道産ワインイベント【和飲な人時間】11年目の原点回帰☆

2018年10月23日

10月も下旬となりました。

道内各地域でのぶどうの収穫作業はそろそろ、

終盤を迎えております。

今週末が最終収穫日というエリアが多いですね。

ちなみに今週末の私は、月浦ワイナリーでの収穫手伝いです^^

これまで、2008年9月から開催してまいりました

北海道のワインイベント「和飲(わいん)な人時間(ひととき)」

たくさんのお客さまにご参加をいただき

10年間で延べ5,000人以上の方々にご参加をいただきました。

北海道のワインと道産食材を活用したお料理との食べ合わせ、

ペアリングを味覚体験する大人たちの語らいのひとときとして、

今月から、11年目のシリーズをスタートいたします。

今年は、6月に国税庁が地理的表示制度において

「北海道」をワイン産地として認定いたしました。

今朝の北海道新聞では、

共通ロゴマークが決まり、

今月29日に認定される銘柄を発表するとのニュース。

10月30日には「日本ワイン」の表示ルールが3年間の策定期間を経て

正式に施行となります。

国産ブドウ100%を使い国内で製造されたワインは「日本ワイン」

濃縮果汁や輸入ワインを原料として国内で製造されたワインは「国内製造ワイン」

消費者が日本ワインを購入する際の一つの目安となり、

日本ワインとしての価値が一層高まる兆しです。

GI北海道に認定を受けた銘柄の発表、来週が楽しみですね。

10月30日といえば

「和飲な人時間」シリーズ11年目のスタート日。

今回は、日本ワインの最新事情やGI北海道認定銘柄の最新情報もお伝えしつつ

ふらのワインで乾杯!!

今や北海道を代表するチーズを製造する

ファットリアビオ北海道のチーズをふんだんに使ったメニュー構成、

また北海道を代表する菓子メーカー北菓楼、

新篠津村北村農園の食材をご用意して

賑やかに、かつ原点回帰。

北海道でのワインづくりのこれまでと今、これからを

トークゲストの方々と語り合います。

今月のふらのワイン4銘柄は

既にメーカー終売のワインだそうです!!

今からと~~ても楽しみです☆彡

FullSizeRender.jpg

◆ 「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!

◆ 阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道の

   「食」「観光」「環境」「音楽」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!

◆ 北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9957

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)