【日本ワイン】とは・・・新たな物語の始まり☆

2018年11月02日

11月に入り今年も残り2か月を切りました。

色々な出来事がありすぎて、1年が、早い!

10月30日、

「日本ワイン」の表示ルールが3年間の策定期間を経て

施行されました。

「日本ワイン」と表記ができるボトルのラベルにおいては、

<地名の表示について>

◎産地名を表示する場合

その地域で収穫されたブドウを85%以上使用、同じ地域に醸造地があること

◎ぶどうの収穫地名を表示する場合

その地域で収穫されたブドウを85%以上使用すること

◎醸造地名を表示する場合

地名の範囲内に醸造地があること

<ブドウの品種名の表示について>

◎単一品種の場合、単一品種を85%以上使用

◎二品種の場合、二品種合計で85%以上使用、使用量の多い順に表示

◎三品種以上の場合、表示する品種を合計85%以上使用、

それぞれの品種の使用量割合と併せて使用量の多い順に表示

<ブドウの収穫年の表示について>

◎表示する収穫年のブドウを85%以上使用

という細かいルールにより、

日本のワインとしてのブランド力UPを目指します。

このような情報を目安に「日本ワイン」を選んでみると、

日本の風土に溶け込むブドウのニュアンスから

これまでとは違う、

ワインの楽しみ方が広がるのではないでしょうか。

次回はGI「北海道」について

ご紹介いたします☆彡

※ふらのワインの「日本ワイン」ラインナップ、どれもお気に入りの銘柄です^^

IMG_9504.jpg

◆ 「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!

◆ 阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道の

   「食」「観光」「環境」「音楽」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!

◆ 北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9991

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)