2019年【ワイン産地 北海道】をより身近に☆

2019年01月21日

2019年5月1日に新元号となる今年。

私の周りも、節目といえる新しい動きが活発化しています。

北海道内のワイナリーも、然り。

今年1月現在で道内には37カ所のワイナリーが開設されている中、

ワインのつくり手たちが

より多くの場面でクローズアップされる機会が増えてきました。

先日は、今回東京で三回目となる道庁主催「食とワインの夕べ」が開催され、

提供側のスタッフとしてお手伝いをしてきましたが、

「こんなにおいしいの?」という感想をいただいたときは

まだまだプロモーションの伸びしろあり!

と手ごたえを感じつつ。

一方ではメーカーによる認知度の差を目の当たりにし、

伝え手としての使命はまだまだ継続の余地ありと確信。

EUなどですでに普及しているGI制度にならい

昨年「北海道」が指定を受けた地理的表示は、

消費者へ向けて、更なる消費拡大を推進してゆく

大切なチャンスと位置付けた次第です。

今回、東京のイベントで運営を手掛けたワインクラスター北海道では、

北海道のワインをより深く知り味わうために。

新しいセミナーの動きもあり大変おススメの情報が目白押しです。

まだまだ知らない道産ワインのいまを知るチャンス!!

機会があれば

ぜひ、コンタクトしてみてくださいね☆

■ワインクラスター北海道■□□

https://winecluster.org/

TEL0134-64-5581

IMG_0138.jpg

◆ 「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!

◆ 阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道の

   「食」「観光」「環境」「音楽」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!

◆ 北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10271

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)