食と農村景観を体験する三笠市「EKARA」Open☆

2019年04月27日

まさに、 農村のど真ん中に誕生したオーベルジュ「エカラ」

三笠市萱野の地で、地場の食材、野菜や近郊のワインを提供しながら宿泊棟を併設運営する

畑の中のレストランです。

先日、プレオープンに伺いました。

木の温もりが自然と共生する居心地の良さ、

抜群です。

宿泊棟には、檜風呂がありました。

E847C7F5-8EDB-48CC-8492-AC4B3977974C.jpeg 80a7d0423db49f41f866e5359a5419a5da1a435e.jpeg

目の前にはリンゴ畑が広がります。

初収穫を迎えた先には、オリジナルのシードルも提供されるのでしょうね〜

大人も、子どもたちも、

ゆ〜ったりとした時間が流れて行く居心地の良さが感じられるはずです。

食と農村景観を体験するエカラ。

アイヌ語で何かをする、つくりだす、という意味が込められているのだとか。

いま、大変注目のオススメスポットです☆

6A999952-CFC7-4EFF-9234-BF2A7AF3F98A.jpeg 8F65C321-8851-4903-80AB-3E98D107FA93.jpeg

◆ 「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!

◆ 阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道の

   「食」「観光」「環境」「音楽」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!

◆ 北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10571

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)