ワイン醸造現場のお手伝い☆

2018年09月29日

北海道は、す~かり秋が深まり始めています。

収穫の秋真っただ中、

先日は余市町リタファーム&ワイナリーで

醸造現場でのお手伝いをしてきました。

とても貴重な体験です。

IMG_8907.jpg

この日は余市町内の契約農家からデラウェアが搬入され、

鮮度の良いうちに即!除梗と破砕作業へ。

いえいえその前にもたくさんの行程があり、

まさに現場じゃなければ知ることができないシーンがたくさんあります。

なんとも言えない美しいブドウたち。。

ワインへの愛着が、ますます深まるという感じ。。。

IMG_8905.jpg

リタファーム&ワイナリーは2013年に開設。

地元余市町ご出身の菅原由利子さんが

フランス・シャンパーニュでの醸造研修を重ね、

女性醸造家としてまさに、余市を代表する方です。

なんといってもボトルエチケットのデザインが洗練されていて

スタイリッシュ。

このデザインを手掛けているのが夫の誠人さんです。

菅原ご夫妻のお人柄が現れるボトルの設えと、

何よりもワインの味から、エレガントでワインの本質を感じます。

ワインて、つくり手のお人柄が現れる

奥のふか~い果実酒、嗜好品ですよね。

この日、夕暮れどきのブドウ畑は

幻想的な空とのコントラストを醸し出していました。

IMG_8916.jpg

IMG_8913.jpg

自園畑ではヨーロッパ系の醸造用品種、

シャルドネ、ソーヴィニヨンブラン、メルロー、ピノ ノワールを

栽培しています。

次回は、収穫手伝いに伺わねばっっ

北海道、秋はまさに収穫とワインの季節。

この日に飲んだスパークリングワイン「ニューマスカット」という

ラブルスカ系品種、

実に!ハマる!!

カンパリのニュアンス、ほどよい苦みが印象的でした!!!

癖になる~~~、でももう終売とのことです。

リタファーム&ワイナリーでのみ醸造している、日本でここだけの

幻のニューマスカットSPとなりました☆

IMG_8927.jpg

◆ 「和飲(ワイン)な人時間(ひととき)」詳細はコチラ!

◆ 阿部さおり「インターリンクジャパン」「ワインツーリズム」のHPには、北海道の

   「食」「観光」「環境」「音楽」の魅力がいっぱいのラグジュアリー情報満載!!!

◆ 北海道新聞夕刊に「道新ブログ」が紹介されました!

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9860

コメント

リタさんのところでの仕込み体験なかなか貴重な体験をなさいましたね。ここでしか味わえないニューマスカットのスパークリングは良かったですね。近い将来、和飲な人時間での登場を心待ちにしております。

いつもコメントをいただきありがとうございます。
実際には教科書だけでは知りえない様々な作業工程があり、
このような体験からますます、ワインへの愛おしい気持ちが深まります。
子供への愛おしい気持ちに似た感覚とでも言いましょうか。

ニューマスカットは余市のとある農家が栽培している品種で、
リタファームのみが醸造、まさに日本でリタファームだけのワイン
だそうです。
いつの日か、また醸造されますように〜☆

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)