大氷像がなくなっておりました

 yuki08.jpg


 「さっぽろ雪まつり」は来年61回目となるのですね。

 歴史ある世界を代表する雪まつりとして、世界各地からのいろいろなお客様をお迎えする
雪まつりとして、これからはユニバーサルデザインを含めた雪まつりの構築が、
新たな課題なのではないかなと、ふと思いました。

FISワールドカップジャンプ 2009札幌大会ナイターは大倉山で初観戦!

2009年02月02日

 1月31日(土)、札幌大倉山で「ワールドカップジャンプ」のナイター観戦を
してきました。
 北海道産ワインやチーズをレストラン「ラムダイニング大倉山」のメニューと
合わせていただくという、とっておきのひとときを堪能させていただいたのです。

 いやいや、まさに、ナイターの景観の美しさに脱帽。。。

 ookura01.jpg

 寒い、辛い、おっくう~という「S,T,O」のイメージは、
美しい景観とナイタージャンプの迫力にやられました・・・まじめに。

 Guestパスをいただき、会場へ。

 ookura03.jpg
 
 どうですか、このウィンターナイトランドスケープ!
 
 ookura04.jpg

 ookura05.jpg

 ookura06.jpg

 このような観戦シーンに、「道産のホットワイン」をいただくと、
一層気持ちが盛り上がります、ね!


 余談ですが、選手の方はとても小柄でスマートな方が多かったです。
 あの、岡部選手とすれ違いました^^

 
 ところで大倉山にある「札幌ウィンタースポーツミュージアム」はご存知ですか。
 ウィンタースポーツの貴重な資料と体験コーナーが用意されております。
 今回は、ミュージアムの山谷さんの解説付きとあって、特別身近に感じるひと幕も。

 ookura07.jpg

 ookura08.jpg

 え~っ、折りたたみスキーは初めて拝見

 ookura09.jpg

 アイスホッケーのキーパー体験はなかなかリアル、興奮します(笑

 ookura10.jpg

 アイスホッケーのコマ?コルク?どうお呼びするの??

 ookura11.jpg

 話題の「カーリング」、実は20kgもの重さがあるのだそう・・・すごい、重い

 ookura12.jpg

 アイスホッケーは北海道の冬のシンボル競技ですね。
 ookura13.jpg


 とにかく興奮冷めやらぬナイタージャンプのひとときは、
やはり、ここ、札幌の大倉山ならではなのだと実感いたしました。

 大倉山でのナイター観戦、カップルにもオススメスポットですよ~

プロフィール

abe-prof.jpg

阿部さおり
室蘭市出身。大学を卒業後、FMラジオ局での番組制作を経て独立。 (有)インターリンクジャパン代表取締役として「観光」「食」「音楽」をメインにしたイベント企画業務を行う。地域資源や文化交流を通して、北海道の産業活性化をオリジナルの視点でコーディネートする企画プランナー。 情報誌の編集・発行も手掛ける。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック