【ニッカウヰスキー】の新境地☆

2018年11月19日

先日、醸造研修ツアーに参加いたしました。

エリアは余市町。

余市町といえば、北海道を代表するワイン産地。

しか~し、忘れてならないのが

「ニッカウヰスキー」なのです^^

そういう私、実はウイスキーが苦手です。

でもこの度の研修で改めて訪れてみると、

私自身の視点が変わっていることに気が付きました。

ドラマ「マッサン」の影響やハイボール人気で

日本はいまや一大ウイスキーブーム。

国産ウイスキーの原酒が不足とのニュースも届く中、

ニッカウヰスキー創業者 竹鶴 政孝 さんの

「日本で本物のウイスキーをつくる」という夢が

日本のウイスキー産業の普及に多大な貢献をしたことは

間違いない史実であることを再認識いたしました。

日本の本格ジャパニーズウイスキー工場は

創業時の装いそのままに、

ウイスキーづくりに重要な水、冷涼な気候、

海と川に囲まれた余市の自然の中で今もなお、

スコットランドの景観を育んでいました。

まさに、理想郷です。

スケールが広くロマンあふれる 竹鶴 政孝 さんの熱意は

まだまだ工場の敷地に息づいている。。。

ニッカウヰスキーの魅力をこれまでとは違う想いで

深く、感じるひとときになりました。

ニッカウヰスキーは「大日本果汁株式会社」の「日果」に由来し

ブランド名になったとのことです。(知らなかったわ~~

ちなみにこちら!

ブレンダーの神様と言われたウィリアム ローリーさん。

ブラックニッカでおなじみです。

IMG_9677.JPG

続いてこちら!

昭和15年10月に発売された

第一号ウイスキー

眩しいほどの輝きが放たれておりました☆

IMG_9681.JPG

◆ 「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!

◆ 阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道の

   「食」「観光」「環境」「音楽」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!

◆ 北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10048

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)