【ワイナリー夢の森】を訪れました☆

2019年01月15日

まさに、夢が溢れるお話を伺いました。

余市郡余市町豊岡町に2016年に誕生した

「ワイナリ-夢の森」

ご存知でしょうか。

IMG_0073.jpg

中学校の教員を務めた後、同じ町内に「夢の森幼稚園」を設立。

理事長として、奥様やスタッフの方々と

子供たちへの保育環境を創出すべく、

購入した畑でりんごやプルーン、ナシやぶどうなど様々な果物を栽培します。

ワイン醸造が盛んな余市町において、

ワインづくりを行うことを考えるきっかけはいろいろあったようですが、

想いを実現して醸造所を設立。

およそ3haの畑では、現在、

ワイン醸造用ぶどうとしてケルナー、デラウエア、セイベル、ピノノワールを育てます。

雪を纏うぶどう畑、

フレッシュな空気感が印象的でした。

IMG_0080.jpg

久しぶりに、新規ワイナリー創設者のお話を伺う機会となり、

色々思うところがありました。

ワインづくりを行う方の初心とでも言いましょうか。

ワインづくりは夢に満ち溢れ、

誰もがトライしたくなるようなロマンを感じます。

私もそのひとり。

でも決して簡単なことではなく、

お金があるからできるということでもなく、

作る人の個性が最も重要とでもいいましょうか。

何よりもワインを愛し、自身のワインをつくることに信念を持ち、

天候やテロワールに左右されながら、

ときには自信が作ったワインに騙されながらも

その過程や余韻を100%大切に楽しむ。

そのような方たちがワインづくりを実現しているのだなぁ~

言葉で言うのは簡単ですね。

実際にワインづくりを行う方々のご苦労は計り知れないほど深い。。。

オーナーの大下聡さんの言葉の一つ一つに

優しい懐の広さを感じ、

短い時間ではありましたが

忘れていた何かを思い出すようなひとときを過ごしてきました。

購入したワインはこれから仲間たちと

じっくりと試飲をさせていただきます。

大下聡さんのワインづくりへの夢の実現は始まったばかり。

雪が融けるころに、また伺いたいと思います☆

IMG_0132.jpg

◆ 「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!

◆ 阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道の

   「食」「観光」「環境」「音楽」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!

◆ 北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10248

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)